Windows Developer Days SC-006 セッションフォローアップ (2)

皆様、こんにちは! これを書いているのは弊社品川オフィス、Community Open Day 2012の控室です。 大変お待たせしました。SC-006 のセッションフォローアップ(2)を行いたいと思います。今回の Community Open Day 2012 でも一部この中のデモをご紹介しました。 まず、だいぶ間が空いてしまったので、どのような内容だったかをもう一度押さえてください。 以前の記事、Windows Developer Days – SC-006 セッションフォローアップ–その(1) をまずはご参照ください。 今回これに沿って、細部をご紹介したいと思います。解説は、ビデオを見て戴ければ特につけ加えるところはありませんが、下記の点だけ、ご参照ください。 まずは、ビデオは今回、Channel 9 に大々的に公開されています。 その中で、私のセッションはこちらですね。 Windows Azure Toolkit for iOS は、Windows Azure の諸機能を iOSから簡単に使えるツールです。本セッションではこれを用い、ストレージサービス(Blob/Table等)、アクセスコントロールサービス(ACS)、そして Apple プッシュ通知サービスの各機能を利用した、iOS x Azure 連携アプリケーションの開発方法をご紹介します。 解説は、セッションフォローアップ(1)と、このビデオとを、ぜひ併せて見て戴きつつ、下記ソースコードを見てみてくださいね。Objective-Cのソースコードは、コメント内にも適宜解説を入れてあります。そのソースコードはこちらになります。ご参照ください。 http://sdrv.ms/LLLCTi それとリソースはこちらです。改めて掲載します! ・技術評論社 連載:スマホ×Windows Azure開発講座(iOS編) http://gihyo.jp/dev/serial/01/azure_ios ・技術評論社 連載:基礎から学ぶNode.js http://gihyo.jp/dev/serial/01/nodejs/0001 ・iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発 |…

0

Windows Azure における Hybrid Application の構築 –(1)

皆様、こんにちは!今回と次回、2回に分けて、このP&Pの記事をご紹介します。 Building Hybrid Applications in the Cloud on Windows Azure ※ こちらは、先月末開催された、Windows Developer Days でも、このガイドの監修者であるHQの担当Program Managerより、セッション提供があったので、覚えておられる方も多いかもしれません。非常に緻密に作られたプローブンなアーキテクチャーガイドですので、ぜひご覧ください。 ※WDDセッションの方は、間もなく他のセッション同様、ビデオとスライドが公開されると思いますので、お楽しみに! 概説   今日、殆どのアプリケーションはシンプルな単一の状態のままではありません。それらは、多くの分割された特徴を持っており、それぞれが、サービスとして、あるいはコンポーネントとして、3rd Party のプラグインとして、そして、他のシステムまたはリソース等として、実装されています。これらのアイテム群を統合していくことは、もしそれらすべてのコンポーネントが自社のデータセンターに配置されている場合でも、簡単なタスクではありません。そしてこれが、当該アプリケーションをクラウドベースの環境に配置しようとする場合には、その統合作業は、更にチャレンジングなものになることでしょう。   例えば、典型的なアプリケーションは Web Role と Worker Role を、Windows Azure 上で稼働させており、そのデータを SQL Azure データベースに格納し、また 3rd Party のサービスと連携しています。それら個々のサービスは、たとえばユーザーを認証をしたり、顧客に荷物を配達したり、といったサービスです。   しかしながら、通常、一つのアプリケーションを、パートナー組織や、様々な理由でクラウドにマイグレーション不可能な企業ネットワークの内部に存在するサービスやコンポーネントに、利用させることは、一般的ではありません。   このようなアプリケーションは、時としてハイブリッドアプリケーションと呼ばれます。このガイドが主にフォーカスするのは、一部はクラウド上で一部はオンプレミスで実行されるアプリケーションの開発時に、あるいは開発者が既存のオンプレミスのIT資産の全ての要素あるいはいくつかの要素をクラウドにマイグレーションしようと決めたときに、開発者が必ず遭遇するであろう共通のチャレンジです。このガイドはWindows Azure をホスト環境として使用しており、具体的にどのように、このプラットフォームに加えSQL Azure を使って、その様々な特徴を利用して、開発をシンプルにスピーディに行うか、にフォーカスしています。 サンプルコードのダウンロード Example Code PDF バージョン http://wag.codeplex.com/releases/view/74838 コミュニティ http://wag.codeplex.com ライセンス…

0

Windows Developer Days - SC-006 セッションフォローアップ–その(1)

