Windows Phone 8.1 アプリ開発を始める方へ(開発編)

#wpdev_jp #wpjp この記事のURL https://aka.ms/wpdevjp 基礎編はこちら  Windows Phone 8.1  のアプリ開発の流れ どちらかというと、App Store に近いかもしれません。審査があります。 まずは開発者登録しておきます アプリを開発します アプリをパッケージ化します Windows Phone ストアにアプリを申請します 審査を待ちます(数時間から数日) 審査を通過したらアプリが公開されます(~48時間) 開発者登録するには、費用は? まずは開発者登録用のメールアドレスを用意します。これをMicorosoft アカウントとして登録しておきます。 こちらから開発者登録をします。アプリ登録用のダッシュボードを選ぶ画面がありますが、選択はアプリ公開の時で構いません。尚ここで登録したアカウントで Windwos ストアと Windows Phone ストアの両方にアプリを公開することができます。 登録費用は学生は無料、個人が 1,847円 で、法人は 9,800円。更新費用は必要ないので初回の支払いのみでOKです。さらに、現在実施中の Dev Center ベネフィットプログラム(無料)に参加登録すると、上記の登録費用も無料になります(コードが発行されるので支払い時に取得したコードを入力します) 今、コード発行のメニューが確認できていません。確認中 2015/6/10   開発者用のポータルは こちらの Windows Phone デベロッパーセンターのダッシュボードです。 https://dev.windowsphone.com/ja-jp/dashboard   開発環境は? Windows Phone のアプリケーションの開発環境は Visual Studio 2013 です。OSは Windows…

1

Windows Phone 8.1 アプリ開発を始める方へ(基礎編)

wpdev_jp #wpjp この記事のURL https://aka.ms/wpjp  開発編はこちら  Windows Phone 8.1 とは スマートフォン(ARM CPU)用の Windows OS。カーネルは Windows と同じ NTカーネルを採用しているが、アプリケーション等のバイナリレベルでの完全互換性は 8.1 のバージョンでは無し。 今の OS のシリーズは 7.0 から始まり 7.5 にアップデートしたが、8.0からカーネルを現在のNTカーネルとした際に、新しいCPUをベースに設計したため既存の 7.x から 8 へのアップデートはできない。8 以降は 8.1、8.1 Updateと続き、Windows 10 for Phone  にもアップデートできる予定。Windows 10 ではOSのコアが統合されさらに、Windows との共通化が図られると期待されています。 情報についてはこちらを見るといいでしょう。http://www.windowsphone.com/ja-jp/how-to/wp8 Window Phone のシェア すいません、詳細な数字は今ないですが 全世界で3%とか5%とか言われてますね。国によっては10%から20%に達する国や、iPhone よりもシェアが高い国もごく一部あります。が、まぁ残念ながら平均的にはこの数字。さらに日本は IS12T(Windows Phone 7.5)の発売以来新しい端末が市場に出ていません。(2/22現在) http://wmpoweruser.com/strategy-analytics-award-windows-phone-3-market-share-in-q4-2014/ とはいえ、1000万台スマフォが出れば30-50万台はWindows Phone だったりするのでアプリケーションの市場としてはユーザーがいないわけでもないですけどね。 Windows Phone…


XAML マスコット素材

#マスコットアプリ文化祭 #win8dev_jp #wpdev_jp 以前作ったものですが、まとめておきましょう。 pronama.xaml プロ生ちゃん XAML pronama.xaml 完了 プロ生ちゃんこと暮井慧 をXAML化したものです。ダウンロードしてご利用いただけます。 プロ生ちゃん CheckBox のつくり方 そして、それをもとにチェックボックスを作る方法。チェックの状態に合わせて表情が変わります。 プロ生ちゃん XAML v1.2 から ユーザーコントロール 最終的に、眉3種、目7種、口5種を個別に設定し、8種類の表情をプロパティで変更できるコントローになったものです。   Windows8 Store アプリ用 XAMLサンプル(XAMLミク) 答えはこれですが、これのXAMLです。まぁ、今回のマスコットアプリ対象ではありませんが。  


