Paint 3D 最新状況


Paint 3D がInsider Preview とともに進化してきています。改めてCreators Update でも紹介されると思いますがさわりだけ。

起動の仕方 Tips

ちなみに起動はCortanaウィンドウから3Dと打って起動するのが一番早いかと。

paint3d

さて、起動画面です。紹介系の動画もなかなか素敵なので見ておくといいですね。

paint3dwindow

サンプルオブジェクトと対応フォーマット

さて、まずいつからかわからないですが、挿入メニューからオブジェクトをインポートしようとすると、いろいろ3Dアイテムが用意されていました。

dialog

自分のフォルダの直下に3Dオブジェクトフォルダが出ていたんですね。真ん中のWindows ロゴっぽいやつは3Dプリンターで出力する感じのアイテムですね。あれ?もしかして昔からあった?

dialog2

さて、少し前のバージョンでは3Dオブジェクトは3mfしか扱えませんでした。なのでアプリなどで使う場合には、同じく標準アプリの3D Builder を使ってfbxなどに変換する必要があったのですが今回はインポート/エクスポートのいずれでもfbxが扱えるようになっています。うれしい。

 

ついにマジック選択が登場

そして、ついに実装された「マジック選択」。ちょうどOffice で画像を選んだ時の「背景の削除」のような機能ですが、よりインテリジェントにそして扱いやすくなっています。

画像を読み込み、そして通常の選択メニューで選択すると、マジック選択を選べるようになります。マジック選択を選ぶと自動的に中央になるオブジェクトを切り抜いて選択してくれいます。あとは追加と削除で選択領域を選ぶだけ。すると選んだ部分だけが切り抜かれて独立したオブジェクトとして浮き上がります。ちなみに元の台紙もキャンパスとして残ります。

magicselect

選択すると、2Dというよりも3Dの平面オブジェクトとして扱われるようになります。移動や傾きの変更などが可能です。ただし今のところはこれをもとに押し出して3Dモデルを作るようなことはできません。というのも切り抜いたオブジェクトというよりも、平面オブジェクトの周りを透明化したというオブジェクトだからです。

その証拠に、マジック選択で切り抜いたオブジェクトを塗ってみると、透明でも平面オブジェクトが残っていることがわかります。

magicselect2

切り抜いたオブジェクトだけを保存したい場合は、キャンバスの表示をオフにして、エクスポートでPng形式で保存すれば切り抜いたオブジェクト単体で画像ファイルとして使うことが出来ます。優秀な切り抜きツールとして使うのもいいかもしれませんね。

notitile

あー!口が選ばれていない!


Comments (0)

Skip to main content