コンテキストメニューの表示が遅いから


#win8jp

8インチタブレットを使っているのですが、どうもコンテキストメニューの表示が遅い。

初めは表示が出ない!と思っていたらマウスの場合は砂時計(に相当するリング)表示、タップの場合はちょっと待たされてから表示される始末。さすがに不快なので調べてみる。

image

ちょっと調べて、ためしてみて、ContextMenu に登録されたものが悪さしている可能性があり。例えばアプリとか、ネットワークフォルダ周りとか、ちょっと時間がかかりそうなやつ。

で、最終的な結論はIntel のグラフィックスコントロールのためのランチャーが原因みたい。でもってその設定の場所がレジストリの HKEY_CLASS_ROOT\Directory\background\shellex\ContextMenuHandlers\ 。壁紙のシェル拡張のコンテキストメニューにあるからですね。いちおうバックアップは取っておいてこの igfxcui を削除しました。

image

環境によっては igfx で始まるものが複数ある場合があります。これはデスクトップマシンですが、ATOMのタブレットでは3つありました。

で、削除したらすぐに効果は表れますので、早速右クリック!お、気持ちよく出るようになりましたね。ついでに Nvidia のメニュー NvCplDesktopContext も削除しちゃいました。通常設定なんか使わないから。

image

なにせWindows 8になってからはほとんどチューニングとかカスタマイズとかいらないので、レジストリなんかいじらなくなりましたね。これもじっさいデスクトップじゃなきゃ全く気にしないですし。ホントに久しぶりのレジストリいじりでした。

Comments (0)

Skip to main content