日本語版 - MyShuttle.biz demo apps from Connect(); – ③ Cross-platform Mobile Development of native apps for iOS, Android and Windows with .NET and Xamarin

皆様、こんにちは! このシリーズ、次は③番目、Xamarin iOS/Android と、Universal Apps のお話です。 表題のタイトルにある、Connect();イベント、昨年末のオンラインイベントなので覚えておられる方も多いかと思います。これに関連して、このブログエントリについて、何件かのお問い合わせを、日本のお客様やパートナー様から戴きました。お答えしているうちに、この内容には、ソースコードもありせっかくの良いリソースなので、日本語でも紹介しよう!と思いつきました。そこで、Microsoft 本社のアーキテクトである、Cesar de la Torre [MSFT]と連絡を取り、彼の許諾を得て、本ブログエントリーシリーズ(全5回)の翻訳を行うことになりました。まだ5個目の5.のエントリが書かれていませんが、Cesar によれば、追って更新されるそうです。またソースコードも随時更新の予定とのこと。ぜひお付き合いください!(徐々に公開していきますので、お待ちください(^^)) ※ オリジナルのブログのURLはこちらです。 Cesar de la Torre – Software Architect at Microsoft Corp. Redmond, Seattle, U.S. Original Blog URL: http://blogs.msdn.com/b/cesardelatorre/archive/2014/11/30/myshuttle-biz-demo-apps-from-connect-visual-studio-and-azure-event.aspx   (The original blog URL might be different depending on the post, of course) このブログエントリ(ネイティブアプリ開発にフォーカス)は、MyShuttle.biz アプリケーションがカバーする異なるシナリオの中の3番目のブログエントリです。. 1. 日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect();…

0

日本語版 - MyShuttle.biz demo apps from Connect(); – ② ASP.NET 5 Web Apps and Services

皆様、こんにちは!ちょっと遅くなり申し訳ありません。このシリーズ、次は、②番目として、ASP.NET 5 Web Apps and Services について、ご紹介していきます。 表題のタイトルにある、Connect();イベント、昨年末のオンラインイベントなので覚えておられる方も多いかと思います。これに関連して、このブログエントリについて、何件かのお問い合わせを、日本のお客様やパートナー様から戴きました。お答えしているうちに、この内容には、ソースコードもありせっかくの良いリソースなので、日本語でも紹介しよう!と思いつきました。そこで、Microsoft 本社のアーキテクトである、Cesar de la Torre [MSFT]と連絡を取り、彼の許諾を得て、本ブログエントリーシリーズ(全5回)の翻訳を行うことになりました。まだ5個目の5.のエントリが書かれていませんが、Cesar によれば、追って更新されるそうです。またソースコードも随時更新の予定とのこと。ぜひお付き合いください!(徐々に公開していきますので、お待ちください(^^)) ※ オリジナルのブログのURLはこちらです。 Cesar de la Torre – Software Architect at Microsoft Corp. Redmond, Seattle, U.S. Original Blog URL: http://blogs.msdn.com/b/cesardelatorre/archive/2014/11/30/myshuttle-biz-demo-apps-from-connect-visual-studio-and-azure-event.aspx   (The original blog URL might be different depending on the post, of course) ASP.NET 5 and .NET Core 5 の概要については、こちらのブログエントリを見てください。 このブログエントリは、ASP.NET 5…

0

“Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの開発”(MVP Community Camp 2014)DEMO解説 #5:ユーザー入力の検証

