IPv6 の無効化方法


IPv6 を向うにする場合、NICの IPv6 のプロトコルのチェックを外せばいいものだと思っていた。

image

しかし、実際にはそれだけではだめらしい。

コマンドプロンプトで netsh interface ipv6 show interface  と実行するとよくわかる。

  • ISATAP インターフェース
  • 6to4 インターフェース
  • Teredo インターフェースース
  • IPv6 Loopback インターフェース

Windows 8 のコマンドプロンプトで ISATAP インターフェースと6to4 インターフェースは無効化することができた。

が、実際には、以下のレジストリの設定で IPv6 の各コンポーネントを無効化できるようで。

  • キー :  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Tcpip6\Parameters\
  • 値 : DisabledComponents (DWORD)

で、それも今は Microsoft Fix It で修正してくれるらしい。一番安全で一番簡単なのでこれが楽。再度有効にするための修正もアップされているのがまたいい。

IPv6 または Windows のコンポーネントを無効にする方法

ただし、Loopback インターフェースだけは無効化できないようなので注意。

 

なんで、私が突然こんな話をしているかというと、自宅のマシンが突然死(フリーズ)することがたまに発生するようで、システムログを見るとその前に必ず IPv6がらみのエラーが発生しているようなので、いったん Ipv6 を止めようかと思ってイマココというところです。

まぁ、なんにせよ修正とかいろいろ出ているのねー。

Comments (0)

Skip to main content