Python Workshop the Edge 2007


Python Workshop the Edge 2007が開催されています。このイベントでMicrosoft Corporation のMaheshさんがIronPythonと動的言語について講演されました。今頃は、成田エクスプレスの中でしょうが…


IMAGE_019


私の方はIronPythonのハンズオンを担当させていただきました。参加頂いた方へ、有難うございます。そしてごめんなさい。時間が50分ということと始まりが遅かったのと何度もプロジェクタの電源が落ちてしまいました。お話したように課題の参考回答をアップさせていただきます。


できればご自分で、一度スクラッチで記述してください。そして疑問がありましたら、お渡しした資料に書いてあるメールアドレスにご連絡くださいませ。1両日中に必ずご連絡させていただきます。


PS.書き忘れましたけど、IronPythonの名前の由来がわかりました。Maheshさんは、「料理の鉄人(英語名 The Battle of Iron Chef)」から名付けたと言っていました。意図としては、標準実装のcPythonへ挑む実装を目指すということのようです。

IPY Hands-on.zip

Comments (2)

  1. Python Workshop the Edge 2007でIronPythonのHands-onを担当したのは前回の記事で説明します。このHands-on用に公開した サンプル にファイルムーバーサンプルがあります。このサンプルを動作させると以下のようなWindows

  2. Python Workshop the Edge 2007でIronPythonのHands-onを担当したのは前回の記事で説明します。このHands-on用に公開した サンプル にファイルムーバーサンプルがあります

Skip to main content