皆様、こんにちは! 明日からは、いよいよ Build 2014 @ San Francisco なので、その前に片づけておかないと…ということでw、MVP Community Camp 2014 デモ解説の最後、ユーザー入力の検証です。まず冒頭は、スライドシェアのリンクです。 <Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発> Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発 from Shotaro Suzuki ユーザー入力の検証に関しては、このトピックになりますので、ご覧ください。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/xx13659.aspx おそらく業務でストアビジネスアプリ、を開発する際には、もっとも重要な機能となってくるでしょう。主要な要素としては、下記のスライドの通り、ValidatableBindableBaseクラス、System.ComponentModel.DataAnnotations 名前空間、そして ValidateProperties メソッド、になります。 デモアプリの概要 当日デモでご紹介したものは、こんなアプリでした。まずアプリを起動すると、このような画面になります。 契約業務ボタンをタッチすると、入力用の画面に遷移します(ナビゲーション)。 ドロップダウンリストから製品を選んで、数量を決めて、 注文に追加します。   このまま注文実行すると、氏名欄は必須なので検証エラーが出ます。 ここを適当に入力しても、電話番号に文字列を入れると、こちらは正規表現で10ケタのチェックディジットを入れてあるので、検証エラーが出ます。 アプリ全体の方は、こちらにこの後あげますので、参考までに見てみてください。元々のサンプルがWindows 8のテンプレートで作成されたもので、それを、日本語化しつつ、8.1 用にターゲットし直していますので、Common フォルダ等も残っていますが、構成はわかり易いかと思います。 ソリューションの作成 データを入力する このようなフィールドを持つ画面を作成します。XAML は次に示す通りです。 1: <prism:VisualStateAwarePage x:Name="pageRoot" 2: x:Class="PrismAppValidation.Views.AddSalePage" 3: xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" 4: xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" 5:…

0

“Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの開発”(MVP Community Camp 2014)DEMO解説 #4:データアクセス・認証と疎結合コンポーネント間通信

皆様、こんにちは!今回は、データアクセス・認証と疎結合コンポーネント間通信のデモを取り上げます。次のユーザー入力の検証でこのデモ解説は終了です。今回も冒頭はスライドシェアのリンクです。 <Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発> Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発 from Shotaro Suzuki Prism for Windowr Runtime では、スライドにある通り、こちらのアプリケーション データの管理の箇所が関連します。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/apps/xx130650.aspx さて、この部分のスライドでは、ローカルデータ・リモートデータの扱い、認証の話、それから、ASP.NET Web API の利用、についてまとめてあります。 ローカルデータ・リモートデータの扱い まずは、ストアアプリに関しては、データアクセスの選択肢の話があります。こちらは、全体像を見て戴ければと思います。 —  アプリケーション データの管理 Windows ストア アプリが接続できる Web サービスを実装するにはさまざまな方法があります。 Window Azure のモバイル サービスを使うと、Windows ストア アプリにクラウドベースのサービスを追加できます。詳しくは、Window Azure のモバイル サービスのデベロッパー センターをご覧ください。 Windows Communication Foundation (WCF) を使うと、SOAP ベースの Web サービスを開発できます。これらのサービスでは、サービスをトランスポート プロトコルから分離することに重点が置かれています。そのため、さまざまなエンドポイントとさまざまなプロトコルを使って同じサービスを公開できます (TCP、ユーザー データグラム プロトコル…

0

“Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの開発”(MVP Community Camp 2014)DEMO解説 #3:ページ間のナビゲーション

皆様、こんにちは!ちょっと間が空いてしまいましたが、デモ解説の #3、ページ間のナビゲーションについてご紹介します。まずは今回も冒頭はスライドシェアのリンクですね。 <Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発> Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発 from Shotaro Suzuki Windows 8.1 と Prism を使ったストアアプリのページナビゲーションについて 要は、NavigationService の使い方を、アプリに実装するということですが、今回は英国の同僚が公開しているアプリをもとに実装したもので、アプリとしてはそれなりに体裁の整ったものになっていますので、このままご紹介していきます。 セッションでは、ナビゲーションサービスの説明として、下記の2つのコード断片をご紹介しました。 アプリのスタートアップ時のナビゲーション(App.xaml.cs) 1: protected override Task OnLaunchApplication(LaunchActivatedEventArgs args) 2: { 3: this.NavigationService.Navigate("Search", null); 4:  5: return (Task.FromResult<object>(null)); 6: } 検索ボタンに割り当てられたコマンドによるナビゲーション(SearchPageViewModel.cs) 1: void OnSearchCommand() 2: { 3: this._navigationService.Navigate("SearchResults", this.SearchTerm); 4: } あとは前の2回の解説を見ればわかりますが、今回は少し詳細にアプリにつき、解説してあります。 まず、ソリューションファイルはこちらからダウンロードしてください(セッションでもご紹介した通り実アプリではなくあくまでサンプルです)。起動して実行する方は、Flickr (Yahoo!の画像共有サービスですね)の ID で…

