Minecraft をMixed Reality の世界で!


さてさて、Windows Mixed Reality Device が登場してアプリも少しずつ増えてきています。特にSteamVR対応は大きいですね。多くのSteamVR対応アプリが動作します。

その中でも多くの方が待ち望んでいたのが Minecraft。残念ながら以前のE3で紹介されたHoloLens 対応ではないですが、Windows Mixed Reality Device でベータが楽しめます。

ということで、まずは Minecraft の Windows 10 バージョンが必要になります。こちらはちゃんと購入しておきましょう。https://www.microsoft.com/store/productId/9NBLGGH2JHXJ 

まだ、Minecraft の MR対応版は公式版にはなっていない Insider Preview 版です。ですので XBOX の Insider Preview に登録が必要です。まずは Microsoft Store から XBOX Insider Hub をダウンロードしましょう。https://www.microsoft.com/store/productId/9NBLGGH68VSK

ダウンロードが環境したら、XBOX アカウントでログインします。参加ボタンを押すとInsider に登録できます。

登録が完了すると、Insiderに登録されているアプリが表示され、Minecraftのアプリが表示されますのでそちらを選択して進めます。最後にストアに移動すると、ベータ版がダウンロードされてくるはずです。すこし時間かかるかもしれません。

 

更新されると、インストール済みのMinecraftがアップデートされます。アップデートするとベータ版となります。アップデートするとMR対応版のみになってしまうわけではなく、デスクトップ版と療法対応になります。

さて、いよいよMRの世界でPlayです。冒頭からMinecraftの上空から見下ろしたところはいきなり感銘を受けます。その後お部屋に入ってお部屋の中のモニター越しにMinecraftを楽しみます。「え―こんなの詐欺じゃん!」と思ってコントローラーの十字キーの上を押すと、いきなり画面にすいこまれて自分が作った世界に飛び込みます。もちろんその中でCraftも可能。

MR用に滑らかさを抑えたモードになっています。オリジナルの滑らかモードも試せますが、正直酔います。そんな設定があるくらい、MRでのエクスペリエンスがしっかり練りこまれていますw

Minecraft 好きはぜひ体験してみてください!


Comments (0)

Skip to main content