年末年始に Windows Azure Toolkit for Social Games を使ってみよう!– (2)

皆様、こんにちは!さて、(1)に引き続き、ここからは簡単な Tankster の概要解説です。 Tankster – まず手始めに こちらからソリューションのフルソースコードをダウンロードします。このページにもリンクがあります。ローカルのWindows Azure Compute Emulator と ローカルの SQL Server インスタンスを使って、Tankster サンプルゲームを使い始めることができます。 セットアップの実行 サンプルパッケージを解凍した Setup.cmd コマンドスクリプトを、管理者権限で実行します。 このスクリプトにより、コンテンツインストーラーがコマンドラインで起動されます。コンテンツインストーラーは、インストールしようとするコンピューターが、このサンプルをビルドして利用するために正しくインストールできるシステム設定になっているかどうかをチェックします。 次のステップでは、インストールしようとするコンピューターが、必要とされるソフトウェアと設定を包含しているか、をチェックします(Dependency Checker)。 ※ おそらく、Windows Identity Foundation 4.0 英語版 SDK をインストールされている方は少ないと思いますが、Runtime ではなく、SDK が必要になります。 もし、必要なソフトウェアや設定、および前提となるソフトウェアがインストールされていないことにより、依存性が充たされていない場合には、ダイアログの右側のリンク先から、必要なソフトウェアをダウンロードできますし、通常の場合には、Web Platform Installer が起動され、インストールが行われます。 前提となるソフトウェアのインストールが終了してから、Refresh ボタンをクリックして、再度チェックを行います。チェックプロセスが終了し、すべての前提条件をクリアできたら、Close ボタンが押せるようになるので、押して先に進みます。 続いてのステップでは、立ち上がっているコンソールウィンドウにスイッチし、コンテンツインストーラーが起動されたことと、全ての依存関係にあるモジュールがインストールされたことを確認します(Y:N)。Y:をクリックすると、セットアップスクリプトが起動され、ローカルのSQL Server にデータベースを作成します。 この セットアップスクリプトにより、ローカルの SQL Express Server インスタンス(.\SQLExpress)内に、Tankster データベースを作成します。Windows 認証を使用して接続します。もし、他の SQL Server インスタンスをこのサンプル実行のために使いたい場合には、Visual Studio…

0

年末年始に Windows Azure Toolkit for Social Games を使ってみよう!– (1)

皆様、こんにちは! 年末も押し迫ってきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 私も家族でいろいろなアクティビティをこなしているところですが、昨夜、いきなり娘の具合が悪くなり、かなり慌てて対応し、今のところ落ち着いている模様です(よかった!Blog 書きかけだったので、Tweet している暇もなし(^^;)ゞ…今日は午後予定通りお出かけします!) さて今回は、夏頃に最初の1.0が出た Windows Azure Toolkit for Social Games (現在は1.2)について、簡単にご紹介をしておきます。 このツールキットは、Windows Azure の Blob、Table、Queue、そして SQL Azure を利用することにより、ユーザーデータや、ゲームデータを、セキュアに保存し、ソーシャルゲームの信頼性を高め、スケーラブルにすることができるツールキットです。また、認証には、ACS を用いており、Live ID、Google ID、Yahoo ID、そして Facebook、その他多くのパブリックな Idp を利用することができます。 ものの性質上なかなか普段はこのツールキットに触れられないという方も、お休み中にVisual Studio でソリューションを開いてみて、デバッグ実行し、全体のソースコードを眺めるには最適の素材ではないでしょうか? 実際、最近、刷新された Windows Azure のポータルでも、一カテゴリというか重要なピラーの一角を占めています(その隣は、いつもご紹介している Mobile ( WP/iOS/Andoroid )ですね!) これからどんどんコンテンツが充実してくるはずですので、ぜひご期待戴ければと思います。特にスケーラブルで、高トランザクションで、信頼性が高い、Azure のサービスを作ろうと思っている開発者には、ゲームに限らず、ビジネスサイトや、EC サイトその他 Web アプリケーションの構築においても、参考になるところが多いと思います。 ※ 同じ目的では、Patterns & Practices のTailSpin 等も参考にして戴けますが、Autoscaling や WPクライアントの Rx をはじめかなり最新の実装になっているのと、とにかく分量が多いので、まずは今回のToolkit を取り上げたいと思います。追ってP&Pの方も取り上げていきます。 Windows…

0

iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発記事、連載開始 on MSDN Azure Developer Center

皆様、こんにちは。 以前こちらでも予告しました通り、本日より、MSDNのAzure デベロッパーセンター内で、iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発の連載記事がスタートしました。 iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発 – Windows Azure Toolkit for iOS を使った基本的な開発方法のご紹介 – これは、文字通り、Windows Azure Toolkit for iOS を使ってWindows Azure 連携アプリケーションを構築してみよう、という意欲的?な企画です。 ぜひよろしくお願いします。 ここには一応、下記のような予定で、執筆記事の予定が書いてあります。 — 第 1 回 iOS 用 Windows Azure ツールキットご紹介と開発環境の構築 iOS 用 Windows Azure ツールキットの概要と、開発環境の構築方法について学習します。 第 2 回 ホステッド サービス/ストレージ アカウントの作成・デプロイ [公開予定日: 2011 年 12 月…