0

“Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの開発”(MVP Community Camp 2014)DEMO解説 #2:中断・停止・再開・アクティブ化

皆様、こんばんは!さっそく第2弾デモ解説です。 今回は、セッションの後半の方に解説した、中断・停止・再開・アクティブ化にまつわるプロセスのライフサイクル管理についての、Prism によるハンドリングの方法の解説です。 スライドシェアのURLです。こちらにシェアしましたので、ぜひご覧ください! <Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発> Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発 from Shotaro Suzuki 中断・停止でもデータを保持する 通常、Windows ストアアプリを開発する際に結構煩雑(楽しいw?)なのは、アプリが中断・停止、等した時にどう処理するか、ということです。前回のブログエントリで書いた#1のシンプルなアプリのサンプルは、ラベルと TextBox 1つですが、これも当然、中断・停止の場合にはデータを保持できないわけです。 例えば、このアプリをデバッグ実行して、 TextBox(Text1)に何かデータを入力します。 そして、Visual Studio に戻り、デバッグの場所メニューバーから、“中断とシャットダウン” ボタンを押して、システムシャットダウンをシミュレートします。その後、再度、デバッグ実行をします。そうすると、当然、データは失われているわけです。 ここで、元々の Visual Studio の無印新規アプリのテンプレートを見てみると、状態の保持に関して、いくつかの駆動部品が存在していることに気づきます。 SuspensionManager というクラスがあり、これが NavigationHelper によって Page の中へとリンクされています。そして、これは Frame へとリンクされ、中断等が発生した場合、Page のコードが、いくつかの OnNavigatedFrom イベントを操作し、状態をディクショナリ―群内に保持します。これらは NavigationHelper クラスにより提供されますが、全体としては SuspensionManager がこれらのオーナーです。この SuspensionManager により、App クラスは最終的にこの状態をディスクに保存します。どこで行うかといえば、Suspending イベントハンドラ内です。これは、SuspensionManager に保存を依頼することによって発生します。 そこで、アプリがバックアップを行うときに、SuspensionManaer を使って、当該 Frame を登録しなければならないわけです。そして、アプリは、PreviousExecutionState が…

0

“Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの開発”(MVP Community Camp 2014)DEMO 解説 #1:シンプル Prism アプリ

皆様、こんにちは! 土曜日は、Prism for Windows Runtime のセッションに参加いただきありがとうございました。 早速ですが、セッションでお約束したデモのソースコードと解説を順次紹介していきたいと思います。 まずは、スライドシェアのURLです。こちらにシェアしましたので、ぜひご覧ください! <Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発> Windows 8.1 におけるストア ビジネスアプリの設計と開発 from Shotaro Suzuki DEMO #1 :―シンプルなPrism for Windows Runtime を使ったシンプルなアプリ作成について 今回は、このデモについて、詳述したいと思います。スライドの問題意識としては、こちらに書いた通りですね。 デモでお見せした通り、最初にやるべきは、Visual Studio で新しい無印アプリケーションを作成します。それができあがったら、ソリューションエクスプローラーの”参照”セクションを右クリックして、“NuGet パッケージの管理” ダイアログボックスを出して、Prism ライブラリを検索して、インストールします。 次のステップは、アプリのベースクラスを、Application から MvvmAppBase に変更することです。これは、App.xaml.cs ファイルおよび App.xaml ファイルの両方について行います。変更済みの App.xaml.cs ファイルはこの通りです。 1: using Windows.ApplicationModel.Activation; 2: using Microsoft.Practices.Prism.StoreApps; 3: using System.Threading.Tasks; 4:  5: namespace App4…

0

Prism for Windows Runtime 8.1 対応最新版、MVP Community Camp 2014 東京会場、ランチセッションでお話します!

