日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect(); – ④ Multi device development of hybrid apps for iOS, Android and Windows with Visual Studio Tools for Apache Cordova

皆様、こんにちは! このシリーズ、次は④番目、Apatche Cordova による Hybrid Apps のお話です。 表題のタイトルにある、Connect();イベント、昨年末のオンラインイベントなので覚えておられる方も多いかと思います。これに関連して、このブログエントリについて、何件かのお問い合わせを、日本のお客様やパートナー様から戴きました。お答えしているうちに、この内容には、ソースコードもありせっかくの良いリソースなので、日本語でも紹介しよう!と思いつきました。そこで、Microsoft 本社のアーキテクトである、Cesar de la Torre [MSFT]と連絡を取り、彼の許諾を得て、本ブログエントリーシリーズ(全5回)の翻訳を行うことになりました。まだ5個目の5.のエントリが書かれていませんが、Cesar によれば、追って更新されるそうです。またソースコードも随時更新の予定とのこと。ぜひお付き合いください!(徐々に公開していきますので、お待ちください(^^)) ※ オリジナルのブログのURLはこちらです。 Cesar de la Torre – Software Architect at Microsoft Corp. Redmond, Seattle, U.S. Original Blog URL: http://blogs.msdn.com/b/cesardelatorre/archive/2014/11/30/myshuttle-biz-demo-apps-from-connect-visual-studio-and-azure-event.aspx   (The original blog URL might be different depending on the post, of course) このブログエントリ(HTML/JavaScript & TypeScript と、Apache Cordova コンテナを使用したハイブリッドモバイルアプリケーションの開発)は、MyShuttle.biz apps によって実装された異なるシナリオをカバーする、このブログシリーズの4番目です。 1….

0

日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect(); – ③ Cross-platform Mobile Development of native apps for iOS, Android and Windows with .NET and Xamarin

皆様、こんにちは! このシリーズ、次は③番目、Xamarin iOS/Android と、Universal Apps のお話です。 表題のタイトルにある、Connect();イベント、昨年末のオンラインイベントなので覚えておられる方も多いかと思います。これに関連して、このブログエントリについて、何件かのお問い合わせを、日本のお客様やパートナー様から戴きました。お答えしているうちに、この内容には、ソースコードもありせっかくの良いリソースなので、日本語でも紹介しよう!と思いつきました。そこで、Microsoft 本社のアーキテクトである、Cesar de la Torre [MSFT]と連絡を取り、彼の許諾を得て、本ブログエントリーシリーズ(全5回)の翻訳を行うことになりました。まだ5個目の5.のエントリが書かれていませんが、Cesar によれば、追って更新されるそうです。またソースコードも随時更新の予定とのこと。ぜひお付き合いください!(徐々に公開していきますので、お待ちください(^^)) ※ オリジナルのブログのURLはこちらです。 Cesar de la Torre – Software Architect at Microsoft Corp. Redmond, Seattle, U.S. Original Blog URL: http://blogs.msdn.com/b/cesardelatorre/archive/2014/11/30/myshuttle-biz-demo-apps-from-connect-visual-studio-and-azure-event.aspx   (The original blog URL might be different depending on the post, of course) このブログエントリ(ネイティブアプリ開発にフォーカス)は、MyShuttle.biz アプリケーションがカバーする異なるシナリオの中の3番目のブログエントリです。. 1. 日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect();…

0

日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect(); – ② ASP.NET 5 Web Apps and Services

皆様、こんにちは!ちょっと遅くなり申し訳ありません。このシリーズ、次は、②番目として、ASP.NET 5 Web Apps and Services について、ご紹介していきます。 表題のタイトルにある、Connect();イベント、昨年末のオンラインイベントなので覚えておられる方も多いかと思います。これに関連して、このブログエントリについて、何件かのお問い合わせを、日本のお客様やパートナー様から戴きました。お答えしているうちに、この内容には、ソースコードもありせっかくの良いリソースなので、日本語でも紹介しよう!と思いつきました。そこで、Microsoft 本社のアーキテクトである、Cesar de la Torre [MSFT]と連絡を取り、彼の許諾を得て、本ブログエントリーシリーズ(全5回)の翻訳を行うことになりました。まだ5個目の5.のエントリが書かれていませんが、Cesar によれば、追って更新されるそうです。またソースコードも随時更新の予定とのこと。ぜひお付き合いください!(徐々に公開していきますので、お待ちください(^^)) ※ オリジナルのブログのURLはこちらです。 Cesar de la Torre – Software Architect at Microsoft Corp. Redmond, Seattle, U.S. Original Blog URL: http://blogs.msdn.com/b/cesardelatorre/archive/2014/11/30/myshuttle-biz-demo-apps-from-connect-visual-studio-and-azure-event.aspx   (The original blog URL might be different depending on the post, of course) ASP.NET 5 and .NET Core 5 の概要については、こちらのブログエントリを見てください。 このブログエントリは、ASP.NET 5…