0

Windows Azure Toolkit for Windows Phone の簡単インストール方法について

皆様、こんにちは! 先日、Twitter上で、簡単なインストール方法について解説してとのご要望を戴きましたので、改めて、手順を示しておきますね。ぜひご参考まで。 ここでは、開発ツールが何も入っていないマシンを前提に解説します。 ※ 既に開発マシンにVisual Studio がインストール済みの方は、下記のWeb Platform Installer により、適切なアドインが選ばれますので、それだけをインストールすれば足りますので、ご注意ください。 Microsoft Web Platform Installer 3.0 を使用したインストール 1. 以下のサイトにアクセスします。 http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx 2. ページ内の [今すぐダウンロード] ボタンクリックします。 3. ファイルをダウンロードし、実行します。 4. Microsoft Web Platform Installer 3.0 ウィンドウが表示されたら、ウィンドウの[プロダクト]を選択します。 5. アプリケーションの一覧の中から、以下の [追加] ボタンを選択します。 · ASP.NET MVC 3 · Visual Web Developer Express 2010 SP1 · SQL Server Express 2008 R2 · IISの推奨される構成…

0

Windows Azure Toolkit for iOS 1.3 への更新とMSDNでのiOS + Azure 開発者向け記事執筆予定のお知らせ

皆様、こんばんは! まずは、先日のわんくま勉強会#65東京勉強会でもご紹介したのですが、あまり皆さんご存知なかった、Windows Azure Toolkit for iOS の 1.3 への更新の話です。 ※ちなみにわんくま勉強会#65東京のスライドはこちら。 こちら、実は今月の初旬に、Updateがされていまして、新しくバグフィックスやコードの見直しがなされています。実際に見てみると、APIも変わり、特にStorageに関する操作メソッドが追加になったりしているのと、WA~ というライブラリの名前自体も変更になっています。ぜひ最新版にしてご利用ください。 環境設定としては、下記のスライドにある通りで特に変更はなく、設定して戴ければ、特に難しいところはありません。 ただし、Xcode は新しくなり、4.2になっていますので、新たに追加されたStoryboard、メモリ管理を自動化するARC(Automatic Reference Counter)等の新機能、アプリケーションテンプレートの変更に関しては、別途注意が必要となってきます。 その意味では、本ツールキットを使った、iOS + Azure の開発者向け記事として、iOS から Windows Azure のサービスを利用するための基本的な開発方法のご紹介を、MSDNで近日連載開始しますので、どうぞそちらもお楽しみに!開始する頃には、また告知しますね。 鈴木 章太郎

0

WAT for WP/iOS in 技術ひろば.net

皆様、こんばんは! さて、土曜日に技術ひろば.netに登壇させて戴きました。ネタはWAT for WP/iOSですが、若干スライド内容にUpdateを施してありますので、ぜひ技術ひろばのサイトよりダウンロードしてご利用ください。特にPushとSASの箇所は少し説明スライドを追加しました。 出て戴いた方々、他の強力な某イベント開催の裏で、ご出席いただき誠に有難うございますw なお、今回のデモでは、BabelCamのWAT for WP 最新 1.3.1版や、そのスクラッチの開発のデモをさっそくご紹介しました。Blob等のデモの箇所では、若干WPの方のユーザーインターフェースが変わり、Blob等のコンテナを選べるようになっていたことにお気づきかと思います。これらのストレージの権限管理は、WATのポータルサイトの方から行ってくださいね。すなわち、ストレージの操作にはAzure Storage Explorer が便利ですが、権限の管理は、このポータルから行うのが楽です。 例:iosweb.cloudapp.net の場合 どうぞよろしくお願いします! 鈴木 章太郎

0

Windows Azure Toolkit for Windows Phone ver. 1.3.1 Release!

皆様、こんにちは! Windows Azure Toolkit for Windows Phone の最新版、ver.1.3.1 がリリースされました。さっそく皆様にシェアします。 Azure SDK 1.5 には既に対応していたのですが、Windows Phone Developer Tools (RTW) にも対応となりました。 また、いくつかの点のリファクタリングが施され、Shared Access Signature サービスインターフェースも、更にいろいろな操作を行えるように改良されました。更に、SQL Azure だけを利用するシナリオ用に、ASP.NET Universal Providers (System.Web.Providers v1.0.1 NuGet package利用)が追加されました。 それに加えて、Wade が予告していた通り、新しいサンプルアプリケーションも含まれているようです。Tweet Your Blobs と CRUD SQL Azureですね。 ぜひ皆様お試しください。私もさっそく各種イベント登壇等でご紹介したいと思っています。 鈴木 章太郎

0

MVP Open Day 2011、ご来場誠に有難うございました!

