DAC と PRI リソースについて

English Follow (Added at 2-Feb). 以前に Desktop App Converter で変換したアプリで、スケーリング対応アセットを使用する方法を解説しました。先週頃(1/23の週)に DAC アプリが、バージョン 1.0.6 にアップデートされました。ドキュメント上は、Icon Extraction とクリーン アップの向上、バグ対応とだけ記載されていますが、使ってみて大きな変更点と言えるのが、提供されるアイコンなどのリソースの扱い方が変更されたことです。具体的には、次のような変更が行われています。 アイコンの種類が大幅に増えたこと AppLargeTile.scale-xxx.png, AppList..scale-xxx.png, AppMedTile.scale-xxx.png, AppSmallTile.scale-xxx.png, AppWideTile.scale-xxx.png, AppStoreLogo.scale-xxx.png, AppList.targetsize-xxx.png, scale は、100、125、150、200、400 の 5 種類で targetsize は、16、24、32、48、256 で通常と altform-unplated の 2 種類のために 10 種類になっています。エントリー ポイントの実行ファイル (EXE) にアイコン リソースが含まれていると、アイコン リソースから自動生成されます。 スケーリング対応による AppxManifest.xml への影響 Resource 要素の uap:Scale に 100、125、150、200、400 を定義。 各種のアセット名は、スケーリング対応(ファイル名に scale-xxx…

0