The Root of .NET Framework が発売になります


なかなかブログの更新もままならない状態でしたが、やっと「The Root of .NET Framework」という書籍が完成しました。発売予定が12/25ということで、私の手元にも現物が届きました。
The Root of .NET Framework


この書籍は、共通言語ランタイム(CLR)を共通言語基盤(CLI)という観点から説明することを試みたものです。標準規格に沿っていることが何で、標準規格で実装依存と定義付けていることが何かということを中心にしています。


本書を執筆するに当たって、多くのレビューアの方達にお世話になりました。参加していただいた方達には、本当に感謝しきれないくらいに感謝しています。きっとレビューに参加していただいた方達には、本書が届いているころだと思います。
#さんざんレビューでお読み頂いたので、今更というのもありますけど。


本書を贈らせて頂いた方達からは、「本当にコアですね」という言葉を頂いています。初心者向けではありませんが、CLRの深層を知りたい方にとっては、きっと役に立つと思います。というより、そのつもりで執筆しました。


#本音は、年末休暇まで延びないでホットしています。

Comments (2)

  1. あの荒井省三さんの著書です。 お金無いのになあ、現物の中身をチェックしてないのになあ、と思いつつAmazonに予約を入れてしまいました。 ちなみに、まだ中身も見ていないこの本で最も好感を持った点は、

  2. 荒井省三さんの著書"The Root of .NET Framework"を数日前に読み終わりました。内容は大変に面白く、ワクワクしました。概念的な説明を主体としたオフィシャルの解説書は過去にも読ん

Skip to main content