PDC Japan 2010、ご来場誠に有難うございました – HTML5 with Internet Explorer 9 フォローアップ

皆様、こんにちは! 先週のPDC Japan 2010、お忙しいところご来場有難うございました。私のセッションにも多くの方にご来場いただき、誠に感謝しております。 早速セッション内容の解説をしていきたいと思います。 1.The Beauty of the Web http://www.beautyoftheweb.com/ 自己紹介に続いてw、最初にこちらのデモサイトから、幾つかデモを見て戴きました。 ・iMDB Videoタグの端的な使い方のご紹介として ・The Shodo Video/Audio/Canvas これらのタグの使用例として。デザインのコンセプトについて。 ・eBay Deals Drag & Drop API の実装例として IE9のBetaのリリース時に合わせて作られたショーケースです。まだご覧戴いていない方は是非ご覧ください。 2. セッション内容 持ち帰って戴きたい事としては、下記の3つでした。纏めも同様です。 ・HTML5 は Web の未来 我々もこれに投資しており、W3Cにも多くのリソースを投入して、製品開発に即時反映しようとしていること、そしてIE9ではここが非常に強く意識されていること ・IE9 とVisual Studio / Expression Web で快適にHTML5 のプログラミングが可能 Visual Studio 及び Expression Web そしてそれらのアドインを使うことにより、新しいタグやマークアップの記述、そしてJavascriptの実装が非常にやり易いこと等 ・HTML5 を適材適所で推進することは極めて重要 HTML5だけでは現在のところ実装が難しいところも多々あります。そこで、Web ブラウザーのプラグインでしか実現できないところと、現状の HTML5 による実装で十分なところをよく理解して、アーキテクトが適用要件を見極めて、実装技術を決定すべきであるということ Silverlightでなければできないこと、例えばプレミアムなメディア体験(著作権保護を含む)、業務アプリケーションにおけるディレクトリサービスとの連携やローカル(COM資産等)との連携、は多々あります。…

0

Windows 7 アプリ投稿キャンペーン連動企画 – Sensor & Location Platformにおける実装(WPF4/Silverlight4)

皆様、こんにちは! 本日は、Windows 7 アプリ投稿キャンペーン連動企画 – Windows 7最新機能実装アプリケーション開発セミナー に足を運んでいただき、誠に有難うございます。 私のセッション、ちょっと時間が押してしまい申し訳ありませんでしたが、使い方も、意外とハードルが低いことがお分かりいただけたのではないかと思います。 ※こちらにスライドがありますので、ダウンロードしてみてください。ソースコードも(WPF及びSilverlight 4 OOBアプリケーション)公開しています。なお、SL4アプリケーションは、こちらのSensor7.NETをインストールする必要があります。 1.Webページのリンク セッション内でご紹介した内容に関するWebページのリンクを下記にご紹介しておきます。 ・Windows Sensor and Location プラットフォーム http://www.microsoft.com/japan/whdc/device/sensors/default.mspx ・Windows® API Code Pack for Microsoft® .NET Framework http://code.msdn.microsoft.com/WindowsAPICodePack ・Windows 7 で実現する新しいアプリケーションの世界を動画でみよう  http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ff423757.aspx 2. センサー&ロケーションプラットフォーム解説 Windows 7に備わる「センサー&ロケーション」プラットフォームは、さまざまなセンサデバイスが取得した情報やGPSなどのロケーション情報を活用する共通の基盤であり、NET Framework 4やWPF 4で簡単にデータを活用できるAPI群を有しています。 従来のIT技術はどちらかというと、時間と空間の制約を極小化するという目的に進化してきました。それに対してセンサー&ロケーションプラットフォームは、多様な環境の情報を取り込み、バーチャルとリアルを融合することができます。当該データをBing Mapと組み合わせてマッシュアップしたり、Azureのクラウドストレージにデータをため込んで分析したり、という新しい取り組みが可能になります。 3.センサープラットフォームの利用とプログラミング センサーでできること センサーで広がるPCの可能性として、下記のようなものが挙げられます。 •人感センサー ◦オフィスの座席のプレゼンス情報 ◦ディスプレイの自動OFF→エコにつなげる •加速度センサー ◦モーションによる自然なユーザーインターフェイス •温度センサー ◦室内温度計測と、パーソナル空調制御 •電力センサー ◦家電エコ •脳波センサー…

0

Silverlight 4におけるアプリケーション要件への挑戦 – Printing

皆様、こんにちは!本日はSilverlight 4 の印刷機能につき、ご紹介したいと思います。 印刷機能 Silverlight 4 は、レポートやドキュメントの印刷を可能にする API を搭載しています。画面 UI とは異なる印刷プレビューを作成、表示することも可能です。ページの印刷と、印刷イベントをサポートしています。具体的なサンプルアプリケーションでこの点を詳しく見てみましょう。 印刷 – Print Document クラス PrintDocumentという印刷用のオブジェクトがあります。これをまず生成します。イベントとしては、PrintPageが重要です。印刷ページ毎にこのPrintPageのイベントが走るので、ここで印刷の処理を行うということになります。実際の実装は非常にシンプルです。下記のソースコードをご覧ください。 印刷処理 PrintDocument pd = new PrintDocument(); pd.DocumentName = “印刷文書名”; // 印刷ドキュメント名 pd.PrintPage += (s, args) => // ページ印刷ごとのイベント発生 { args.PageVisual = LayoutRoot; // ①PageVisualの利用 args.HasMorePages = false; // ②HasMorePagesプロパティ }; pd.EndPrint += (s, args)=> //印刷終了時のイベント発生 { MessageBox.Show(“印刷完了”); } pd.Print();…

0

Silverlight 4におけるアプリケーション要件への挑戦 – Right Click Menu & Mouse Wheel

作業効率向上 Silverlight 4では、アプリケーションを開発する際、右クリック、マウスホイール、フルスクリーン時のキーボード入力の活用など、ユーザーの作業効率を高める機能を実装することができます。 右クリックメニュー 業務アプリケーションに必須の機能として、右クリックの実装が可能になったことは非常に重要です。 これまでのSilverlightのアプリケーション上で右クリックすると“Silverlight”というメニュー(設定項目)しか出てこなかったからです。実装方法については、下記のソースで処理を見てみましょう。 右クリックメニューの実装方法 public MainPage() { mediaElement.MouseRightButtonDown += new MouseButtonEventHandler(MouseRightButtonDownHandler); } private void MouseRightButtonDownHandler(object sender, … { e.Handled = true; // ① } private void MouseRightButtonUpHandler(object sender, … { var menu = new MyCustomMenuControl(mediaElement); menu.Show(e.GetPosition(LayoutRoot));   ・・・ ① そのまま右クリックすると “Silverlight”のメニューが出てしまいますので、この段階でHandleして、当該メニューが出ないようにしておきます。 この後、MouseRightButtonDownの箇所で、自分で実装したメニューを出すというような処理を入れても良いですし、MouseRightButtonUpの箇所で、別のメニューを出すというような処理を入れても良いのですが、“ContextMenu”のコントロールは存在していない、という点には注意が必要です。 そこで、実装する必要がある訳ですが、この点で、参考になるソリューションとして、Silverlight 4 Training Kitにある前述のRichTextBoxソリューションで、この点を確認してみましょう。   場所はC:\Silverlight4\Labs\RichTextBox\Source\Ex02\Endです。処理は下記の通りです。 ContextMenuの実装 <MainPage.xaml.cs> … //Mouse Events BEGIN…

0