Microsoft Project Siena:ビジネスユーザーが Windows ビジネスストアアプリ開発可能に

皆様、本日は予定を変更して、Microsoft Project Siena について書かせてください。 Project Siena Microsoft Project Siena はベータリリースの Windowsストアアプリです。ビジネスエキスパート、ビジネスアナリスト、コンサルタント、その他のアプリケーション利用者のために設計されました。 ノンプログラミングで、パワフルなデバイス&サービスの世界を実現できるアプリで、今日のビジネスプロセスの変革にインパクトを与えるものといえるでしょう。 シナリオとしては、流通、医療、金融、製造、通信・メディア、公共、等々あらゆるインダストリーで使えると思います。まずはこちらのビデオを見てみてください。 https://aka.ms/ProjectSiena 機能 HTML5/JavaScriptで開発されたWindows8/8.1用ストアアプリ 開発者はツールを使って機能拡張が可能 アプリのコンセプト作り、検証、そして作成のプロセスをドキュメントづくりのように簡単に行える 社内外のデータやWebのデータに簡単にアクセスできる(SharePoint リスト, Excel、Azure tables、RSS フィード、他の RESTful サービス、Windows Azure Mobile Services 、ASP.NET Web API等々) リッチでインタラクティブなビジュアルを使ったユーザーにとって特別なアプリを作成できる Excelのような表現力でビジネスロジックとインテリジェンスを付加できる 自分だけでも世界中の同僚とアプリをシェアしても利用できる 画面のデザインは簡単に変更でき、デザイン、データ、ふるまいの変更も簡単 最初は空白のキャンバスからスタート 多くのビジュアル要素を使用したアプリ開発が可能 スクリーン間の移動が簡単にできるようにトップアップバ―生成可能、マルチスクリーン化も可能 様々なデータソースからアプリにデータを追加可能 ドロップダウンメニューからもキャンバスからも画面のスイッチが可能 Excelのような表現力とカスタムロジックをアプリに追加可能 ペン、カメラ、マイク等のコントロールを使って簡単に拡張機能をアプリに追加可能   以上です。サンプルはまた別のエントリでご紹介予定です。 それではまた! 鈴木章太郎


PDF 版 “C#、XAML、Windows ランタイム向けの Prism を使った Windows ストア ビジネス アプリの開発”、本日配布開始!

皆様、こんにちは! 本日、HQのPatterns & Practices チームの担当 Program Manager から連絡があり、オンライン版に続き、PDF ファイルが Live になりました!ぜひご利用ください。 このガイダンスは、MVVM だということで、難解だとか、私には関係ないとか思われている方もおられるようですが、決してそんなことはないです。かなり平易に解説してありますし、また、ビジネスストアアプリとして必要な要素や、キーテクノロジー、アーキテクチャー、画面遷移の考え方、等々幅広いトピックに触れてありますので、業務アプリを開発する方には、読んでみて絶対に損になることはありません。 私も日本語訳のレビューをした他、実は何か所か翻訳にもかかわっています(笑)。力作ですので是非印刷してお手元において、サンプルコードを試してみてくださいませ。 — 追加情報 The sample code can be found here: Prism for the Windows Runtime Library and AdventureWorks Shopper sample app. — これを使ったセミナーをやりたいんですが、なかなか・・・取り急ぎ、年末に、ちょっとだけ Windows 8.1 Advent Calendar に参加しているので、その中のネタとして書くかもしれません。Blog 記事はこれからですね(笑)遅れていてすみません。 なお、この文書及びサンプルの 8.1 対応は進行中なはずです。追ってまたお知らせできれば。 どうぞご利用ください! 鈴木 章太郎


「iOS, Android 開発者のための .NET 開発、Windows ストア アプリ開発」(10/23)ビデオ公開と、" .NET アプリ開発者 Day "(12/9)のお知らせ