0

日本語版 – MyShuttle.biz demo apps from Connect(); – ① Global Introduction

皆様、こんにちは! 表題のタイトルにある、Connect();イベント、昨年末のオンラインイベントなので覚えておられる方も多いかと思います。これに関連して、このブログエントリについて、何件かのお問い合わせを、日本のお客様やパートナー様から戴きました。お答えしているうちに、この内容には、ソースコードもありせっかくの良いリソースなので、日本語でも紹介しよう!と思いつきました。そこで、Microsoft 本社のアーキテクトである、Cesar de la Torre [MSFT]と連絡を取り、彼の許諾を得て、本ブログエントリーシリーズ(全5回)の翻訳を行うことになりました。まだ5個目の5.のエントリが書かれていませんが、Cesar によれば、追って更新されるそうです。またソースコードも随時更新の予定とのこと。ぜひお付き合いください!(徐々に公開していきますので、お待ちください(^^)) ※ オリジナルのブログのURLはこちらです。 Cesar de la Torre – Software Architect at Microsoft Corp. Redmond, Seattle, U.S. Original Blog URL: http://blogs.msdn.com/b/cesardelatorre/archive/2014/11/30/myshuttle-biz-demo-apps-from-connect-visual-studio-and-azure-event.aspx   (The original blog URL might be different depending on the post, of course) このブログエントリは、MYSHUTTLE.biz サンプルアプリケーションに関する複数のブログエントリの最初のものになります。このサンプルアプリは、Visual Studio 2015 Preview と .NET 2015 Preview を使って実装されています。 ブログエントリのリストは下記の通りです:(追って順次公開していきます) 1. (本エントリ)日本語版 – MyShuttle.biz…

0

Xamarin.FormsとDynamics CRM Online との接続サンプル(Cortanaベースも含む)アプリ公開 on Github/MSDN

皆様、本年もどうぞよろしくお願いします。 さて、表題の件、最新のサンプルが公開されていますので、こちらをぜひご覧ください。 iOS 版 iOS Activity Tracker Sample app for Microsoft Dynamics CRM https://github.com/DynamicsCRM/iOS-Activity-Tracker-for-Dynamics-CRM  このネイティブアプリは、Objective-C と XCode を使って開発されています。 Android版 Android Activity Tracker Sample app for Microsoft Dynamics CRM https://github.com/DynamicsCRM/Android-Activity-Tracker-for-Dynamics-CRM こちらは、Java と Android Studio を使って開発されています。 Windows Phone 版-1 Activity Tracker Sample app for Dynamics CRM https://code.msdn.microsoft.com/Activity-Tracker-Sample-c8da7a1e こちらは、C# と Visual Studio で開発されています。 Windows Phone 版-2 Activity Tracker…

0

Xamarin と Apache Cordova と Office 365 API を使ってマルチデバイスアプリを作ろう ①

皆様、こんにちは! こちらは、Qiita の Xamain Advent Calenderの一つとなる予定です(遅くなりすみません…)。このテーマは、かなり広い領域にわたるので、このエントリーをきっかけに、個別の要素について書いていこうと思っています。その意味で、①ということで、ご了承くださいませw さて、皆さん既にご存知の Visual Studio 2015 Preview ですが、既に使ってみたよという方も多いと思います。私は、個人的には、なんといっても Android エミュレーターが一番気に入りました。非常に速いですし、デバッグ実行してても気分が良いですね。 この辺りの関連情報は、エクセルソフト田淵さんが既に先月中旬に書かれていますので、是非ご覧ください。 Visual Studio Emulator for Android のインストール方法と使い方 そのものの詳細については、渡辺友太の該当 Blog エントリが詳しいです! Visual Studio におけるマルチデバイスアプリ 選択肢としては、以下の2つを準備しています。 Visual Studio には2つの強力なマルチデバイスアプリ開発のためのオプションがあります。それが Cordova と Xamarinです。Cordova が Visual Studio でサポートされることにより、HTML5/JavaScript で書かれたアプリを開発できるのに対し、Xamarin が Visual Studio でサポートされることにより、iOS、Android、そして Windows / Windows Phone のアプリを、すべて C# で開発できます。 このシリーズの中では、Microsoft Office 365 API をどうモバイルデバイスアプリ開発の中で使うか、特に…

