Windows 10 Mobile Emulator の使い方


#wpjp #wpdev_jp

① ソフトウェアボタン仕様にする

標準ではWVGA以外はハードウェアボタンに設定されていますが、設定変更することができます。>>(Tools) をおして、Optional Settings の Software Buttons にチェックを入れて Apply ボタンを押します。エミュレーターが再起動して、次からはソフトウェアボタン仕様になります。

image

② 日本語エミュレーターにしたい

これは普通にWindows 10 Mobile のセッティングですね。[Settings] を開いて、[Date and Language] を起動します。続けて[Language] を選んで [+Add Language]  を押して 一番下にある「日本語」を選択します。選択後は[Restart] ボタンで再起動します。

image

③ Cortana が使えるようにしたい

これも Windows 10 Mobile の設定です。標準では音声認識のための情報がないので追加します。[設定] → [時刻と言語] → [音声認識] → [+言語の追加] → [はい]  21MB ダウンロードなのでちょっとかかります。が、ダウンロード中のエラーが出てうまく入れられなかった。

④ これまでの設定をデフォルトにしたい。

毎回起動するたびにこれをやっていては仕事になりません。ということでこの時点の状態を保存します。ついでにこれをデフォルトに設定します。これも簡単でエミュレーターの>>Tools を開いて、Checkpoint を選びます。New Check ポイントを押して現時点の状態をチェックポイントとして保存します。さらに、これをデフォルトにしておくと次回から起動したらこの状態から始まります。

image

アプリをインストールしたり、いろいろ設定したらそれをチェックポイントして保存しておけば、後からその状態を復元できます。

⑤ 単体でエミュレーターを起動したい

以下を管理者モードで起動したコマンド プロンプトで、エミュレーターを起動できます。

"%ProgramFiles(x86)%\Microsoft XDE\10.0.10586.0\XDE.exe" /name "Emulator 10.0.10586.0 720P 5 inch 1024MB softbutton" /displayName "Emulator 10.0.10586.0 720P 5 inch 1024MB softbutton" /vhd "%ProgramFiles(x86)%\Windows Kits\10\Emulation\Mobile\10.0.10586.0\Flash.vhd" /video "720x1280" /memsize 1024 /diagonalSize 5 /language 801 /creatediffdisk "%localappdata%\Microsoft\XDE\10.0.10586.0\dd.720x1280.1024.vhd" /snapshot /fastShutdown /softbuttons

赤い文字は名前なので適当でOK。青い文字は設定変更ができるところです。

  • /Video 解像度です
  • /memsize です MB
  • /diagonalSize 画面のインチサイズです
  • /language 言語というかロケールIDです。英語が 409 で 日本語が 801でやっても日本になってくれなかった
  • /softbuttons をつけえるとソフトウェアボタン付きで起動します
Comments (1)

  1. ensu より:

    801はアラビア語(イラク)ですね。
    日本語のロケールIDは411のようです。
    ( https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc392381.aspx )

    また、/bootlanguage lcidで、端末自体の言語も変えれるようです。

Skip to main content