日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect(); – ③ Cross-platform Mobile Development of native apps for iOS, Android and Windows with .NET and Xamarin

皆様、こんにちは! このシリーズ、次は③番目、Xamarin iOS/Android と、Universal Apps のお話です。 表題のタイトルにある、Connect();イベント、昨年末のオンラインイベントなので覚えておられる方も多いかと思います。これに関連して、このブログエントリについて、何件かのお問い合わせを、日本のお客様やパートナー様から戴きました。お答えしているうちに、この内容には、ソースコードもありせっかくの良いリソースなので、日本語でも紹介しよう!と思いつきました。そこで、Microsoft 本社のアーキテクトである、Cesar de la Torre [MSFT]と連絡を取り、彼の許諾を得て、本ブログエントリーシリーズ(全5回)の翻訳を行うことになりました。まだ5個目の5.のエントリが書かれていませんが、Cesar によれば、追って更新されるそうです。またソースコードも随時更新の予定とのこと。ぜひお付き合いください!(徐々に公開していきますので、お待ちください(^^)) ※ オリジナルのブログのURLはこちらです。 Cesar de la Torre – Software Architect at Microsoft Corp. Redmond, Seattle, U.S. Original Blog URL: http://blogs.msdn.com/b/cesardelatorre/archive/2014/11/30/myshuttle-biz-demo-apps-from-connect-visual-studio-and-azure-event.aspx   (The original blog URL might be different depending on the post, of course) このブログエントリ(ネイティブアプリ開発にフォーカス)は、MyShuttle.biz アプリケーションがカバーする異なるシナリオの中の3番目のブログエントリです。. 1. 日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect();…


Schoo 授業 (11/27) のMobile Services 部分の補足:Project Siena でアプリ開発!エクセルやパワーポイントの知識でWindows タブレット対応アプリを作ってみよう!

皆様、こんにちは! だいぶ MSDN Blog の方が間が空いてしまいましたが、また書いていきたいと思います。よろしくお願いします! さて先日のSchooの授業は、多くの方に視聴して戴いてありがとうございました。 https://schoo.jp/class/1612 こちらにビデオもありますしスライドもありますが、一点だけ、補足させてください。 まず、チュートリアル資料は、このスライドにもありますが、こちらにあります。ぜひダウンロードしてください。 http://1drv.ms/1C7fTKy 補足としては、主に、Mobile Services との連携の部分です。 1. Mobile Services の作成 ここで、Azure のダッシュボードにサインインします https://manage.windowsazure.com/ モバイルサービスを表示して「+新規」をタップします。 「作成」をタップします。 ユニークな URL を入力し、東京又は大阪の日本リージョン、あるいは東アジアリージョンを選択して、をタップします。 次にSQLデータベースを設定します。 で、ここがポイントですが、テーブルの追加をタップして以下のテーブルを作成します。これがないと、Project Siena のアプリからみて、Mobile Services の対象テーブルが認識できませんので、必ず作ってください。 それぞれのテーブルを開いて、id 列以外を削除します。あとは、SQL データベースを開いて 、作成した DB 名を選択します。 SQL データベースの設計をタップして、 ユーザ名とパスワードを入力してログオンし、設計を行います。 テーブルの編集で以下列名を設定します。   zz_ config テーブルに以下のデータを入力します。 テーブルに、最初の演習で使った Items.xlsx と同じデータを入力して、終了です。 あとは、Mobile Services の URL と、アプリケーションキーをコピーして、Project Siena に張り付けてみてください。…


Windows 8 アプリとデータベース/サービスとの連携 – ③ Windows ストア アプリとの連携(C#/XAML)

