5/29-30 de:code セッション SV-007 “パワフル モバイル アプリ開発 ~ 最新 Microsoft Azure Mobile Services をフル活用しよう!~ ” フォローアップ (4)

皆様、こんにちは!多くの方に (1)  (2) (3) を読んでいただいて、大変感謝しています。 今回は、4番目のセッションフォローアップである、Microsoft Azure Active Directory 連携、に行きたいと思います。 セッションでもご紹介した通り、主に、Azure ポータル上で必要な手順と、ADAL(Active Directory Authentication Library)を使ったネイティブアプリの認証コードの記述、に分かれますので、順にご紹介していきます。 1.Azure ポータル上で必要な手順ーWebアプリ(Mobile Services のプロキシであるWebSites)の登録 まず最初に、アプリが Azure Active Directory を認証プロバイダーとして使用してMobile Services にログインできるように登録する方法をご紹介します。 Azure ポータルにログインし、Mobile Services タブをクリックして、対象のMobile Services をクリックします。 Identity(ID)タブをクリックします。 Azure Active Directory の箇所まで、当該セクションをスクロールダウンし、リストされている アプリケーション URL をコピーします。   管理ポータルから Active Directory に移動し、自分で作った Active Directory をポイントします(まだ作ってない場合には、新規作成ですぐに作りましょう)。もちろん、ユーザーも登録しておく必要があります。   アプリケーション タブをクリックし、 アプリを 追加します。 画面下部の追加ボタンを押して、組織で開発中のアプリケーションを追加 をクリックします。…


5/29-30 de:code セッション SV-007 “パワフル モバイル アプリ開発 ~ 最新 Microsoft Azure Mobile Services をフル活用しよう!~ ” フォローアップ (3)

皆様、こんにちは!さっそく多くの方に (1) と (2) を読んでいただいて、大変感謝しています。 続いて、今回は、3番目のセッションフォローアップである、オフラインサポートの実装、に行きたいと思います。 サービス側のデータの確認 スーパーマーケット従業員のToDo リストを作ります。まずは、(1)でご紹介した Mobile Services 側のアプリで、忘れずに ToDoItem テーブルに適当な初期データを作成しておいてください。もし未だの場合には、下記の通り、WebApiConfig.cs の Seed メソッド内に追加し、もう一度、Azure に発行しておいてください。下記がその例です。このデータは、フォローアップ(5)の Xamarin 対応の箇所でも使います。 1: ・・・ 2: List<TodoItem> todoItems = new List<TodoItem> 3: { 4: new TodoItem { Id = "1", Text = "商品の棚卸をする", Complete = false }, 5: new TodoItem { Id = "2", Text = "レジ周りを片付ける", Complete…


5/29-30 de:code セッション SV-007 “パワフル モバイル アプリ開発 ~ 最新 Microsoft Azure Mobile Services をフル活用しよう!~ ” フォローアップ (2)

皆様、こんにちは!多くの方に(1)をご参照いただき、感謝です。引き続き、(2)に入りたいと思います。今回は、Windows ストアアプリ側の CRUD 処理ですね。 これに関しては、参加者向けの事前公開資料の中にある、Windows 8.1 ビジネス ストアアプリ開発-ハンズオンラボ.zip のUI(XAML)をそのまま使うという話をさせていただきました。こちらは、参加者の皆様に限り、ダウンロードできるようになっていますので、参加された方は、メール等に記載されている URLを参照して戴き、ZIP(の中にあるPDFやプロジェクトファイル等)をダウンロードしてください。 というわけで、このフォローアップは、本 de:code イベント参加者向けのセッションフォローアップですので、ここでは、その(ストアアプリ内にある)XAMLがあることを前提に、セッションでご紹介したクライアント側の CRUD の処理をご紹介したいと思います。ご了承くださいませ。 Mobile Services のエンドポイントの追加 まずは、当該 ストアアプリ部分を、ハンズオンラボの手順に従って追加して戴きます。その後、App.xaml.cs を開き、下記の部分をエンドポイントとして追加してください。これにより、CRUD(新規作成、読み取り、更新、削除)処理が可能となります。 1: ・・・ 2: /// <summary> 3: /// 既定の Application クラスに対してアプリケーション独自の動作を実装します。 4: /// </summary> 5: sealed partial class App : Application 6: { 7: //Mobile Services エンドポイント 8: public static MobileServiceClient MobileService = new MobileServiceClient(…