Dial 対応はUIなしでもいいのだ


久しぶりに書く。

アプリケーションを Surface Dial に対応しようとすると、UIを作らないといけないと思われるかもしれない。実際に使われているアプリなどはきちんとUIが出ている。

でも、Dial の機能は ボタンクリックと、ホイールだけ。つまりマウスホイールと同じ。なのであえてUIを出さなくてもいいなら出さないというものあり。

こちらは、Expresii という水彩画のアプリケーション。Dial 対応はシンプルに回転や拡大縮小だけ。なので標準メニューで機能を切り替えて、あとはダイアルを回すと拡大縮小や回転が発生する。色を選ばせるなどでなければUIはいらない。

それにしても、Expresii が素晴らしいアプリなのだが、Dial がサポートされることでまた新しい表現やストレスがなくなるかもしれない。

 


Comments (0)

Skip to main content