皆様、こんにちは! 引き続き、9/2(火) タッチ/ペン対応アプリの開発とクラウドを活用した既存サービスとの接続方法のセミナーでの、私が担当したセッション ”Windows 8 アプリでのデータベース/サービスとの接続 “ の詳細情報とコードにつき、ご紹介していきたいと思います。最後にリソースとしてソースコードの置場等を入れてあります。 Windows ストアアプリの追加と Data Adapter の作成 次に、このタイムセール商品情報アプリケーションのソリューションに、Windows ストアアプリを追加してみましょう。最初に、DataAdapter を作成します。これは、この前に作成した、TimeSalesApp Web API にアクセスするための呼び出しのHttpclient クラスとなります。 ストアアプリの追加 TimeSaleソリューションを右クリックし、追加→新しいプロジェクトを選択します。新しいプロジェクトダイアログボックスで、左側のテンプレートを展開し、Visual C#の Windows ストアアプリを選択し、右側の、新しいアプリケーション(XAML)を選択します。次のように指定してください。 ・種類:新しいアプリケーション(XAML)(Visual C#) ・場所:他のTimeSaleプロジェクトと同じソリューションフォルダ ・プロジェクト名:TimeSaleStoreApp プロジェクトを追加したら、まずはローカルマシンで実行します。黒い画面が立ち上がったらいったんアプリを落とし、Visual Studio に戻ってデバッグを停止します。このときのMainPage.xaml 画面は使わずに削除して、その後、新しい画面を追加します。 TimeSaleStoreApp プロジェクトを右クリックし、追加→新しい項目を選択し、基本ページを選択して、名前を、MainPage.xaml として追加、をクリックします。 この時に、このようなダイアログボックスが出ますので、はい、を選んで追加します。 ※ これをしないと画面遷移等に必要な共通ファイル群(Commonフォルダ配下)が作成されないので注意してください。この共通ファイル群が必要です。 ProductWithPriceをリンクとして追加 まず、TimeSale クラスライブラリの中の ProductwithPrice.cs クラスを参照できるようにします。ソリューションエクスプローラーでプロジェクト TimeSaleStoreApp を右クリックし、追加→既存の項目、を選択します。そして、TimeSale フォルダにある ProductwithPrice.cs ファイルを選択し、リンクとして追加、を選択します。 Json.NET のインストール ついで、Json.NET のインストールを行います。Json.NETは、ProductWithPriceデータクラスのインスタンスと、JSONの相互変換処理をするためのライブラリです。こちらは、NuGet から取得できます。これを使うのはWindows 8/8.1…

3

Windows 8 アプリとデータベース/サービスとの連携 – ② バックエンド Web サービス作成

皆様、こんにちは! 引き続き、9/2(火) タッチ/ペン対応アプリの開発とクラウドを活用した既存サービスとの接続方法のセミナーでの、私が担当したセッション ”Windows 8 アプリでのデータベース/サービスとの接続 “ の詳細情報とコードにつき、ご紹介していきたいと思います。 Web サービス作成とデータ公開 Windows ストアアプリからリモートデータを使用するためには、なんらかの REST または SOAP サービスが公開されている必要があります。ASP.NET Web APIは、ASP.NET MVC 4からサポートされたHTTPによるリクエストを受けるRESTfulなサービスです。このサンプルでは、ASP.NET Web API を使って、Windows ストアアプリから基本的なデータ操作ができるようなサービスを作成します。 当該ソリューションを右クリックし、新しいプロジェクトの追加、を選択しクリックします。Web テンプレートから、ASP.NET Web Application を選択し、名前を適当につけ(ここでは RestService)、OK ボタンをクリックします。   次に出てくるダイアログボックスで、Web API を選択し、OKをクリックします。 ※ この図を見て戴くとお分かりの通り、Windows Azure の箇所で、クラウド内のホストにチェックが入っていますが、ここではまだクラウドには発行しないので、チェックを外しておいてください。 これで、RestService の初期のスケルトンが作成されます。ここでいったんソリューションのビルドを行ってください。 コントローラーの実装 次に、このプロジェクトからTimeSale プロジェクトに参照設定を追加し、次いで、コントローラーを実装します。RESTService プロジェクトのController フォルダーを右クリック->追加->コントローラーを選択します。 スキャフォールディングの追加からEntity Framework を使用したアクションがあるWeb API 2コントローラーを選んで、 コントローラー名は、TimeAppSaleController という名前にして、データコンテキストには自動的にTimeSaleAppContextが入っているのを確認して、モデルクラスからは、ProductWithPriceを選びます。コントローラー名の下の”非同期コントローラーアクションを使用します”にチェックを入れて、OK をクリックします。 そうすると、下記のコントローラーが自動生成されます。…


