Intel 620 Driver for Kaby lake PC


Intel の第7世代のCore i7/i5 であれば Windows Mixed Reality デバイスを楽しむことができます。その際にはグラフィックチップである Intel HD Graphic 620 のドライバーが WDDM2.2 をサポートしていないと、使うことができません。

Intel® Graphics Driver for Windows* [15.47]

こちらのサイトからダウンロードしてインストールすることができますが、メーカー製のドライバーが入っている場合に、インストールできないケースがあります。この場合は手動でドライバーを上書きすることで、対応することができます。まぁ、ちょっと無理に入れるので、あくまで自己責任で。

  1. 上記サイトからZipファイルをダウンロード
  2. 解凍しておく

解凍が終わったら、ドライバーの上書きのためWin+X でメニューを開き、デバイスマネージャーを開きます。

  1. ディスプレイアダプターをクリックして、Intel(R) HD Graphics 620 をダブルクリック
  2. プロパティが出てきたら、ドライバーのタブを選択
  3. ドライバーの更新(P) をクリック
  4. 下の「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索します(R)」をクリック
  5. 下の「コンピューター上のデバイス ドライバーの一覧から選択します(L)」をクリック
  6. 枠の右下にある「ディスク使用(H)」ボタンをクリック
  7. ダイアログが出てきたら、右下の「参照」ボタンをクリック
  8. 初めに解凍しておいたフォルダの中のGraphics/igdlh64.inf  を選択
  9. 6の画面に戻って Intel(R) HD Graphics 620 が表示され選択されていることを確認して「次へ」をクリック
  10. ドライバーのインストールが始まります

これで、Intel(R) HD Graphics 620 のドライバーの上書きインストールができます。一度再起動時にものすごく時間がかかった挙句、ブルースクリーンになったことがありますが、その後再起動後は問題なく動いています。

某PCメーカーのPCで対応ドライバーが古くてWDDM 2.1 しかサポートしておらず、テクニカルサポートに問い合わせてもまともなサポートもしてもらえず、挙句の果てにはマシンを送れという始末だったので、そんな場合は自己責任でこちらを試してみるといいでしょう。


Comments (0)

Skip to main content