Spectator View 環境構築で悪戦苦闘中


現在 #HoloLens のSpectator View の環境作りで悪戦苦闘中です。まずSpectator View の前に、HDMIのキャプチャーデバイスである  Intensity Shuttle でカメラの画像のキャプチャがそもそも出来ない...。調べてみた。

  1. PCでIntensity Shuttle は認識されている
  2. カメラをつないでも画面が出ない
  3. PCの出力がキャプチャされる

すると、PCの出力は 1080i@60 であることに気が付いた。iか...。この Intensity Shuttle は残念ながら唯一 1080p@60 に対応していない。そして気が付いた。多分カメラのHDMI出力は自動で1080p@60 になっているのではないかと。実際にモニターにつないで確認したところやはり1080Pにはなっていた。

試したカメラは EOS 80D/ EOS M5/ SONY Action CAM AS100。どうやら試したカメラは皆自動で1080p@60 になってしまうようだ。そしてマニュアルでは変更できない。では推奨のEOS 5D MarkIII はどうだ?なんとこちらは HDMI出力のフォーマットをマニュアルで設定できる!EOSの最新なら同じだろうと油断していた。PCIe のボード版である Intensity Pro 4Kなら1080Pでも行けたのだが。

5d3

HDMI 1080P@60 は SDI に変換すると 1080iになりそうなのだが、そこからIntensity Shuttle に入れるのがまた面倒。そんなわけでいったんどうするかは考えそう。少なくとも5D MarkIII はやはり動画重視の上位機種で、だから推奨されていたんだということがわかりました。

でも大きいし高いので買いたくない...


Comments (0)

Skip to main content