皆様、こんにちは! Windows Developer Days にご来場いただき、誠に有難うございました!私自身、セッションやパーティ等で、多くの開発者の方とお話しすることができ、大変有意義でした。SC-006セッションも、多くの皆様にご清聴戴き、誠に有難うございました。 詳細解説は、ビデオの公開やダウンロード資料準備等が揃ってから、というのが他のスピーカーのBlogにもあるかと思いますが、私も同様です。 2つ前のエントリで書きました通り、セッション内でご紹介した写真共有アプリケーションは、しかるべきところにプロジェクトを公開して、ご紹介していきたいと思います。 Xcode 4 で使うObjective-Cのプロジェクトファイルと、Visual Studio 2010 で使う C# のプロジェクトファイル(WCF Web Role)の2つです。セッションスライドなども近日中には公開できるかと思いますので、もう少しだけお待ちください。 本日は、少しだけフォローアップさせてください。 ・開発環境の設定について 今回、Windows Azure Toolkit for iOS を始めてご覧になり、是非開発を始めてみたい!と思われた方は、まずこれらの MSDN 記事をご覧ください。全体像及び Xcode の設定につき、わかり易く解説をしています。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/hh697367 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/hh769704 ・ Mac からのホステッドサービスおよびストレージアカウントのデプロイ方法について Mac を使い、セッションでご紹介したストレージアカウントを作成する方法は、こちらの前半にご紹介していますので、ご参照ください。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/hh708859 また、セッション中、Proxy サービス / Web Role 、あるいは Worker Role とご紹介していたものは、Windows Azure ではホステッドサービスと言われています。下記はポータルでこれを参照したものです。 これらの Mac での作成及び Windows Azure へのデプロイ方法は、同じ MSDN…

0

Windows Developer Days での SC-006 セッションのリソース部分の先行公開

皆様、こんにちは! 本日、そろそろ Windows Developer Days 初日の基調講演が開始された頃だと思いますが、皆様楽しんでおられますでしょうか? 今回のセッション資料は、イベント後にすぐに公開されると思いますが、事前配布がなかった関係で、その中にリソーススライドがありません。そこで、リソースの部分だけ先に纏めておきます。 ・ティルフィン合同会社 http://www.tilfin.com/jp/ http://www.tilfin.com/jp/2012/04/22/wdd-azureios/ ・Trend Topic http://itunes.apple.com/jp/app/id388877976?mt=8 (iPad) http://itunes.apple.com/jp/app/id371277698?mt=8 (iPhone, iPod 他) ・Newstrush http://itunes.apple.com/app/newstrush/id406981486?mt=8 ・技術評論社 連載:スマホ×Windows Azure開発講座(iOS編) http://gihyo.jp/dev/serial/01/azure_ios ・技術評論社 連載:基礎から学ぶNode.js http://gihyo.jp/dev/serial/01/nodejs/0001 ・iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発 | MSDN http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/hh697503 ・Windows Azure Toolkit for iOS ver. 1.3 – https://github.com/WindowsAzure-Toolkits/wa-toolkit-ios ・Windows Azure Toolkit for Windows Phone ver. 1.3.1 – http://watwp.codeplex.com/ ・Windows…

0

Windows Developer Days では Server & Cloud Track もあり – iOS x Windows Azure 連携お見せします

皆様、こんにちは!前回の記事でご紹介した Windows Developer Days 、なんと早期割引期間が 4/18 まで延長されました! まだ申し込まれていない方は、ぜひご検討戴ければ幸いです。 さて私のセッションですが、様々な他セッションとの調整等を経て、詳細が決まりました。来週Web サイトが再度 Update されるので先行告知になっちゃいますがw、どんどん開示せよとのことなので、タイトルと概要だけご紹介したいと思います。他のエバもそうしているし(^^;)ゞ… 下記は、SCトラックの一部抜粋の画面です。元々は、ここに暫定で、”Windows Azure を使った Social Application 開発” と入れてあったのが私のセッション枠でした。そこで、以前、このBlogでもご紹介した、Windows Azure Toolkit for Social Games (現在はGitHubに移動!)をメインに、Azure ベースのApplication Architecture の一例をご紹介するということを企図していました。 しかしながら、今回のWDDは iOS / Android 開発者の方々に広くWindows 8及び関連情報をいち早くご紹介しようという趣旨があり、その中には、当然 Windows Azure 関連情報もあるわけです。そういう趣旨から、やはり Mobile + Cloud:連携ネタが良いだろうということになりました。あと、今回は多くの SAP (Social Application Provider) の皆様が登壇しそうだ、ということで、そちらはお任せしようかなと考えた次第です(^^;)ゞ そこで、下記のようなセッションを実施することになりました。 タイトル: Windows Azure を使った iOS 連携アプリケーション開発 概要: Windows Azure…

0

Windows Developer Days は 4 月 24 日(火)~ 25 日(水)、ザ・プリンス パークタワー東京にて開催!ぜひご参加ください!

