年末年始に Windows Azure Toolkit for Social Games を使ってみよう!– (2)

皆様、こんにちは!さて、(1)に引き続き、ここからは簡単な Tankster の概要解説です。 Tankster – まず手始めに こちらからソリューションのフルソースコードをダウンロードします。このページにもリンクがあります。ローカルのWindows Azure Compute Emulator と ローカルの SQL Server インスタンスを使って、Tankster サンプルゲームを使い始めることができます。 セットアップの実行 サンプルパッケージを解凍した Setup.cmd コマンドスクリプトを、管理者権限で実行します。 このスクリプトにより、コンテンツインストーラーがコマンドラインで起動されます。コンテンツインストーラーは、インストールしようとするコンピューターが、このサンプルをビルドして利用するために正しくインストールできるシステム設定になっているかどうかをチェックします。 次のステップでは、インストールしようとするコンピューターが、必要とされるソフトウェアと設定を包含しているか、をチェックします(Dependency Checker)。 ※ おそらく、Windows Identity Foundation 4.0 英語版 SDK をインストールされている方は少ないと思いますが、Runtime ではなく、SDK が必要になります。 もし、必要なソフトウェアや設定、および前提となるソフトウェアがインストールされていないことにより、依存性が充たされていない場合には、ダイアログの右側のリンク先から、必要なソフトウェアをダウンロードできますし、通常の場合には、Web Platform Installer が起動され、インストールが行われます。 前提となるソフトウェアのインストールが終了してから、Refresh ボタンをクリックして、再度チェックを行います。チェックプロセスが終了し、すべての前提条件をクリアできたら、Close ボタンが押せるようになるので、押して先に進みます。 続いてのステップでは、立ち上がっているコンソールウィンドウにスイッチし、コンテンツインストーラーが起動されたことと、全ての依存関係にあるモジュールがインストールされたことを確認します(Y:N)。Y:をクリックすると、セットアップスクリプトが起動され、ローカルのSQL Server にデータベースを作成します。 この セットアップスクリプトにより、ローカルの SQL Express Server インスタンス(.\SQLExpress)内に、Tankster データベースを作成します。Windows 認証を使用して接続します。もし、他の SQL Server インスタンスをこのサンプル実行のために使いたい場合には、Visual Studio…

0

年末年始に Windows Azure Toolkit for Social Games を使ってみよう!– (1)

皆様、こんにちは! 年末も押し迫ってきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 私も家族でいろいろなアクティビティをこなしているところですが、昨夜、いきなり娘の具合が悪くなり、かなり慌てて対応し、今のところ落ち着いている模様です(よかった!Blog 書きかけだったので、Tweet している暇もなし(^^;)ゞ…今日は午後予定通りお出かけします!) さて今回は、夏頃に最初の1.0が出た Windows Azure Toolkit for Social Games (現在は1.2)について、簡単にご紹介をしておきます。 このツールキットは、Windows Azure の Blob、Table、Queue、そして SQL Azure を利用することにより、ユーザーデータや、ゲームデータを、セキュアに保存し、ソーシャルゲームの信頼性を高め、スケーラブルにすることができるツールキットです。また、認証には、ACS を用いており、Live ID、Google ID、Yahoo ID、そして Facebook、その他多くのパブリックな Idp を利用することができます。 ものの性質上なかなか普段はこのツールキットに触れられないという方も、お休み中にVisual Studio でソリューションを開いてみて、デバッグ実行し、全体のソースコードを眺めるには最適の素材ではないでしょうか? 実際、最近、刷新された Windows Azure のポータルでも、一カテゴリというか重要なピラーの一角を占めています(その隣は、いつもご紹介している Mobile ( WP/iOS/Andoroid )ですね!) これからどんどんコンテンツが充実してくるはずですので、ぜひご期待戴ければと思います。特にスケーラブルで、高トランザクションで、信頼性が高い、Azure のサービスを作ろうと思っている開発者には、ゲームに限らず、ビジネスサイトや、EC サイトその他 Web アプリケーションの構築においても、参考になるところが多いと思います。 ※ 同じ目的では、Patterns & Practices のTailSpin 等も参考にして戴けますが、Autoscaling や WPクライアントの Rx をはじめかなり最新の実装になっているのと、とにかく分量が多いので、まずは今回のToolkit を取り上げたいと思います。追ってP&Pの方も取り上げていきます。 Windows…

0

iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発記事、連載開始 on MSDN Azure Developer Center

皆様、こんにちは。 以前こちらでも予告しました通り、本日より、MSDNのAzure デベロッパーセンター内で、iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発の連載記事がスタートしました。 iOS x Windows Azure 連携アプリケーション開発 – Windows Azure Toolkit for iOS を使った基本的な開発方法のご紹介 – これは、文字通り、Windows Azure Toolkit for iOS を使ってWindows Azure 連携アプリケーションを構築してみよう、という意欲的?な企画です。 ぜひよろしくお願いします。 ここには一応、下記のような予定で、執筆記事の予定が書いてあります。 — 第 1 回 iOS 用 Windows Azure ツールキットご紹介と開発環境の構築 iOS 用 Windows Azure ツールキットの概要と、開発環境の構築方法について学習します。 第 2 回 ホステッド サービス/ストレージ アカウントの作成・デプロイ [公開予定日: 2011 年 12 月…

0

Windows Azure Toolkit for Windows Phone の簡単インストール方法について

皆様、こんにちは! 先日、Twitter上で、簡単なインストール方法について解説してとのご要望を戴きましたので、改めて、手順を示しておきますね。ぜひご参考まで。 ここでは、開発ツールが何も入っていないマシンを前提に解説します。 ※ 既に開発マシンにVisual Studio がインストール済みの方は、下記のWeb Platform Installer により、適切なアドインが選ばれますので、それだけをインストールすれば足りますので、ご注意ください。 Microsoft Web Platform Installer 3.0 を使用したインストール 1. 以下のサイトにアクセスします。 http://www.microsoft.com/web/downloads/platform.aspx 2. ページ内の [今すぐダウンロード] ボタンクリックします。 3. ファイルをダウンロードし、実行します。 4. Microsoft Web Platform Installer 3.0 ウィンドウが表示されたら、ウィンドウの[プロダクト]を選択します。 5. アプリケーションの一覧の中から、以下の [追加] ボタンを選択します。 · ASP.NET MVC 3 · Visual Web Developer Express 2010 SP1 · SQL Server Express 2008 R2 · IISの推奨される構成…

0