Windows 8 アプリとデータベース/サービスとの連携 – ① データモデル作成とデータベース生成

皆様、こんにちは!今期(7月以降)初めての投稿となります。今年もよろしくお願いします! 9/2(火) タッチ/ペン対応アプリの開発とクラウドを活用した既存サービスとの接続方法のセミナーにご参加いただきました皆様、お忙しいところありがとうございました。今後も、皆様の関心のあるテーマを中心にセミナーの企画とセッションのご提供をして行きたいと考えていますので、今後ともよろしくお願いします。 さて、早速、お約束した通り、私が担当しましたこのセッションの詳細情報とコードにつき、ご紹介していきたいと思います。 概要 Windows ストアアプリからデータベースへの連携を行う場合には、直接のデータ連携はできず、Web サービス経由で行う必要があります。ここでは、SQL Server Express Edition 上に生成されたデータベースを、ASP.NET Web APIから、REST インターフェースとJSON形式のペイロードを使用して公開し、それをWindows ストアアプリから利用するシナリオをご紹介します。 ADO.NET Entity Framework 5.0以降で実装された、Code First の機能を使い、Visual Studio 上のソースコードをビルドすることにより、SQL Server Express Edition 上に、各カラムの属性やリレーションシップ等のメタ情報を含めつつデータベースを生成することが可能です。また、Migration 機能により、カラムの追加等のデータベースへの変更を、データに影響を与えることなく行うことが可能です。ここで出来上がったデータベースを、ASP.NET Web API を使い、REST のインターフェースで公開します。 ここでは、商品管理用のWindows ストアアプリを実装します。これらの機能を実現するために、SQL Server Express Edition 、ADO.NET Entity Framework 6.0、Code First、ASP.NET Web API、そして Windows ストアアプリのテンプレートの各技術の基本的な使い方をご紹介します。 このエントリは、① バックエンドサービス作成 ① -1 データモデル作成とデータベース生成について、ご紹介します。 必要なソフトウェア他 · Microsoft…