Windows Store App Logo Maker v1.8 Release

#win8dev_jp #wpdev_jp 久しぶりに Windows Store App Logo Maker を 修正しました。 Windows Phone 8.1 に対応 Universal Windows Application に対応 です。Universal チェックを入れると、Universal Windows Application 用のアイコン生成となり、まぁ、要は両方のアイコンを生成してくれるだけです。Windows Phone 8.1 用としては、ワイドタイルを基にスプラッシュスクリーンを生成します。ただ、スプラッシュスクリーンは独自のものを使いたいという場合は、チェックを外してください。 Windows Phone 8.1 のアプリのアイコンは100%でも、240%でもどちらでもOKです。サイズを抑えたい場合は100%のほうだけ使って、そうでないときは240%だけでもOKでしょう。こちらもファイルサイズが200kを超えた場合は、画質を落としてファイルサイズを200k以下になるようにしてあります。 ということで、Windows Phone 8.1 用にはこんな感じでアイコンが生成されます。 プロジェクトの、Asset フォルダにそのまま放り込んで上書きコピーすればOKです。 スプラッシュスクリーン。ワイドタイルもばっちりです。 ダウンロードはこちらから。 https://aka.ms/storelogomaker


Windows Phone 8.x におけるフォントの扱い

#wpdev_jp いろいろ考えなおして 8/16 修正 Windows Phone はもともと、すべての言語の表記ができるようになっているため、特別フォントに関することは気にしなくていい仕様になっています。 Windows Phone のフォントの仕組みと中華フォント問題 全言語の表記を実現するために、複数の言語に対応したフォントがいくつか標準で入っており、そのフォントを使って文字の表記をしています。 代表的なのが1バイト文字を表現する Segoe フォントと、2バイト文字(≒ 日本語、中国語、韓国語)を表現するための Yahei フォントです。 これできちんと各言語の文字を表記できていればよかったのですが、残念ながら一部問題が出てしまいました。それが日本語です。基本的には日本語も正しく表記されますが、一部の漢字が「中国語と同じ文字である」と判定され同じ文字コードが割り振られてしまっています。そして、その漢字の形はYahei フォントの中では中国語の漢字の形が使われているため、結果的に日本語の中に中国語の文字が現れることになります。 これがいわゆる 「中華フォント問題」の状況です。下図右参照     現在のアプリの表示言語の考え方 日本語の問題を解決するには、日本語アプリはアプリの表示言語を日本語にするという設定です。拡張するならばある国の設定のアプリはアプリの設定言語を祖の言語に合わせるという設定をするだけです。これが現在のWindows ストアアプリケーションの基本的な考え方になっているようです。 実際に、この対処方法は既にテンプレートに実装せています。 Windows Phone Silverlight アプリケーション  実装済み Windows 8.1 アプリケーション  実装済み Windows Phone 8.1 アプリケーション 非実装 そうなんです、なぜか 8.1のアプリは非実装(ここはいま Visual Stuido 2013 のバグとして登録中) * ちなみに、Windows Phone 7.x の頃のテンプレートにはこの処理が入っていなかったため、日本語対応しているアプリもこの問題が発生しているものがあります。そういったアプリに対しては、都度お願いしてこの処理を入れていただくようにお願いしています。   Windows Phone…


Windows Phone アプリの中華フォント対策

#wpdev_jp 8/16 改訂 今更記事でスイマセン。そもそもWindows Phone 8.xでは、日本語の標準表示フォントとして、YuGothicが使われていますが、英語アプリに対してはそこで使われる文字が日本語か中国語か韓国語か特定できないため、日本語環境であっても日中韓対応フォントであるYaheiが使われます。これがいわゆる中華フォントです。 アプリケーションの標準言語を日本語にしてくれればいいのですがさすがにそれは無理。ただ、アプリケーションの中で「起動環境の言語をアプリの標準言語にする」という実装を入れることで回避することができます。 Windows phone 8.1 の2つのプラットフォーム Windows Phone 8.1 の世代になってアプリケーションプラットフォームが大きく2つになりました。 Windows Phone アプリケーション (WinRTベース、Universal Application対応) Silverlight 8.0/8.1(これまでのWindows Phone アプリケーション) Silverlight アプリについては、プロジェクトテンプレートに言語処理が入っていますが、今の処理では日本語以外のアプリは中華フォントになってしまいます。日本語以外のアプリでも日本語環境では日本語フォントを使うようにするには、こちらの方法で対処します。   → 各国のUIフォントに対するためのより簡単な対応方法   Windows Phone 8.1 アプリケーションでの対処方法 ということで、前半の WinRTベースのアプリケーションの中華フォント対策方法。すでに記事にしていただいている方もいらっしゃると思いますが(感謝!)これまでと同じような対策を実装します。まったくもー。 protected override void OnLaunched(LaunchActivatedEventArgs e) { :     Frame rootFrame = Window.Current.Content as Frame;     // ウィンドウに既にコンテンツが表示されている場合は、アプリケーションの初期化を繰り返さずに、     //…


