WPF4 ベータ2でのタッチアプリケーションについて


Visual Studio 2010 ベータ2に含まれているWPF 4でマルチタッチのアプリを作ろうとして、ベータ1との違いを調べていました。ローカルドキュメントには含まれていませんが、MSDNライブラリにウォークスルーが公開されています。
一番大きく変わったのが、FrameworkElementに記述していた「ManipulationMode="All"」が無くなって、「IsManipulationEnabled="True"」に変更になったことです。この変更に伴って、「ManipulationStartingイベント」でManipulationContainerを設定する必要があります。ManipulationModeは、ManipulationStartingEventArgs.Modeプロパティで設定するようになっています。この値のデフォルトが「All」になっています。


そしてウォークスルーでは、InertiaStartingのイベントハンドラでTranslationBehavior、ExpansionBehavior、RotationBehaiviorを設定しています。このBehaiviorに、移動量を設定しています。また、ManipulationDeltaイベントハンドラの最後にあるif文である「if (e.IsInertial && !containingRect.Contains(shapeBounds))」で境界を越えた時点で動作を終了するようになっています。この境界における制御なのですが、InertiaProcessorの場合はボーダーとエラスティック・マージンという考え方があるのですが、この考え方の適用方法はまだ調べきれていません。


これ以外には、WM_Touchイベントも処理できるようになっています。

Comments (0)

Skip to main content