0

Schoo 授業 (11/27) のMobile Services 部分の補足:Project Siena でアプリ開発!エクセルやパワーポイントの知識でWindows タブレット対応アプリを作ってみよう!

皆様、こんにちは! だいぶ MSDN Blog の方が間が空いてしまいましたが、また書いていきたいと思います。よろしくお願いします! さて先日のSchooの授業は、多くの方に視聴して戴いてありがとうございました。 https://schoo.jp/class/1612 こちらにビデオもありますしスライドもありますが、一点だけ、補足させてください。 まず、チュートリアル資料は、このスライドにもありますが、こちらにあります。ぜひダウンロードしてください。 http://1drv.ms/1C7fTKy 補足としては、主に、Mobile Services との連携の部分です。 1. Mobile Services の作成 ここで、Azure のダッシュボードにサインインします https://manage.windowsazure.com/ モバイルサービスを表示して「+新規」をタップします。 「作成」をタップします。 ユニークな URL を入力し、東京又は大阪の日本リージョン、あるいは東アジアリージョンを選択して、をタップします。 次にSQLデータベースを設定します。 で、ここがポイントですが、テーブルの追加をタップして以下のテーブルを作成します。これがないと、Project Siena のアプリからみて、Mobile Services の対象テーブルが認識できませんので、必ず作ってください。 それぞれのテーブルを開いて、id 列以外を削除します。あとは、SQL データベースを開いて 、作成した DB 名を選択します。 SQL データベースの設計をタップして、 ユーザ名とパスワードを入力してログオンし、設計を行います。 テーブルの編集で以下列名を設定します。   zz_ config テーブルに以下のデータを入力します。 テーブルに、最初の演習で使った Items.xlsx と同じデータを入力して、終了です。 あとは、Mobile Services の URL と、アプリケーションキーをコピーして、Project Siena に張り付けてみてください。…

0

Microsoft Azure Mobile Services in ASPIC クラウドフォーラム 2014 ~クラウドが創発する新たなビジネス領域~ on 9/17

皆様、こんにちは! 9月17日、私も長らく執行役員を拝命させて戴いている、ASPIC(ASP, SaaS, Cloud コンソーシアム)主催のクラウドフォーラム2014が、霞ヶ関コモンゲートにて開催されます。 こちらで、30分程度の短い時間ではありますが、午後一のセッションで、Microsoft Azure Mobile Services と Xamarin とでマルチデバイスの開発をご紹介したいと思います。この団体は、総務省系なので、午前中はまず、総務省政策統括官の南俊行氏の特別講演があり、その後、KMD 特別招聘教授 夏野剛氏の基調講演を終えた後に、午後のブレイクアウトトラックが4つ並行で開催され、そのうちの一つの先端クラウドトラックの最初になります。 もしかしたら、もう締め切られているかもしれませんが、もしご来 場いただく予定がおありの方は、是非ご覧ください。デモなどは、こちらでまた事後にでもご紹介できればと思っています! それではまた(^^)/ 鈴木 章太郎

0

Windows 8 アプリとデータベース/サービスとの連携 – ③ Windows ストア アプリとの連携(C#/XAML)