Windows Phone 8.1 Update Preview が開発者向けに公開されました

#wpdev_jp つい先日、Windows Phone 8.1 の更新が買いしれ多々ばかりの Windows Phone 8 ですが、その次のアップデートである、Windows Phone 8.1 Update のPreview 版が開発者向けに公開されました。この新しいバージョンに合わせて、開発環境も新しいものが公開されています。 http://blogs.windows.com/buildingapps/2014/08/04/windows-platform-developer-august-updates/ Update 対象 今回は開発者向けへのOSアップデートと、開発環境の更新があります。 Windows Phone 8.1 Update Visual Studio 2013 Update 3 Windows Phone 8.1 Update emulator Package OSアップデートの方法 Windows Phone 8.1 Update の更新取得方法は Windows Phone 8.1 Developer Preview と同じです。基本的には以下のプロセス 端末をアンロック。開発者登録済みの人はVSについている Registration Tool でアンロックする 端末側で Preview for Developers をインストールして実行 ウィザードの従って進め、開発者アカウントでログインし、最後にチェックを入れて完了…


Windows Phone Developer Center のリンクが変?

#wpdev_jp ちょっとMSDNのリンクがおかしいって言う記事があったので、どれどれっと、見てみます。 今の状況はというと https://dev.windowsphone.com/ja-jp/develop ページのリンクを一通り見てみた。上半分は大丈夫、Silverlight 8.1 と WP8.0 向けも fwlinkだけど大丈夫だった。 ただ、問題の詳細の4アイコンのうち一番右は直リンクなので大丈夫だったけど、左のfwlinkは存在しないページのリンク番号になってるので、結局 Microsoft の Top ページに Foward されてますね。3つ目なんてリンク1つ足りないし(ページ先はできてるのに) まだRCだし、英語以外まだ実装されてないだけみたい 見るからに、この段は当てでリンクを入れておいてあとで修正予定になってるんでしょうね。全く orz。韓国語も、中国語も、日本語も同じ状況なので、たぶん全部同じ理由でしょう。公開されちゃってるんでバグって言えばバグですが。 だた、開発ツールもまだRCですし、製品もまだ Developer Preview ということで、サイトのほうもまだ整備完了してないところもある可能性が高いです。ひとまず英語版から作っていきますからね。ですので、少なくとも製品が正式版となるまでは 英語サイトを使うことをお勧めします。 Windows Phone の開発情報って 英語版+アジア3言語なんですよね … それにしても、Windows Phone に関しては、英語以外では、韓国語、中国語、日本語だけしかローカライズページが用意されていないんですよね。比較的シェアの高いヨーロッパ圏やロシア、ブラジル向けにスペイン語、ロシア語、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語あたりを用意しそうなものなんですが、結構前からこの4言語のままなんですよね。その辺は恵まれている。以前は Windows Phone SDKの社内ベータ版で、最初にエミュレーターとSDKが多言語化されたのが日本語版でしたからね。 これを見る限りいつも「何でデバイスがない日本語があってロシア語がないんだ」とか、ほかの国のエバンジェリストに言われないかと、ヒヤヒヤしてますw あ、もちろんほかの国のエバンジェリストもみんないい人だからそんな事は言わないけどね。IS12Tとか見せたら、カワイイし防水ってすごくない?!って言ってくれるしさ。iconメーカーの翻訳も助けてくれるし、いい人多いです。 って、最後は職場紹介か?w


Windows Phone 8.1 の画面出力機能とは?

#wpdev_jp 最新版の記事「Windows 10 Mobile の画面出力機能とは?」を参照してください。 そのうち公式に情報が出るかな?と思ってたんですが、Windows Phone 8.1 自体がまだ Developer Preview なので、いまだに情報が出ない。公式情報が出たら書こうとは思ってたんですが、Cliff Simpkins が自身のブログで記載してくれてたので、これを元にまとめ。 画面出力機能とは? Windows Phone 8.1 では 「画面出力(英名:project my screen)」機能が公式に搭載されています。これは、Windows Phone の画面をPC等を通じて出力する機能です。 Windows Phone 7 では以前からスクリーンショットと合わせて切望されていた機能ですが実装はされていませんでした(スクリーンショットは Windows Phone 8 で実装)。それが Windows Phone 8.1 で公式に機能として追加されています。 有線と無線での接続だが今は有線のみ 出力方法としては2つあります。ただしWiFi接続のほうは Windows Phone 8.1 Developer Preview ではまだ実装されていません。 USB接続されたPCに専用アプリを通じて表示する WiFi接続された機器を通じて表示する(=Miracast?) (ちなみに、Qualcomm の情報では Snapdragon 800 のチップセットは Miracast に対応しているとか。Windows Phone でいうと、Lumia…