Windows 10 Technical Preview for Phones 公開


#wpdev_jp #wpjp

お待たせしました。Windows 10 Technical Preview for Phone が Window Insider 向けにいよいよ公開となりました。詳細情報はこちら。

Announcing the first build of Windows 10 Technical Preview for Phones

名前の通りですが、タブレットとスマートフォン向けに、PCと同じコアをもつWindows 10 です。

手順

こちらを試すには以下の手順が必要です。

  1. Windows Insider Program への登録
  2. 最新ビルドを受け取るために、デバイスをアプリから登録する
  3. 準備が出来ると最新ビルドがダウンロード可能になります

インストール後のお願い。

  • 内蔵の Windwos Feedback アプリを使って 問題点や提案等を送って下さい
  • 尚最終ビルドまでアップデート可能です
  • また、元のOSにいつでも戻すことが可能です

このバージョン

もちろんまだ開発中のものです。なので、バグがあったり、まだUIなども洗練されていない部分や、未実装になっている部分もあるかと思います。がその辺はどんどん直して更新してくれるようですね。で、このバージョンはPCのWin10TPに比べたらちょっとまだ完成度が低いように見えるかもしれませんがその通りだとか。まぁ基本的な部分はもちろん出来てますし、Office Universal Apps もちゃんと動きます。

このバージョンに含まれるもの

このビデオでいろいろ紹介しています。おなじみの Joe Belfiore ですが、日本語字幕もあるので安心。

ま、あくまでごく一部の機能だけの紹介ですけどね。

  • フルサイズの壁紙サポート
  • アクションセンターの改善:クイックアクションが増えました!
  • インタラクティブに進化した通知機能:トーストからそのまま返信もOK!
  • 音声-テキスト機能の向上(英語だとは思いますが):音声からそのままテキスト生成
  • Universal App version Office
  • より強力になった標準アプリ:OneDrive 連携、Collection View, 自動アルバム、ワンタッチ操作の音楽アプリ

現状での問題点と対処方法

現時点でわかっている問題がありますので、祖の対処方法についてはWebサイトをチェックしてください。

  • 既存のアラームが引き継がれない:アラームのリセット
  • WiFi 設定が引き継がれない:手動でWiFiを再設定
  • VPNが有効にならず、設定が落ちる:次のバージョンで対処予定
  • 追加言語のキーボードが表示されない:Windows Insider アプリでの再設定後、再度キーボードをダウンロード
  • メールやOneNote,Facebook に写真を添付しようとすると写真アプリが落ちる:何度か試してみて
  • Quiet Hours の間カレンダーをBusyにする機能が出来てない:
  • バッテリーセーバーアプリが表示されない
  • リカバリーツールのAPN設定のに日にちで弾かれる?:リカバリーツール前に一度マニュアル設定を
  • ローミング設定がONにもかかわらずローミングできない:いったんOFFしてONしてみて
  • Bluetooth ヘッドセットを使うとビデオが遅くなる:有線でお願いします
  • Microsoft Band が動作しない:いったん ペアリングを解除して、再度ペアリングしてみて
  • データセンスのデータがリセットされてしまった:残念ながら対応方法なし。リセット後からの計算になります
  • ロックスクリーン画面の設定ができないときがある:何度か試してみて
  • スタート画面におかれたプレイリストから再生ができない
  • コルタナのタイルが消えた:再度ピンして

対象

今のところ、内部テストでも文鎮化したものはないですが、勿論絶対とは言い切れません。そのあたりは自己責任でお願いします。

現時点での対象デバイスは:Lumia 630/635/636/638/730/830 (中国のMO版のものを除く)

930や1520については、OSパーティションの容量がタイトでそのためのパーティション調整機能を実装するため、今しばらくお待ちくださいとのこと。これは Windows 10 が大きいということではなく、むしろ今後更新する時のこの機能を適応することでより大きな空き容量を確保できるようになるとおもう。

なおこのWin10TPforPhone では日本語を含む25言語に対応している。

フィードバックよろ!

ということで、入れることができた人は忌憚ない意見をフィードバックでお寄せください。皆さんの意見が、皆さんの Windows 10 を作ります。フィードバックアプリは普通に起動できますが、電源ボタン+音量ダウン ボタンでどこからでも起動できます。

Comments (2)

  1. 隊長@やから建設 より:

    日曜日にLumia535を買いました。

    Nokia 636 ではなく、Microsoft 535を。

    理由はMicrosoft製なら絶対Windows10プレビューに対応してくると信じたからです。

    それ以外にこのタイミングで自社ブランド名に製品名を変える理由がないと思ったし。

    誰が何を保証したわけでもないです。

    ただ一方的に、勝手な根拠で信じて投資しただけです。

    でもかなり騙された気分です。。。

    自社ブランドを優先しないならわざわざ名前を変えないでほしいです。

    社名を信じて安心して買うユーザもいるのに。。。

    ここ数日深夜まで起きて、公開を待っていたユーザの正直な感想です。

  2. 高橋 より:

    ご意見。ありがとうございます。

    安心してください。ちゃんとWIndows10は出ますよ。

    以下はあくまで私個人の見解です。

    おそらく勘違いされていると思いますが、今回のプレビュー版は一部のユーザーの方に(広く広めていただくために)優先的に先行して使っていただくことを目的としたものではありません。あくまでも今後の製品開発のために皆様からのフィードバックをいただくためのものです。製品自体もあくまでまだ開発途中版です。

    ですから、目的であるより多くの必要なフィードバックを得られるような機種選定が必要で、例えばユーザー数の多いデバイス、もしくは今後Win10での主流となるスペックのデバイス、といった条件を考えて機種選定をしていると思います。そういう意味では、プレビューにおいてはMSロゴかどうかは全く問題ではありませんし、むしろ見方によっては、新しいデバイスはユーザー数が少ないため対象にしてもフィードバックの数を得にくいとも言えます。

    それにMSロゴが付いていてもNokiaロゴであっても、今は全て同じ自社デバイスですからね。http://www.microsoft.com/…/lumia

    もちろん、隊長さんのご意見も含めて、今後多くの方のフィードバックをいただけるよう、今後はよりプレビュー対象機種が広がるよう期待したいところです。(私が持っている 930・1320・1520・M4・BLUE HDはある意味全部落選ですw)

    そしてもちろん、535用のWIndows10 製品版へのアップデートははちゃんと出ると思いますよ。それこそMSロゴががついたデバイスですからね。

Skip to main content