皆様、こんにちは! 引き続き、9/2(火) タッチ/ペン対応アプリの開発とクラウドを活用した既存サービスとの接続方法のセミナーでの、私が担当したセッション ”Windows 8 アプリでのデータベース/サービスとの接続 “ の詳細情報とコードにつき、ご紹介していきたいと思います。最後にリソースとしてソースコードの置場等を入れてあります。 Windows ストアアプリの追加と Data Adapter の作成 次に、このタイムセール商品情報アプリケーションのソリューションに、Windows ストアアプリを追加してみましょう。最初に、DataAdapter を作成します。これは、この前に作成した、TimeSalesApp Web API にアクセスするための呼び出しのHttpclient クラスとなります。 ストアアプリの追加 TimeSaleソリューションを右クリックし、追加→新しいプロジェクトを選択します。新しいプロジェクトダイアログボックスで、左側のテンプレートを展開し、Visual C#の Windows ストアアプリを選択し、右側の、新しいアプリケーション(XAML)を選択します。次のように指定してください。 ・種類:新しいアプリケーション(XAML)(Visual C#) ・場所:他のTimeSaleプロジェクトと同じソリューションフォルダ ・プロジェクト名:TimeSaleStoreApp プロジェクトを追加したら、まずはローカルマシンで実行します。黒い画面が立ち上がったらいったんアプリを落とし、Visual Studio に戻ってデバッグを停止します。このときのMainPage.xaml 画面は使わずに削除して、その後、新しい画面を追加します。 TimeSaleStoreApp プロジェクトを右クリックし、追加→新しい項目を選択し、基本ページを選択して、名前を、MainPage.xaml として追加、をクリックします。 この時に、このようなダイアログボックスが出ますので、はい、を選んで追加します。 ※ これをしないと画面遷移等に必要な共通ファイル群(Commonフォルダ配下)が作成されないので注意してください。この共通ファイル群が必要です。 ProductWithPriceをリンクとして追加 まず、TimeSale クラスライブラリの中の ProductwithPrice.cs クラスを参照できるようにします。ソリューションエクスプローラーでプロジェクト TimeSaleStoreApp を右クリックし、追加→既存の項目、を選択します。そして、TimeSale フォルダにある ProductwithPrice.cs ファイルを選択し、リンクとして追加、を選択します。 Json.NET のインストール ついで、Json.NET のインストールを行います。Json.NETは、ProductWithPriceデータクラスのインスタンスと、JSONの相互変換処理をするためのライブラリです。こちらは、NuGet から取得できます。これを使うのはWindows 8/8.1…

3

Windows 8 アプリとデータベース/サービスとの連携 – ② バックエンド Web サービス作成

皆様、こんにちは! 引き続き、9/2(火) タッチ/ペン対応アプリの開発とクラウドを活用した既存サービスとの接続方法のセミナーでの、私が担当したセッション ”Windows 8 アプリでのデータベース/サービスとの接続 “ の詳細情報とコードにつき、ご紹介していきたいと思います。 Web サービス作成とデータ公開 Windows ストアアプリからリモートデータを使用するためには、なんらかの REST または SOAP サービスが公開されている必要があります。ASP.NET Web APIは、ASP.NET MVC 4からサポートされたHTTPによるリクエストを受けるRESTfulなサービスです。このサンプルでは、ASP.NET Web API を使って、Windows ストアアプリから基本的なデータ操作ができるようなサービスを作成します。 当該ソリューションを右クリックし、新しいプロジェクトの追加、を選択しクリックします。Web テンプレートから、ASP.NET Web Application を選択し、名前を適当につけ(ここでは RestService)、OK ボタンをクリックします。   次に出てくるダイアログボックスで、Web API を選択し、OKをクリックします。 ※ この図を見て戴くとお分かりの通り、Windows Azure の箇所で、クラウド内のホストにチェックが入っていますが、ここではまだクラウドには発行しないので、チェックを外しておいてください。 これで、RestService の初期のスケルトンが作成されます。ここでいったんソリューションのビルドを行ってください。 コントローラーの実装 次に、このプロジェクトからTimeSale プロジェクトに参照設定を追加し、次いで、コントローラーを実装します。RESTService プロジェクトのController フォルダーを右クリック->追加->コントローラーを選択します。 スキャフォールディングの追加からEntity Framework を使用したアクションがあるWeb API 2コントローラーを選んで、 コントローラー名は、TimeAppSaleController という名前にして、データコンテキストには自動的にTimeSaleAppContextが入っているのを確認して、モデルクラスからは、ProductWithPriceを選びます。コントローラー名の下の”非同期コントローラーアクションを使用します”にチェックを入れて、OK をクリックします。 そうすると、下記のコントローラーが自動生成されます。…

0