MVP かずきさんの「かずきのUWP入門」がすごすぎる件について


#wpjp #win10jp #wpdev_jp #windevjp #w10mjp

日本の方はやはり開発を学ばれるときは「本」を希望される方が圧倒的に多いです。やはりちゃんと一通り網羅されていつでも引けるメリットはあります。iOS や Android の開発本は多いですが、UWPの開発本はまだまだ少なく、紙の書籍としては川俣さんのくらいでしょうか?

ユニバーサル Windows アプリ開発入門  川俣 昌著

(私も依頼を受けて一度は書き始めたのですが、本業が忙しすぎて"一旦"断念)

 

400ページのフリーペーパー!

そんな中、Microsoft MVP のかずきさん がUWPの開発方法を執筆されました。執筆されましたの言う表現になっているのは、執筆されているのですが、なんとPDFの形で公開されています。詳細はこちら。

かずきのUWP入門というPDFをSlideShareに公開しました

見るとわかりますが、約400ページの大作です。え? マジでいいの?と思いましたが皆さんにとってはうれしい限りですね。そういえば、Windows アプリの開発本の著書として有名な Petzold さんも昔1000ページくらいの本をPDFで紹介していたっけ?

Free ebook: Programming Windows Phone 7, by Charles Petzold

 

Kindle 版も販売中

ちなみにかずきさんの本は、Kindle でも販売されています。Kindle で読みたい方はこちらをご購入されるとよいでしょう。Kindle 版の方が好きな文字サイズに変更出来たり目次を使うことが出来るので本として読みやすいと思います。Kindle のデバイスやタブレットをもってビーチサイドで読むこともできますし。

かずきのUWP入門をKindleでも販売をはじめました

UWPBook

ここでかっこよく、Kindle は勿論UWPでね!と言いたいところですが... ない!なのでデスクトップ版をお使いください。もしくはまぁAndroid 版かiPad 版で。デスクトップ版で申し訳ないですが、開発の時には同じ画面に表示できるので問題なく使えます。やっぱAmazon作ってくれないのかなぁ。今期もう一度トライせねば。

Kindle for PC (Windows) [ダウンロード]

そんなわけでかずきさん公開ありがとうございます。そしてこれを読まれた出版社の方で書籍化にご賛同いただけるところがあればぜひ和樹さんにご連絡を(わたし経由でも構いませんので)

 

印刷して製本してみた

というわけで、せっかくなので約400ページのPDFをA4見開きで縮小印刷して、裁断機で切断し、パンチで穴をあけて留めた後、製本テープだけ張って簡易製本してみました。すごい重量感です。開きづらいので開発の本にはこの製本方法は向かなかったですが。

WP_20160712_01_02_39_Rich WP_20160712_01_02_54_Rich

(おバカなので真似をしないようにしてください)

私も書きたいなぁ。ぼちぼち。


Comments (0)

Skip to main content