皆様、MVP Open Day、お疲れ様でした&有難うございました。 今回は、下記のようなセッションをやらせて戴きました。(MSCセッションの該当箇所の解説がまだですが、とりあえずこちらをまずはフォローアップということで(^^;)ゞ) 機材トラブル(プロジェクタへの投影不良)で、開始が5分遅れましたこと、大変申し訳ありませんでした。 ※ThinkPadでうまく出力されないというのは私自身ビックリでした(^^;)ゞMBA11"は難なく出てましたけどねw 資料はこちらです。なおセッションで使ったサンプルソース(Objective-C、およびASP.NET MVC等)は、(アカウント情報等を削除してw)、別途アップロードしますので、少々お待ちください。取り急ぎ、スライドの方で手順をご確認ください。 ※セッション終了後に、iOSでの開発もされているというMVPの方から、貴重なアドバイスを戴きました。それは、P.42の認証の箇所について、「WAAuthenticationCredentialのところで、同期メソッド(authenticateCredentialsSynchronousWithProxyURL:)で認証をするのはおかしいのではないか」とのご指摘です。 有難うございます。まったくご指摘の通りです。その際にもお答えしました通り、こちらはCloud Ready Packageの作成時に、Membershipプロキシを選択した場合に、わかり易いであろうと思って採用したまででございます。決して実アプリでこのような認証ロジックをすべきではありませんので、念のため。そのあとの、ACSの部分のコードは参考にして戴けるかと思います。 このネタは、一部、今週29日の技術ひろば.NETでもご紹介しますし、11月のわんくま勉強会でも、ご紹介予定です。そして、それら勉強会も含め、今後の予定としては、さらに実践的なサンプルを作り、Azureにデプロイして、ソリューションサンプルとしてお見せできるレベルのものを、(実機デモも交え)ご紹介する予定ですので、お楽しみに! 今後とも何卒よろしくお願いします。 鈴木 章太郎

0

MSC2011 D3-303 “Windows Phone/iOS/Android から Windows Azure を利用する” session follow up – Part 3 : スクラッチでのソリューション開発 – 5 Windows Azure への展開

皆様、こんにちは! このシリーズも、8回目のエントリーですね。お付き合い戴き誠に有難うございます。 この後は、Windwos Azure Toolkit for iOS 編のご紹介となります。これと並行して、いま 佐藤直生 が、Andoroid 編をしっかりと纏めてくれますので、そちらを(おそらくこちらも2-3回かな?)読んで戴ければ、今回のセッションの全貌が明らかになることになります。 さて、本日は、ローカル環境→Windows Azure への展開について、注意点をまとめてご紹介していきたいと思います。 新規で Windows Phone Cloud Application プロジェクトをテンプレートを使って作成した場合、これを、実際の Windows Azure ホステッドサービスにどのようにデプロイするか、というお話ですね。次のステップでやってみてください。 証明書の作成 まず、こちらから、Visual Studio Command Prompt を管理者権限で起動します。 次いで、適当なフォルダを作り(例;C:\TempCert 等)、そのフォルダに移動します。 そして、下記のコマンドで、自分の作ったサービス用の証明書を作ります。<CertificateName> の箇所を、置換してみてください。 例として、私の場合は、wp7sol1 なので、こうなります。 makecert -sky exchange -r -n "CN=wp7sol1.cloudapp.net" -pe -a sha1 -len 2048 -ss My "wp7sol1.cloudapp.net.cer" 注意 : makecert ツールを使うと、.cer 証明書ファイルの作成と、その作成された証明書を当該PCの証明書ストアへの登録、の2つが実行されます。詳しくは下記記事をご参照ください。 http://msdn.microsoft.com/en-us/library/gg432987.aspx. PFXファイルのエクスポート…

0

MSC2011 D3-303 “Windows Phone/iOS/Android から Windows Azure を利用する” session follow up – Part 3 : スクラッチでのソリューション開発 – 4 Tables/Blobs/Queues/SQL Azure

Tables、Blobs 及び Queues の利用 新規 Windows Phone Cloud Application の作成の箇所で、Windows Azure Storage のサポートにチェックを入れた場合、Windows Azure に格納されている、Tables、Blobs、Queues、にアクセスすることができます。そのためのステップは以下の通りです。 フリックまたはパンで、画面を左側に移動して、Tables Pivot アイテムに遷移します。そうすると、Windows Azure Storage の中で、利用可能な Table がわかります。 アプリケーションバーの中にあるプラスボタン () をクリックすると、新テーブルが追加でき、また、Table 名の隣にある削除ボタン()をクリックすると、 当該 Table を削除できます。 ここのソースコードを見てみましょう。Pivot アプリケーションで、MVVM を採用して開発されているため、処理はおもに ViewModel フォルダにまとまっています。この中では、上記のボタンの動き、NewTable()、DeleteTable()、あたりのメソッドを確認しておいてください。 1: namespace WPCloudApp5.Phone.ViewModel 2: { 3: using System; 4: using System.Globalization; 5: using System.Linq; 6: using System.Windows; 7: using System.Windows.Threading;…

0