皆様、こんにちは!既に様々なメディアでお知らせをし始めておりますとおり、4 月 24 日(火)~ 25 日(水) 、ザ・プリンス パークタワー東京において、アプリケーション開発者の皆様向けの、2 日間のイベントが開催されます。その名も、Windows Developer Days です。詳細、参加登録はこちら となりますので、ご参照ください。 Windows 8 で登場する Metro Style アプリケーションの開発手法を具体的に解説するセッションも多数実施されることになります。 有償イベントではありますが、3/31 までは、早期割引価格 60,000 円での申込みが可能です。上記のページに、現時点での イベント プログラム の一部も抜粋して公開しています。 なお、Windows 8 に関する最新の情報は、 Windows Developer Center ( http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ ) Windows エンジニアリング チームによるブログ ( http://blogs.msdn.com/b/b8_ja/ ) をご参照ください。 またその他のリソースはこちらです。 o Windows 8 Consumer Preview:http://preview.windows.com o Windows デベロッパー センター:http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ o Building Windows 8…

0

iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発、全10回完結!

  皆様、こんにちは!昨年末より連載をしていた、iOS x Azure 連携アプリケーション開発ですけれども、本日の第10回で、一応完結しました。ご愛読?戴きました皆様、どうもありがとうございました。お蔭様で多くの方にご覧戴けたようで嬉しいです。   なお、まだご覧になっていないという方は、ぜひご覧ください!特にiOS/Androidでクラウド連携アプリケーションを開発しようという方、マルチクライアントのモバイルソリューションを開発しようという方には、活用いただけるのではないかと思います。最終的な目次とリンクを示しておきますね。 — iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発 – Windows Azure Toolkit for iOS を使った基本的な開発方法のご紹介 – 執筆者: 日本マイクロソフト株式会社 アーキテクト エバンジェリスト 鈴木章太郎 更新日: 2012 年 3 月 2 日 このシリーズでは、10 回にわたって Windows Azure Toolkit for iOS を用い、iOS と Windows Azure 連携アプリケーションの基本的な開発方法について、学習していきます。本書の目的は、Windows Azure Toolkit for iOS による モバイル x クラウド連携プログラミングのファースト ステップを提供することです。Windows Azure…

0

Windows Azure Toolkit for Android 1.0 Released!!

皆様、こんにちは! Windows Azure Toolkit for Android 1.0 がリリースされました。かなり長い事、ヴァージョン 0.8 だったのですが、ようやくアップデートされましたね。Github のURLも若干変更になりました。 https://github.com/WindowsAzure-Toolkits/wa-toolkit-android Windows Azure Toolkit for Android の構成としては、前々回エントリーした3回分のそれと変わりません(Direct、Proxy(Membership、ACS))が、大幅なリファクタリングがなされているようです。 Feature Updated の機能追加一覧資料もあります。 また、iOS 版同様のcloudreadypackages もGitHub上に用意されています。 Windows Azure Toolkit for Android は、これまで同様、Apache License, Version 2.0 に準拠しています。 取り急ぎ、ご紹介まで。なおSampleのUpdateは、先日のBlogエントリーに少し追記するようにします。 鈴木 章太郎

0

Windows Azure Toolkit for Android - 再入門(3)-Sample Application のインストールと実行

皆様、こんにちは!Windows Azure Toolkit for Android 再入門、今回はその第3回目、サンプルアプリケーションの実行編です。 はじめに この後ご説明する手順は、Windows Azure Toolkit for Android に付属している、Sample Application の設定の仕方と、実行の仕方の一連の流れとなります。 サンプルのありか このSample Application のソースコードは、$/samples/simple フォルダーにあります。これはGitHub 上ではmaster branch の上です。 前回のエントリに従って Github からWindows Azure Toolkit for Android をインポートして戴いた場合には、既にその中のSimple フォルダーに入っているかと思いますので、参照してみてください。 認証メカニズムの選択について まずはこのソリューションでできることの全体像を下記に記しましょう。 このサンプルアプリケーションを実行する前に、どの認証方法を使って Windows Azure Storage を使用するかを選択しなければなりません。 このツールキットは、Windows Phone 版、iOS 版同様、大きく分けて2つの認証方法が使えます。いわゆる、Direct という方法で、Windows Azure ストレージのアカウント名とアクセスキーを使って直接アクセスする方法と、Proxy サービスを経由する方法です。後者のコードは、 Windows Azure Toolkit for Windows Phone に使われているものと同じです。これは、開発者が Windows…

0

Windows Azure Toolkit for Android 再入門(2)-GitHub にアクセスして Toolkit をインストール

皆様、こんにちは!Windows Azure Toolkit for Android 再入門、今回はその第2回目、GitHub にアクセスして Toolkit をインストール編、です。 Windows Azure Toolkit for Android プロジェクトを GitHub からインポートする 1.  最初に、Eclipse を起動し、File メニュー -> Import を選択します。 2.   Git ノードをポイントして、“Projects from Git” を選択して、Next をクリックします。 3. Home Directory の警告が出ますが、OK をクリックします。 4.  Clone をクリックして、Git ウィンドウから Project をインポートします。 5.  リポジトリの場所を URI フィールドに入力ます。ここでは、下記の通り入力してください。 git://github.com/microsoft-dpe/wa-toolkit-android.git 6.   Next をクリックします。 7.   ローカルにコピー したいブランチを選択します。 8.  Next…

1