Windows Azure Mobile Services 高度な設定について-Windows Azure Advent Calendar 2013

皆様、大変遅くなり申し訳ございません。今回は、Windows Azure Mobile Services の高度な設定について改めて纏めます。 1.Windows Azure Mobile Services のスケールアウト 2.既存の SQL データベースの利用 3.Windows Azure Mobile Services の監視 1.Windows Azure Mobile Services のスケールアウト サンプルアプリケーションであれば、とくに気にしないですが、実運用となると、スケールアウトが重要になってきますね。特に商用利用のバックエンドとして使う場合にはいかにしてこれに耐え得るようにするかということは重要な要素となってきます。特に重要なのはパフォーマンスですね。しかしながら、このブログでパフォーマンスについて解説するのはスコープ超えですのでやめます。どちらかというと、Mobile Services に内在しうる課題にフォーカスしたいと思います。すなわち、どのようにMobile Services をスケールさせ、このサービスが持つ膨大な機能を最大限引き出すかということに集中すべきです。 一般的には、スケールアウトのゴールは、自分で開発したMobile Services の全体的なスループットの向上になるわけですが、 現状ではMobile Services は同時実行制御ができるわけではないです。MBaaSとして実運用で使ったときに、幸いにもユーザーがぐんと増えた場合、この問題は浮上してくるでしょう。いくつかの点で、リクエストに対応するためのサービスのキャパシティはオーバーフローする可能性もあります。このような場合にどうするべきかをここでは考察します。   スケールアウトのパターン – 垂直なスケールアップか水平なスケールアウトか スケールアウトにおける最初の問題は、垂直なスケールアップか水平なスケールアウトか、いずれを選択すべきかという点でしょう。これは状況によります。 垂直なスケールアップの場合 この場合には、コンピューティングノードを増やすことなく当該コンピューティングノードのパワーを増やします。コンピュータそれ自体のパワーを向上させて、さらに多くのメモリーと、高速なCPUを使い、あるいはコアを増やしということになります。しかしながらコンピューティングノード事態の数は増えません。 水平なスケールアウトの場合 スケールアウトの例は、上記の例と異なり、この場合にはコンピュータ―ノードの追加を行いロードバランシングします。コンピューター自体を大型マシンにするのではありません。 どちらがいいというわけではありませんが、スケールアップの場合にはマシンのキャパシティのリミットに到達してしまい、 多くのコアと多くのメモリーの組み合わせが一つのデバイスに詰め込まれてしまいます。幸い、Mobile Services を使う場合には、こういうことにはなりません。スケールアップもスケールアウトも選択可能ですが、基本は自動でスケールされるように設定されているので、安心です。他方で、多くの場合には、Mobile Services が使われるのは、比較的シンプルな RESTベースのリクエストに対してです。これはそれほど多くのコンピューティングパワーを必要としません。すなわち、このように選択肢が乏しくても、かなり大規模な潜在ユーザーに対して、Mobile Services は期待に応えられるキャパシティを持つということになるわけです。 どんなオプションがあるかは、下記の通り、Windows Azure 管理ポータルから見てみてください。ダッシュボードのトップのリンクから、スケールをクリックすると、Mobile…


【Build 記念】Windows Azure 最新情報~2013 年上半期の総括~ は 6/28開催、ぜひご来場ください!

皆様、こんにちは! 既に集客も始まりました表題のセミナー、改めて告知させて戴きます。弊社の年度末ということもあり、思いっきりいろいろな企画を考えております。まずは開催概要をご紹介しましょう! — Events : 【Build 記念】Windows Azure 最新情報 ~2013 年上半期の総括~ イベント ID: 1032554843 マイクロソフト 品川グランドセントラルタワー 31 階 セミナー ルーム C+D JR 品川駅 港南口よりスカイウェイにて直結 徒歩 3 分 京浜急行 品川駅より 徒歩 6 分 東京都 港区 (首都圏) 港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー ―――― セミナー概要 ―――― 2013 年 6 月 26 日~ 28 日にサンフランシスコで開催される Build カンファレンスの発表内容を踏まえて、今年追加された新しい機能や改善点などをご紹介します。 講師は、あの Windows Azure ブログでお馴染み…


Developing a Windows Store business app using C#, XAML, and Prism for the Windows Runtime、P&Pページ及び書籍として公開!

皆様こんにちは! 表題の件、先日4/24のMicrosoft Architect Forum 、それに5/11のCommunity Open Day でご紹介したものですが、正式にPatterns & Practices の一シリーズとして、製本され、ページも公開されました。 http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/apps/xx130643.aspx こちら今後少しずつLOBアプリの実装のための参考ガイドとして、ご紹介していければ、と思っています。 取り急ぎ、先日のCommunity Open Day でご紹介した内容をさらに進化させた内容として、メインの担当者のFrancisが、VS Toolbox で喋っている動画をご覧ください。今後、このBlog中で、コードの解説やサンプルの解説を詳細に行えれば、と思っていますので、ご期待くださいませ。   どうぞよろしくお願いします!! 鈴木 章太郎


Microsoft Architect Forum 2013, 全資料PPTX公開!

皆様、こんにちは! まだ私のセッションのフォローアップの Part 4 が未公開ですみません。本日中~明日くらいにアップ予定ですので、しばらくお待ちください。 その前に本日、全資料が公開になりましたので、お知らせします。ぜひご覧戴ければと思います。動画が公開され次第、再度ご案内しますね(^^)!       それでは、また(^^)! 鈴木 章太郎