Windows Phone 7.8/8 のタイルを私流で攻略する

#wpjp そんなたいそうな話ではありません。w 新しい Windows Phone 7.8 や8 のタイルではこれまでのタイルの 1/4 サイズの Small タイルが利用できます。さらにカレンダーやPictureでしか使えなかった ワイド幅の Large タイルも様々なアプリケーションで使えるようになり、対応アプリケーションがあればダウンロードしてきたアプリでも利用できます。 ではどうデザインしたらいいか? ご自由にどうぞ。 でも、変な風にするとらくらくフォンとか言われそうなので、何となく私なりのまとめ方。 アプリのタイルサイズがどれがいい? Small タイルはライブタイルがないけど、おいておきたいアプリケーションに使うといいでしょう。メールのフォルダなどもいいですね。 Mediam タイルは、ライブタイルとして使えるものや、People など フリップで画像が変わるもの、そしてよく使うTop3のアプリに使うといいでしょう。 このサイズのアプリ愛遺恨を配置する場合は、背景透明(テーマ色)のアイコンは使わないこと!Facebook のようにオリジナルカラーのあるものが Better ! Large タイルは カレンダーのように情報が有用なもの、Picture のように見た目のアクセントになるものがいいです。天気予報系のアプリに使うといいですね。 アプリ以外でタイルに置くべきもの ちなみに、アプリのショートカット以外で Small タイルでおきたいもの。並べておくと面白かったりします。 メールのアカウント、もしくはメールのフォルダ よく聞く音楽アルバム よく見るサイトのショートカット(作る時には画面の上半分強がアイコンになることを意識して作る) 毎日同じ人に電話やメールをする人はその相手 レイアウトのコツ 個人的には、これまでの1段分=Largeタイル1つ分を1ブロックとして構成してやるとまとめやすいです。このとき同じブロック構成を並べないほうがリズム感が出ていい感じ。 もっともスタンダードなパターン。右利きなら左は大きく右は近くすべて押しやすい。ユーティリティ系に使えます。   実は左側が全体的に押しづらくなる。なので、たまにしか使わないけどおいて起きたものを置くといいですね。   上の2つの間に置くとリズムが出ていいです。左右で別ジャンルのものを置くといいです。右はゲーム、左はメディアとか。   必要がない限り基本的には使わないかも。どちらも情報を出すライブタイルを並べるべき。   Largeタイルは表示内容が随時変わるもの、表示内容をよく使うもののみ推奨。2つ並べると野暮なので注意。   Large タイルが2つ並んでしまうパターンの時に挟む。同種のものを並べても面白い。…

0

Windows Phone 7.8 アップデート開始

#wpjp IS12T に対して Windows Phone 7.8 へのアップデートが開始されました。 http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/smartphone/up_date/is12t/up_date_20130131.html アップデートは順次開始しますので、お持ちのデバイスで更新が開始されるまで今しばらくお待ちください。   Windows Phone 7.8 についてはこちらをご覧ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/windowsphone/products/wp7.8/default.aspx   どうしても、体感したい方のために、サンプルスクリーン画像。(リンクで480幅の画像が表示されます)  

0

Windows Phone 7.8 向け Windows Phone SDK 更新プログラム

#wpdev_jp #wpjp 昨日、Windows Phone SDK の更新プログラムがリリースされました。今回の更新は Windows Phone 7.8 への対応です。 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36474 Windows Phone 7.8 SDK更新プログラム 今回は、SDK ではなく、 SDK の更新プログラムです。そのため、7.1ないし8.0のSDKがインストールされている必要があります。ただし、7.1.1 の更新プログラムの内容も含まれているため、7.1 から直接更新することもできます。 対象となる SDK Windows Phone SDK 7.1 Windows Phone SDK 8.0 更新内容 さて、今回の更新内容ですが以下の通りで基本的にはエミュレーターが追加されるのみとなります。特にAPI等の拡張等については含まれていません。ちなみに今回の更新によって Windows Phone SDK 8.0 には WP8系4つ、WP7.5系2つ、WP7.8系2つ の計 8つのエミュレーターが用意されることになります。 新しい Windows Phone Emulator 7.8 新しい 256 MB 版の Windows Phone Emulator 7.8 Windows…

0

256MB デバイスはバックグラウンドタスクをサポートしない!