皆様、こんにちは! 3月22日のMVP Community Camp 2014、参加される方も多いかと思います。 こちら、サイト構成がちょっと複雑ですが、下記の2つをご覧戴ければわかるようになっています。 ・ MVP Community Camp 2014 サイト ・ Event サイト(登録サイト) 問題は、・・・ここにタイトルだけ出ていて概要がなく分かり難いこと(笑)!間もなくアップデートされる予定ですが、こちら、ここでご紹介しておきますね。 — 昨年リリースされた Prism for the Windows Runtime は、Windows ビジネスストアアプリ開発のためのMVVM(Model-View-ViewModel ) フレームワークとサンプル実装のセットです。このドキュメントでは、MVVM の実装サンプルのみならず、ビジネスストアアプリの設計・開発に必要な要素全般(UI設計・デザイン、画面遷移、データ、サービス連携、セキュリティ、認証、テスト、配布、等々)に一通り触れられています。8.1対応版では、さらにいくつかの点で強化がなされています。このセッションでは、この 8.1 対応版の概要と利用方法を、デモを交えてご紹介します。 — ということで、何のことはない、例によってPrism for Windows Runtime 8.1 版のお話メインでした。 PDF はまだですが、上記にある通り、日本語Webサイトはあります。こちらのブログ記事にもフィーチャーだけは書いてあります。 http://blogs.msdn.com/b/shosuz/archive/2014/01/09/c-xaml-windows-prism-windows-windows-8-1.aspx 内容的にはランチを食べながら聞くには盛りだくさんでちょっとヘビーかもしれませんが(笑)、セッションではポイントを絞ってご紹介していきますので、ぜひご出席ください。 Appendix が例によって多くなりそう(笑)・・・。 サンプルソース等は、終了後、このBlogでまたご紹介する予定です。 それでは、また(^^)/   鈴木 章太郎

0

“C#、XAML、Windows ランタイム向けの Prism を使った Windows ストア ビジネス アプリの開発”、 Windows 8.1対応版、リリース(ただし英語版)!

皆様、あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願いします。 本日は、表題のドキュメント、Prism for Windows 8.1 対応版(英語版)のリリースのお知らせです。日本語版は・・・少々お待ちください。 このドキュメントは、昨年後5月にリリースされた、Windows 8 対応版の更新版に当たりますので、そちらに関しては下記のエントリを参照してください。 ・ 日本語版 ”C#、XAML、Windows ランタイム向けの Prism を使った Windows ストア ビジネス アプリの開発”、公開! ・ PDF 版 “C#、XAML、Windows ランタイム向けの Prism を使った Windows ストア ビジネス アプリの開発”、本日配布開始! このガイダンスでは下記をフィーチャーしています: pages、touch、navigation、settings、suspend/resume、search、tiles、及び、tile notifications の実装 Model-View-ViewModel (MVVM) pattern の実装 ユーザー入力の検証 validate user input  manage application data の方法 test your app and tune its performance の方法  …

0

PDF 版 “C#、XAML、Windows ランタイム向けの Prism を使った Windows ストア ビジネス アプリの開発”、本日配布開始!

皆様、こんにちは! 本日、HQのPatterns & Practices チームの担当 Program Manager から連絡があり、オンライン版に続き、PDF ファイルが Live になりました!ぜひご利用ください。 このガイダンスは、MVVM だということで、難解だとか、私には関係ないとか思われている方もおられるようですが、決してそんなことはないです。かなり平易に解説してありますし、また、ビジネスストアアプリとして必要な要素や、キーテクノロジー、アーキテクチャー、画面遷移の考え方、等々幅広いトピックに触れてありますので、業務アプリを開発する方には、読んでみて絶対に損になることはありません。 私も日本語訳のレビューをした他、実は何か所か翻訳にもかかわっています(笑)。力作ですので是非印刷してお手元において、サンプルコードを試してみてくださいませ。 — 追加情報 The sample code can be found here: Prism for the Windows Runtime Library and AdventureWorks Shopper sample app. — これを使ったセミナーをやりたいんですが、なかなか・・・取り急ぎ、年末に、ちょっとだけ Windows 8.1 Advent Calendar に参加しているので、その中のネタとして書くかもしれません。Blog 記事はこれからですね(笑)遅れていてすみません。 なお、この文書及びサンプルの 8.1 対応は進行中なはずです。追ってまたお知らせできれば。 どうぞご利用ください! 鈴木 章太郎

0