【WLW】ポラロイドプラグイン

Windows Live Writer で写真は簡単に挿入できます。 クリップボードからコピペ ファイルをドラッグ&ドロップ 影がついたちょっといい感じの表現ができますが、思い出の写真のように表示してくれるのがこのポラロイドプラグイン。 Polaroid Picture Plugin ふちがついていい感じです。 またこのようにメモを付けたり、左右10°まで傾けることも可能。 たった1枚の思い出の写真をアップロードするならぜひ使っていただきたいプラグインです.


新しいイテレーション型開発

川西 さんのブログ で紹介されていますが、ExpressionとVisual Studionを使った、XAMLをベースにしたWPFやSilverlightアプリケーションの開発手法に関するホワイトペーパーの日本語版「新しいイテレーション型開発」(PDF)が公開されています。 これは、先日のMIX08のお土産バッグに入ってたものの1つですが、デザイナーとデベロッパーがコミュニケーションをとりながら開発をとための手法を書いたものです。Pattern & Practice 的なものになっています。 WPFの開発をされる方はぜひ見ていただきたいですね。(あくまで参考までに、という感じです)


<ZAM3D>

今日はZAM3Dを見せていただきました。 やっぱり、WPFにおいては重要なツールです。だって、Visual Studio も Expression Blend も3Dオブジェクトは作れませんからね。(Blendは唯一画像を3Dに展開することだけはできますが) ということで、いろいろ見せていただきまたいろいろ話して、さまざまな3Dの可能性と使い方について見えた気がします。ただやっぱり情報が足りないのが本音。このあたりはちゃんとフォローしないといけませんねー。 がんばろう!(何を?w)


【WLW】 Thumbnail of URL プラグイン

あるWebの記事を紹介するといった記事を書くとき、ただリンクを張るだけではなくてページのサムネールを張るだけで、大変見やすくなります。 実際にやるなら、画面をキャプチャして、小さくして、画像ファイル変換して、サーバーにおいて、その画像を記事に挿入して、リンクを貼る、ということをしなくてはなりません。実際、小さくして以降は Windows Live Writer の基本機能としてできるので、後はキャプチャだけ。 これを簡単に実現するのが ThumbNail of URL プラグイン。結果はこうなります。 プラグインを立ち上げて、URLを指定すれば完了です。 機能がなくてもプラグインでカバー。Windows Live Writer は便利です。

1

【Info】 MIX08 ストリーミング

MIX08 のセッションはSilverlight のストリーミングですでに上がっています。 Silverlight の活用方法を含めて、見ていただきたいですね。

1

日経ソフトウェアにSilverlight 2.0の記事

最新号の日経ソフトウェアに、川西さん が書かれたSilverlight 2.0 の記事が載っています。 かなり、わかりやすく作る方にはいい情報なのでぜひ見てください。 2,3回続くらしいので(次回はかなりお勧め!)なのでまずは今月の記事を熟読してくださいね。


【WLW】 Windows Live Writer 対応blog

MS系だけではないですよ。 ツール Live Space Community Server Moval Type .Text http://サーバーURL/services/metablogapi.aspx ブログ ココログ? goo blog まだまだいっぱいあるはずですが… ちなみに、同様のソフトではJust Systemのxfy Blog Editorなどがあります。

1

【WLW】 Windows Live Writer がお勧めな理由

正直、Windows live Writer にしてからblogを書く回数が激増しました。そのくらい便利です。 Windows Live Writer Webのページで記述をするというのはやっぱり思いのほかストレスになっていることを感じます。 Word、メモ帳ライクな快適さ もちろんコピペもできます、簡単に編集もできます、そして軽快 HTMLの修正(Shift+F11)ができる。リッチテキスト画面(F11)でも編集はできる プレビューが簡単に見られる(F12)。画像の幅などのチェックが簡単 途中まで書いて、下書き保存してあとでアップロードも可能 同時に複数の記事を書いておいて…ということも可能 対応しているBlogなら、投稿した記事の修正も可能 対応しているBlogなら、カテゴリーの追加も簡単 ショートカットキーが使える(Ctrl – ZXCVABU…) 文字の修飾などがツールで簡単 太字も下線も修正も色づけもFontFaceも (さすがに環境依存ですが) テーブルや画像挿入も簡単 WLWあり WLWなし 手放せない ありえない! 画像のサイズ、大きな画像へのリンクを簡単に作ってくれます。   これは Alt+PrtScr でキャプチャして、WLWにこぴぺしただけ。 プラグインに対応して機能拡張ができる! さまざまなブログに対応している 一度使えば、便利さはすぐにわかります。是非お試しを! Windows Live Writer

1

【WLW】 Smily プラグイン

Windows Live Lighter を楽しく使うためのプラグイン。 Insert MSN, Yahoo and Custom Smileys ブログを選ぶ基準のひとつで、絵文字が使えるからというのを基準にしている肩もいることを聞いたことがあります。確かにそうですね。 Blogの場合はメールと違って、HTMLでWeb上にあるので、画像挿入と思えばどうとでもなります。自分でどこかに画像をおいてそれを挿入すれば良いだけです。しかし技術的にはできても、それを簡単にやれないとしょうがない。言い方を変えれば「ブログツールが対応していないとダメ」ということです。 が、こういうときにWindows Live Writer が便利です。絵文字入りの記事を作ってあげるだけで良いですからね。 A smily プラグインを使うと簡単に絵文字が入ります。起動して選ぶだけ。 基本的にはMSNやyahooのアイコンですが、カスタムアイコンもあるので結構優れものです。 自分のblogでWindows Live Writer が使えればOK。まずは入れてみてください。


できること・できないこと

まぁ、ほとんどFAQですが。 とりあえず現状発売の機種について。 基本機能 通話:基本的にできます(キャリアしだい) データ通信:できます 定額プラン:キャリアしだい(ほぼあり) お財布ケータイ:できません 無線LAN:ほぼ対応しています。 対応キャリア:au 以外 ワンセグ:Emobile S01SH 以外はできません メール等 ショートメール:できます S!メール:できます(Softbank) i-mode:できません Webメール:Live メールのみできます(1つだけ) PCメール(POPメール):できます Web フルブラウザ:できます 携帯サイトアクセス:できません アプリケーション アプリのインストール:できます バックアップ:外部アプリで可能です 音楽ケータイ:メディアプレイヤーで可能(もしくは別アプリがお勧め) 動画ケータイ:メディアプレイヤーで可能(もしくは別アプリがお勧め) ケータイゲーム:ケータイ用は使えません 専用ゲーム:一応程度はあります(FFなどメジャーゲームはなし) Excel、Word :作成・修正・閲覧 PowerPoint :閲覧 地図アプリ:Google Map、Live Search Map ケータイと比べて ワンセグはありません 総じて大きく重いです 電池の持ちが悪いです(要毎日充電) スタート画面がケータイとは異なります タッチパネルが使えたりします アプリしだいでいろいろ使えます FAQですね。まぁ、たまに聞かれることなので、まとめて。