#wpdev_jp すみません!大事なことを伝えるのを忘れていました。 Windows Phone アプリケーション トライアスロン用にハンズオン資料とサンプルアプリケーションを公開しましたが、そのままだと審査に落ちます! なぜ落ちる? 今回のサンプルの中で、タイルの更新用にバックグラウンドタスクを使っていますが、256MBデバイスではバックグラウンドタスクを動かすことはできません。そのため、バックグラウンドタスクを起動した瞬間にアプリケーションがフェイルして落ちてしまいます。 本来ならばこの辺のための処理を入れておかなければならなかったのですが、…すっかり忘れていました。 すいません。   対応方法 バックグラウンドタスクを必要とする場合、解決策は一つしかありません。アプリケーションの対象デバイスを512MB以上のデバイスに限定することです。 このためには、WMAppManifest.xaml ファイルの<Rqurements>の中に、以下のように ID_REQ_MEMORY_90 を追加してください。 </Capabilities> <Requirements>      <Requirement Name="ID_REQ_MEMORY_90" /> </Requirements> 上記設定をすることで、256MBデバイスは除外になりますので、問題は解決するかと思います。   512MBデバイスの判定方法 ただ、もしバックグラウンドタスクが必須でない場合、512MB以上のデバイスで動作している場合のみ、バックグラウンドタスクを起動させる、という方法も選択ができます。 その場合は以下のように DeviceExtendedPropertiesで、ApplicationWorkingSetLimit の値を取得して94371840 以上あるかどうかで判断します(94371840以上の場合は512MBデバイスとなります) private void Application_Launching(object sender, LaunchingEventArgs e) {     try     {         Int64 result = (Int64)DeviceExtendedProperties.GetValue("ApplicationWorkingSetLimit");         if (result < 94371840L)             MainPage.IsLowMemDevice…

0

Windows Phone デベロッパーセンター :申請時のオプション

#wpdev_jp #wp7dev_jp 新しい、Windows Phone デベロッパーセンターの申請画面はだいぶすっきりして、いろいろな項目がなくなったように見えますが、そのほとんどはオプションメニューとして隠されています。 このような下向き矢印を見つけたら、クリックするとオプションが現れます。   まず、アプリの情報の欄では、一番下にその他のオプションが隠されています。その他のオプションにはベータ配布のための設定と、審査完了後のアプリケーションの公開のタイミングについての設定を行うことができます。 2つの目の画面(もしくは更新時に主に使う画面)であるXAPのアップロードと説明画面ですが、ここには右の空欄に2つのオプションが含まれています。 XAPの詳細オプション ① 技術的例外(証明書をアップロードする場合はこちら) ② 認定でアプリ実行時に必要な情報。テストアカウントやテスターへのコメントはこちら 言語ごとの詳細オプション ③ キーワード:アプリケーションの検索キーワード ④ 法的情報のURL、サポートのメールアドレス:自社サイトへの誘導 そして、最後に広告関係と、配布地域やそれぞれの地域での価格設定などのオプションがあります。 時間があったらぜひゆっくり見てみてください。

0

WP アプリケーション トライアスロン 第2種目はタイル

#wp7dev_jp Windows phone アプリケーショントライアスロン の第2種目が決まりました。 第2種目は 「タイルを更新する機能をもったアプリケーション」です。 以下の条件のいずれかの機能を持つアプリケーションを開発・公開してご応募ください。 アプリケーション自身のタイルの内容を変更する機能 セカンダリータイルを追加作成する機能 スケジュール機能を使ってタイルの内容が更新される機能 今回は、技術的な機能が条件です。ですので、アプリケーションのメインとなる機能はどのようなものでもOKです。ただし!第1種目の 写真加工アプリに機能を付けて1本で2種目というのはNGです。自転車に乗ったまま その後のマラソンをしたら失格ですもんね。 本日のUX-TVでも触れたいと思います。

