DAC で バッチ ファイルを使うには

今回は、Desktop App Converter(DAC) に指定するインストーラをバッチ ファイルにする方法を説明します。以前から、試して見ようと考えていましたが、なかなか作業ができていなかったものになります。最初に、変換するためのインストーラとして、以下のようなフォルダ構造があると仮定します。 C:\Work\BAT フォルダ : 変換の作業フォルダー C:\Work\BAT\Input フォルダ : インストーラなどを配置するフォルダMyApp.exe : 実行ファイルInstall.bat : インストール用のバッチ ファイル Install.bat には、次のような内容を記述しています。 mkdir “%ProgramFiles%\MyApp” xcopy “.\*” “%ProgramFiles%\MyApp” /S /E exit 0 xcopy コマンドのソースに「.\*」のように、カレントからの相対パスを記述しているのが重要な点になります。 この準備ができたら、DAC を管理者権限で起動して、次のように入力します。 cd C:\Work\BAT DesktopAppConverter.exe -Installer “.\Input\Install.bat” -Destination “.” -AppInstallPath “C:\Program Files\MyApp” -AppExecutable “C:\Program Files\MyApp\MyApp.exe” -PackageName “myapp” -Publisher “CN=myapp” -Version “0.0.0.1” -Vervos パラメータが長いので折り返していますが、カレントを変更して、DACのコマンドをワン ライナーで入力します。このコマンドでの特徴は次のようになります。…

0

Windows 互換性ガイドブックを公開しました

お待たせしました。という方が正しいような気がしますが(何年も待たせるのという声が聞こえてきそうです)、Windows 8.1 と Windows Server 2012 R2 に対応した Windows 互換性ガイドブックの翻訳版を公開しました。この公開に合わせて、Windows 10 の互換性ガイドブックも Anniversary Update 関係で更新しています。 日本語版の互換性ガイドブックは、Technet の Windows 10 法人向け技術情報まとめ ページに掲載してあります。 何年も Windows 8.1 に対応した互換性ガイド ブックが公開されなかった経緯ですが、 Windows 8 と Windows Server 2012 互換性ガイドブックが、Windows 7 以前からのマイグレーション用に翻訳されて公開されていました。 Windows 8.1 がリリースされた時に、新しい互換性ガイドブックが翻訳されませんでした。 翻訳されなかったため、互換性ガイドブックのダウンロード センターのページでは、英語版を選択すると Windows 8.1 の Cookbook がダウンロードできて、日本語版を選択すると Windows 8 と Windows Server 2012 互換性ガイドブックのダウンロードができました。 ダウンロード センターのコンテンツの整理作業が行われた時に、日本語版のWindows 8…

0