Windows Mixed Reality 対応アプリ開発のための情報まとめ


見つけにくいとかわからないとかあるのでまとめてみます。 2017/9/7 Version 1.0

追記:PDFにまとめました→ Windows Mixed Reality アプリケーション開発ガイド 作ってみました

 

開発者向けポータルサイト

まず初めにポータルサイトですが、ここです。基本的にここかここからのリンク先に全部書いてあります。ごめんなさい、英語しかないです。ブラウザの翻訳機能などを使って頑張ってください。

Windows Dev Center - Mixed reality - Developement  これ重要!

chrome なら 右クリックで「日本語に翻訳」Edge ならTranslator の拡張機能を使ってページ翻訳しましょう。

デバイスの動作する環境

Windows Mixed Reality デバイスは要はVRのHMDです。ですのでPCに接続して使います。動作環境の条件は以下の通り。Surface Book は対象から外れますが、Surface Pro (第5世代)は対象です。

  • OS:Windows 10 Fall Creators Update
  • CPU
    • 外部GPUがない場合:Core i5 7200U(第7世代 Kabylake モバイル) 以上
    • 外部GPUがある場合:Core i7 4950(第4世代) / Ryzen 5 1400  以上
  • 外部 GPU:NVidia GTX 960/965M/1050 以上 / AMD RX460 以上
  • メモリ:8GB DDR3 以上
  • HDMI 1.4 ないし DisplayPort 1.2が必要
  • USB 3.0 Type A ないし Type-C

参考:Windows Mixed Reality minimum PC hardware compatibility guidelines 

HDMが認識しない!などトラブルが発生した時には,こちらのドキュメントを参照してください。バグなども含めてこれまでの対応ノウハウが載っています。

Immersive headset support  これ重要!

 

入力デバイス

基本的にPC なので色々使えますが。

  • ゲームパッド:PCで使えるゲームパッドであればいいのですが、スタートメニューを出すためにXBOXのゲームパッドが必須になると思います。(XBOXボタンがWindowsキーになるので)
    開発用には必須だと思ってください。
  • Motion Controller :現時点ではまだ手元に届いていませんが、最終的にはほぼ必須デバイスになります。多分ゲームパッドのスティックとモーションコントローラーのスティックが同じ入力になると思います。なお、Motion Controller は1種類のみで、開発者はユーザーがどのデバイスを使っているのかは気にしなくてもOKです。たぶん。
    トリガーが2つ、タッチパッド、スティック、メニューボタン、Windows ボタン があるので、Oculus Touch や HTC VIVE での操作系はほぼそのまま再現することができるはずです。Windows Mixedd Reality Motion Controller
  • キーボードとマウス:2Dアプリを使った時などそのまま使えますし、キーボードも使えますがキーボードは見えないので事実上使えないですね。ただ現状では日本語入力はキーボードからしかできな買ったと思います。これは今後の修正待ち

 

開発用プラットフォーム

  • 2D アプリ: Universal Windows Application (UWP)
    • 2DのアプリはUWPであれば、既存のアプリも含めてVR空間でそのまま使えます。

      2D apps arranged in the Windows Mixed Reality home in a breakfast area

  • 3Dアプリ:Direct X12 ないし Unity
    • どちらでも開発が可能です。
    • 残念ながら 今のところは Unreal Engine では開発できません。

参考:App views / App Model

 

開発環境

動作要件が高いので、基本的に動作要件に入っていれば、開発環境の要件にも入っています。ですので、開発環境は動作環境と同じだと思ってOK。

開発ツールは Visual Studio を使います。そしてUnity  で作る人はUnityを使います。Unity で作る場合も最後にパッケージを作る段階で必ず Visual Studio が必要です。

  • Visual Studio 2017 + Windows 10 Creators Update SDK
    Select Universal Windows Platform development
  • Unity  2017.2 Beta 以降 + Windows Store .NET Scripting Background
    .NET 用のコンポーネントも忘れないようにしてください。

参考:Install the tools これ重要!

 

Windows Mixed Reality シミュレーターで HMD なしでも少し使えます

なおHDMがなくてもシミュレーターを使って開発を進めることもできなくはないです。それなりのパフォーマンスを持った開発環境と、ゲームパッドがあれば、検証ができます。

シミュレーターを使うには Windows 10 を開発者モードにしておかなければなりません。

  • 設定 > 更新とセキュリティ > 開発者向け > 開発者モード を選択

開発者モードに設定したら Mixed Reality ポータルでシミュレーターを設定します。

  1. Windows 10 の Mixed Reality ポータルを起動
  2. Mixed Reality の環境チェックの画面まで進める
  3. 左下にある「シミュレーションのセットアップ(開発者向け)」を選択しセットアップを実行
  4. 左下のアイコンの一番上(開発者向け)を押して「ヘッドセット」をオンにする。
    これで、シミュレーターとして動きます。

    マウスやキーが使えない場合、Mixed Reality ポータルに入力をとられてしまっているため、Win+Y でホスト側のWindows 10 に入力を戻すことで、使えるようになります。

参考:Using the Windows Mixed Reality simulator

 

アプリ開発の流れ Unity まで

基本的にUnity 作る場合、特別な手順はあまりありません。ほかのVRでの開発と基本的に同じです。

  1. 3Dのプロジェクトを新規作成
  2. アプリ開発
  3. File > Build Settings
    1. Universal Windows Platform を選択して、Switch Platform で保存
    2. SDKはWindows 10に設定
    3. Target Device は Any Device に設定
    4. Build Type はD3Dに設定
    5. UWP SDK は Latest Install に設定
  4. Build Setting .. の中で Player Settings を選択
    1. Other Sttings グループを展開して
    2. Rendering セクションの Virtual Reality Supported にチェック
      Virtual Reality Devices に Windows Mixed Reality があるはず
    3. Stereo Rendering Method を Single Pass Instanced (Preview)  に
      参考:備忘録込みメモ(高橋忍 Facebook)
      画像に含まれている可能性があるもの:画面

で、上のリンクの中でも書いていますが、この時点でエディタ内での Play Mode に対応しているので、Mixed Reality デバイス内で実行テストができます。

 

アプリ開発の流れの続き Visual Studio

ここから先は、コンパイルして Visual Studio から実行する方法になります。Unity でBuild をするとアプリケーションパッケージができるのではなくて、ターゲットプラットフォーム用のネイティブプロジェクトが生成されます。つまりここでは Visual Studio  のプロジェクトを生成します。

  1.  Build Settings の中でBuild を実行します
  2. Visual Studio のプロジェクトを作成するフォルダを作るので、適当に名前を付けます
  3. Build が始まります。しばらくかかります。
  4. プロジェクトが生成されると、作成したフォルダが表示されますので、ソリューションファイルをダブルクリックしてVisual Studioで開きます。
  5. Visual Studio でコンパイルの設定をします
    1.  ツールバーにあるデバッグの設定をDebug からRelease に変更します
    2.  ターゲットデバイスはローカルデバイスに設定します
  6. F5キーを押してデバッグ実行を始めます。(コンパイルとアプリの転送に若干時間がかかります)
  7. コンパイルが終わると自動でアプリが起動します。

 

ストアへの公開方法

そのうち書く(忘れてたらだれかつついて)

 

チェックリンク

XVI さんのBlog :ほんとにお世話になります。

Priority 1

 

Priority 2

 


Comments (0)

Skip to main content