Visual Stduio 2010 ベータ1に対応した DSL Tools が公開されています


Visual Studio 2010 ベータ1が公開されてから、このベータに対応した DSL Tools も公開されました。必要になるものは、VS SDK と DSL SDKの2つになります。



  1. Visual Studio 2010 Beta1 SDK

  2. Visual Studio 2010 DSL SDK Beta1

今回の DSL Toolsとしては、 Visual Studio SDKとは分離しての提供になっています。ドキュメント類は、上記のコードギャラリより入手することができます。新しい言語用のテンプレートとして、Windows FormsとWPFのMinimal Languageが含まれています。これは、作成したモデルデザイナの描画方法が、Windows FormsはGridを使った表形式、WPFは多分リストボックスを使った一覧形式になっています。つまり、ダイアグラム要素を定義しないモデルデザイナになっています。


Visual Studio 2008からの移行については、移行ツールが提供されています。この移行ツールはインストールしたフォルダにマイグレーション・ガイドと一緒に含まれています。もしくは、冒頭のコードギャラリのサイトからもダウンロードすることができます。


PS. .NET Framework 4.0 ベータ1に対応したIronRubyのバイナリが codeplexのサイトで公開されています。

Skip to main content