0

WP デベロッパーセンター:既存のアプリの修正時の注意点

#wp7dev_jp 新しいサイトだと、勘違いや思わぬ仕様変更に躓くことも。みなさんを代表して私がさっそく、やらかしてみたのでご紹介します。 公開済みアプリ下の「未公開」に注意 すでに公開済みのアプリの下に「未公開」と気になるリンクがあります。で、これを押すといきなりアプリが非公開になってしまうのでご注意を! といっても、すぐに公開状態に変更できますけどね。 アプリの更新時のアイコン アプリのアイコンは、300×300 1つだけで済むようになりました。逆に言えば300x300のアイコンが必要です。そして、それはすでに公開しているアプリの更新時にも要求されます。アプリを更新するときは 300×300 のアイコンを忘れないように。 それにしても、ほとんどの場合、更新処理はしたの方だけで済むようになったのはよく考えられている。 更新途中でやめても、処理中 あ、アイコン作らなきゃ、と更新をいったん止めても処理中と表示されてしまいます。まぁ、以前からそうですが。 その時は、あわてず騒がず削除を押していったん削除してしまいましょう。 まとめ アイコンの用意以外は、App Hub 時代よりも簡単になっています。安心してアプリを更新してください。

0

8/3からMarketplace メンテナンス、8/6 はサービス停止予定

#wp7dev_jp #wp7jp 米国時間で8/3(金)から、Marketplace のメンテナンスが行われます。これは以前からアナウンスされていたMarketplaceの改定に絡むものです。 App Hub maintenance starts Friday, portal downtime planned August 6 3日からは作業がおそくなり、米国時間で6日はサービス停止となる予定です。そのため、今週中にアプリケーションを登録もしくは更新したい場合は、少なくとも今日明日中にApp Hubに挙げておくことをお勧めします。サービスの停止時間は24時間以内になる予定。 別途日本からもアナウンスが出る予定です。

0

タッチで領域指定する時に正方形にする

#wp7dev_jp #wpdev_jp 写真を切り出すために、枠を指定するときに正方形にしたい場合がある。ということで強制的に四角にしよう。 難しくはない。枠の大きさをしているするときに、縦、ないし横と同じ数字を横、ないし縦に入れればいいだけ。 C# メソッドの修正だけです。 private void ContentPanel_ManipulationDelta( object sender, ManipulationDeltaEventArgs e) { double dx = e.CumulativeManipulation.Translation.X; double dy = e.CumulativeManipulation.Translation.Y; double dd = (dx > dy) ? dx : dy; rectangle1.Width = dd; rectangle1.Height = dd; } 結果 簡単に正方形指定できます。 関連情報 タッチで領域指定した時のエリア選択枠を描く (XAML 1行、C#6行) タッチで領域指定した時のエリア選択枠を動かす (C#+3行) タッチで領域指定したエリア選択枠で写真を切り出す(XAML2行+C#6行) タッチで領域指定する時に正方形にする

0

タッチで領域指定したエリア選択枠で写真を切り出す(XAML2行+C#6行)

#wp7dev_jp #wpdev_jp さて、タッチで領域指定した時のエリア選択枠を動かす で枠の作成から移動まで終わりました。 あとは、枠をもとに画像を切り取るだけです。枠をもとに、といっても座標とサイズを使うだけですけどね。 画像の切り取り プログラムで画像を切り取るにはどうしたらいいでしょう?これには2つの加工が必要です。 切り取る場所に画像を移動する 指定サイズで画像を切り取る この時に使うのは、WriteableBitmap です。Image → WriteableBItmap で切り取りながら画像生成 → 例えば Imageに戻す 処理の流れ(と使うメソッド)はこんな感じですね。 XAML 結果を表示する Image と、切り出しのボタンを配置します。 <Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="12,0,12,0"> <Grid Background="Transparent"        : </Grid> <Image HorizontalAlignment="Left" Stretch="None" Name="resultImg" VerticalAlignment="Top" /> <Button Content="Crop" Margin="0,520,0,0" Click="button1_Click" /> </Grid>   C# あとはボタンを押した時の処理ですね。 矩形に合わせて WrtiteableBitmapを作成 (new) し 画像を移動しながら WriteableBitmap に描画 (render) し 最後に切り抜き…

0