気になる 8インチ Windows 8 タブレット


ヤマダ電機オリジナルタブレット EveryPad Pro は Windows 8 のタブレットでした。いや、これはびっくり。

DELL の Venue 8 Pro にSIMをつけた感じのタブレットですが、Windows 8 の 8インチタブレットで初めてSIMが付いたモデルという感じですね。Venue 8 Pro はなかなか良いモデルだったので、これは気になるところ。8インチの Windows 8タブレットで気になるところといえばやっぱり ThinkPad 8 タブレットだったりします。最近 妻が職場で使っているのをちょっと触らせてもらいましたがすごく良かった。

image image

ということで、スペックで比較。比較として普及価格帯タブレット Miix2 8 を比較してみた。

  EveryPad
Pro
Thinkpad 8
Tablet
Miix2 8
参考価格 54,800円 53,460円 29,717円
CPU Z3775D
~2.41GHz
3770
~2.39GHz
3740
~1.86GHz
RAM 2GB 2GB/4GB 2GB
SSD 64GB 64/128GB 32GB/64GB
SCREEN 8インチ 8.3インチ 8インチ
解像度 1280×800
189dpi
1920×1200
272dpi
1280×800
189dpi
カメラ 1.2Mpx/5MPx 2MPx/8MPx 2MPx/8MPx
SD MicroSD MicroSD MicroSD
Wi-Fi 802.11b/g/n 802.11a/b/g/n 802.11a/b/g/n
Bluetooth v4.0 v4.0 v4.0
3G/4G 3G/LTE
HDMI MicroHDMI
WinBtn 全面下 全面下
サイズ 216mm
130mm
9mm
224.3mm
132mm
8.8mm
215.6mm
131.6mm
8.35mm
重さ 405g 430g 350g

 

SIMあり ★☆☆

外で使うならSIMが使えるのはやっぱりいいでしょうね。今は低価格なデータ通信SIMが手に入るので、いつでもどこでも通信できるのはやっぱりタブレットの使い道としては便利。もちろん外で使うという前提ならではですね。

WiFi 802.11a/n ★★★

もちろん n が結構速いならこれで大丈夫だと思いますが、a/n での高速通信が使えるのは重要です。やっぱりわざわざ優先つないで使うのは面倒ですからね。WiFIが早ければDLNAを使っての動画再生も快適になるのでここはやっぱりこだわりたいところ。

解像度 ★☆☆

1280x800あれば基本的には Windows 8 タブレットでは問題ないです。得に動画ならこの解像度で十分。でもThinkPad 8 の解像度は魅力。ただし画面の拡大縮小が走ってアプリによっては使いにくくなるものもまれにあるので注意。

CPU ★★☆

CPUの速さはアプリの速さよりも操作のレスポンス、と考えてもいいかも。タッチしてすぐに反応するかしないか。ここは大きく変わります。3740が遅いってわけではないですけどね。上を狙えるなら狙ったほうが解的になる。

RAM ★☆☆

大概のアプリは2GB出も大丈夫ですが、マルチタスクなった時に4GBだとスワップが置きにくくて快適になるかも。でもこだわるところではない気がします。

SSD ★☆☆

多ければいいけど、64GBあれば、使い道を考えれば十分。32GBでもまぁぎりぎり大丈夫。写真などはMicroSDを積極的に活用すればよいわけなので。大きいゲームをたくさんやるか、OneDrive の同期がたくさんあるか、その辺が判断するところ。

MicroHDMI  ☆☆☆

まぁ、通常であれば使わなそうだけど、例えば旅行先のホテルで、さいきんは液晶になっているためHDMIが使えたりします。つまりちゃんとケーブルを持っていれば動画などをホテルのTVで再生できたりします。まぁ、今後はここはMiracastに置き換わってくれるといいんですけどね。

【まとめ】Windows 8 の 8インチタブレットを選ぶなら

まぁ選ぶならこうやって選ぶことに。

  • 外で使う、SNSも電車でガンガン使う、という人なら  EveryPad Pro しかないですね。
  • このタブレットでドキュメントやコンテンツを楽しみまくる、という人なら Thinkpad 8。
  • ひとまずどうやって使うか、めいんはPCなら Miix 2 8でいいわけで。

それにしても、8インチなのであまりデスクトップ画面には期待すべきではないことは間違いなく。使えなくはないし、使わなければならないこともあるけれど、デスクトップメインで使うものではないから。マウスとキーボードをつないでデスクトップも、という人は どうぞ Surface を使ってくださいなw

あ、そうそう、大事なのが質感。DELL は後ろがプラ/ラバーのような素材で、全面は黒。悪くない。Thinkpad 8 の質感はさすがといったところ。重いけど完成度は高いです。Miix8 は軽くていいんですがちょっとプラスチックな感じが否めない。そして淵のメッキもちょっと個人的には残念なところ。

まぁ、こんな比較ができるようになったんだからうれしいですけどね。

Comments (1)

  1. 通りすがり より:

    SIMがついたと書かれていますが、3GならVenue 8 Proのオプションとして存在してましたよ。

    ヤマダモデルはLTE対応になったのが大きな違いです。

Skip to main content