皆様、こんにちは! 前回のブログエントリ記事で、表題のセッションのビデオが公開されると書きましたが、漸く出ました。ぜひご覧ください。 2013 年 10 月 23日 (水) 開催の「.NET Week ~ .NET テクノロジを語る 1 週間 ~」の Day 3 のセッション動画と資料、Microsoft Virtual Academy (MVA: 無償オンライントレーニング) へのリンクとなります。 •Day 3: iOS, Android 開発者のための .NET 開発、Windows ストア アプリ開発   なお全体の.NET week のビデオやコンテンツに関しては、こちらのページでご紹介しています。 2013 年 10 月 21 日 (月) 、22日(火)開催の「.NET Week ~ .NET テクノロジを語る 1 週間 ~」の Day 1 と…


「iOS, Android 開発者のための .NET 開発、Windows ストア アプリ開発」(10/23)、ご来場ありがとうございました!

皆様、こんにちは! 昨日はお忙しいところ、エバンジェリスト セミナー『.NET Week ~ .NET テクノロジを語る 1 週間~』 (10/23) ― iOS, Android 開発者のための .NET 開発、Windows ストア アプリ開発 にご来場いただきありがとうございました。 ちょっと時間が短くてすべてをご紹介しきれませんでしたが、楽しんでいただけたようでよかったです。 少しフォローアップをさせてください。 今回、皆さんにご紹介した内容は、まもなくビデオで公開になりますので、ぜひご覧ください。そのURLは別途ご紹介します。   1. 今回のデモの前提(すなわちアプリ作成の前提)となるURL ブックマークしておいて戴きたいのは下記の5つです。 Windows Azure Mobile Services Tutorial http://www.windowsazure.com/ja-jp/develop/mobile/tutorials/get-started/ Windows ストアアプリ http://msdn.microsoft.com/ja-JP/windows/apps Live Connect Portal https://account.live.com/developers/applications/index Google Apps https://code.google.com/apis/ Apple Developer Portal https://developer.apple.com/jp/programs/ios/   2.HTML5クライアントのソースコードについて チュートリアルを見ると、 注 モバイル サービスにアクセスして app.js ファイルにあるデータを照会および挿入するコードを確認できます。 とありますが、これは古い記述で現在は、page.js…


日本語版 ”C#、XAML、Windows ランタイム向けの Prism を使った Windows ストア ビジネス アプリの開発”、公開!

皆様、おはようございます! 夏休み取得や、Partner Technical Days 対応等で、ちょっとBlogの更新間隔が空いてしまいましたが、また更新をどんどんかけていきたいと思います。 さて、以前からこのBlogでご紹介しています、Prism for Windows Runtime ですけれども、 ついに日本語版のWebサイトがリリースされましたので、お知らせします。   これを使った連載をするといって止まっていますがw、必ず開始しますのでお楽しみに! ひとまずは、ぜひ内容を見て戴き、ご利用いただければと思います! 鈴木章太郎


クールな Windows 8.1 New API #11:Calendar、コンタクト、ファイルピッカー等

皆様、こんにちは!このシリーズ 11 回目、今回は、# 11 Calender、コンタクト、ファイルピッカー等 です。 Windows 8.1 Preview 製品ガイド (開発者向け) こちらのガイドに沿って、新しいWindows 8.1 新しいAPIを一つずつご紹介していくシリーズ、今回は、#11 として、Calender、コンタクト、ファイルピッカー等 についてご紹介します。   ユーザーのカレンダーとコンタクトに関する新しい API が、 Windows.ApplicationModel.Appointments と Windows.ApplicationModel.Contacts です。ここでは、ファイルピッカーやコンタクトに関する、いくつかのより細かい改善点を見ることができます。 これら2つに関して、build 2013 では、下記の2つのセッションがあります: Building apps that work together (2-010)  Building Apps That Integrate with People and Events (3-007)    以上です。次回は最終回 # 12 として、 その他の機能と全体概要 を取り上げます。   鈴木 章太郎


