F# のソースコードのライセンスが変更されました


F#コンパイラなどのライセンスがApache 2.0に変更されているのが、アナウンスされました。F# PowerPackで提供されるソースコードに、F#コンパイラやF#インタラクティブも含まれています(Changeset 53135で確認しました)。microsoft.comのダウンロードできる F# CTPは、Microsoft Research Shared Source License Agreement(MSR-SSL)のままで、更新されていないようですから、整理すると以下のようになります。

  • F# CTPのバイナリはMS-RSのまま(ダウンロードセンター)。
    非商用でのソースコード利用や、バイナリ利用はこの限りではありません。
  • F# PowerPackはApache 2.0ですから、ビルドしたバイナリもApache 2.0に従う。
  • Visual Studio 2010に含まれるF#は商用ライセンス。

F#開発チームが以前に約束して公約が果たされたと受け止めてべき、できごとだと思います。

Comments (1)

  1. nkzt より:

    いつも勉強させて頂いてます。

    以前紹介して頂いた、「プログラミングF#」と「Expert F# 2.0」で毎日勉強しております。

    Mr. Don Syme のブログでもこの件に関するエントリーが登録されていますね。

    これにより F# が更に身近になれば良いですね。

Skip to main content