クールな Windows 8.1 New API #10:PDF、Text-to-Speech、Text

皆様、こんにちは!このシリーズ 10 回目、今回は、# 10 PDF、Text-to-Speech、Text です。 Windows 8.1 Preview 製品ガイド (開発者向け) こちらのガイドに沿って、新しいWindows 8.1 新しいAPIを一つずつご紹介していくシリーズ、今回は、#10 として、 PDF、Text-to-Speech、Text についてご紹介します。 PDF 新しい共通の新APIへのリクエストへの要求に応えて、Windows 8.1 では、PDF レンダリング APIを追加しました。API は、Windows.Data.Pdf namespace にあります。サンプルとしては、PDF viewer sample があります。さらに拡張されたサンプルとして、PDF viewer showcase sample もご確認ください。 当該 API それ自体は、PDF ドキュメントをロードして開くことができ、個々のページを Stream にレンダリングできます。従って、この Stream を任意の UI フレームワークに対して、グラフィックスに変換できます。build 2013 でのセッションは、こちらをご参考までにご覧ください: Rendering PDF Content in Windows Store Apps (3-175) Text-to-Speech PDF…


クールな Windows 8.1 New API #9:アプリケーションのサイズ変更と検索コントラクト

皆様、こんにちは!このシリーズ 9 回目、今回は、# 9 の アプリケーションのサイズ変更と検索コントラクトです。 Windows 8.1 Preview 製品ガイド (開発者向け) こちらのガイドに沿って、新しいWindows 8.1 新しいAPIを一つずつご紹介していくシリーズ、今回は、#9 として、 アプリケーションのサイズ変更と検索コントラクトについてご紹介します。 Windows 8.1 の新しい APIとして、アプリケーションのサイズ変更と、検索コントラクトを入れられるかどうかは微妙ですが、これらは間違いなく重要な更新であり注意を払う必要があります。 可変的なアプリケーションサイズは、Windows ユーザーのための新しい特長で、これによりアプリごとに適切なサイズで表示することができます。HTML5/CSS3 と JavaScript で記述されたアプリにおいては、メディア表示機能におけるビューステート (フルスクリーン・ランドスケープ、スナップ、フィル、フルスクリーン・ポートレート) は、既に時代遅れです。これらは、レスポンシブ Web デザインのための CSS3 標準に置き換えられます。これは、Orientation Feature (ポートレートまたはランドスケープ)と命名され、max-width と min-width とを使用します。これは、この書籍の第二版の Chapter 2 でも紹介されています。 この点詳細については、build 2013 の下記のセッションをご覧ください: Beautiful Apps at Any Size on Any Screen (2-150)   検索についても変更があります。それは、検索チャームがアプリ内コンテンツのみならず、Web コンテンツまで対象にしていることです。その結果、アプリ内検索は、8.1 における特筆すべき特徴の一つとなります。アプリがその独自の…


クールな Windows 8.1 New API #8:ファイルとタイル

皆様、こんにちは!このシリーズ 8 回目、今回は、# 8 の ファイルとタイル です。 Windows 8.1 Preview 製品ガイド (開発者向け) こちらのガイドに沿って、新しいWindows 8.1 新しいAPIを一つずつご紹介していくシリーズ、今回は、#8 として、 ファイルとタイル についてご紹介します。 ファイル まずご紹介したいのは、Windows 8.1 における、より深い SkyDrive とのインテグレーションです。この点についての詳細は、build 2013 の次のセッションをご覧ください: What’s New for Working with Files (2-119) WinRT API についてどこで触れられているかはビデオを見て確認してみてください。 タイル その次は、タイルに関しての Update です。タイルテンプレートには、より小さなサイズ、大きなサイズの追加がされています。またそれに伴い、セカンダリタイルの機能が拡張されています。後者に関しては、マルチタイルサイズとマルチタイプイメージをサイズごとに使うことができ、 それによって、ユーザーが自分の使いたいタイルサイズとイメージを直接コンセントスクリーンで選択できます。同じことをスタートスクリーンで行うよりはるかに合理性がありやり易いです。このあたりについての API の詳細は、Windows.UI.StartScreen.SecondaryTiles class を参照してください。またSecondary tiles sample もダウンロードしてみてみてください。build 2013 の Alive with Activity (3-159) では、タイルについてのすべての変更点がカバーされています。 Mobile…