Windows Phone ユーザー&開発者の皆様へ

Windows Phone Advent Calendar 2013 の25日目 Final です。 よせばよかった最終日。皆さんの記事のクオリティが高すぎて、また、自分の立場もあって書けることが無い! この記事について 新しい発表はありません タメになる話もほとんどありません 誤字脱字も多いかと でも感謝してます>Windows Phone Lovers ! ■ Windows Phone Advent Calendar 2013 ありがとう まずは、主催していただいた od_10z さんに感謝します。そして、寄稿していただいた24名の方にも感謝します。いろいろ細かいことを言い始めると暗くなってしまったり、しなくてもいいのに謝り侍モードになりそうなのでやめておきますが、こんな状況にもかかわらず Advent Calendar が瞬殺となってかなり濃い内容を描いていただけるのはホントに感謝です。 さて、勢いで最終日にエントリーしてしまったのですが、細かいネタを1つだけ書いても仕方がないし、まぁ振り返りと今後(といっても書ける話があるわけではないですが)に向けてのお話しでも。 Lumia 1520: 6インチFullHDのこのデバイスは新しい何かを感じさせてくれます。日本人には受けると思う! ■ 自分のこと 私は、クライアントアプリ開発系を担当しているエバンジェリストです。基本的にはMSのほとんどのエバンジェリストは開発もしくはインフラ系が担当であって、どちらかというと製品ではありません。製品担当は別の部門です。ですのでやれることは限られています。とはいってもできることはやってみるという主義でいろいろやってます。 そんな時、メール、SNS、場合によっては2chから直接、間接的にいただく多くの叱咤激励は、時に私にとっては大きな資産でありエビデンスとなっています。なぜか? 先日も、Bing アプリのフォントの問題で、(ようやくたどり着いた担当部門に)メールをしました(何度目だろう?w)。大概こういうメールの時は皆さんを引き合いに出さしてもらっています。「多くの日本人のユーザーから、たくさんのフィードバック、クレームをもらっている」とw。「日本にはWP8はないよね」といわれても、「実際に多くのユーザーはいてフィードバックをもらっているし彼らからは応援されている」と言い張ってますwま、これは入り口に過ぎないですが、皆さんの掲載された記事などを引用することもあります。 今は、通常のエバンジェリストとしてのタイトルに加えて Windows Phone 7の時から Windows Phone の日本の Champ として、より深くかかわることができるようになりました。だからこそ、IS12Tだけでなく、Windows Phone 8 でも皆さんに還元したいと思いつつ、毎週深夜の定例ミーティングで悶々としている日本のChampだったりします。 HTC 8X: 今でも大好きなデバイスの1つです。これも同僚に見せると本当に人気がありました!…

0

Windows Phone Advent Calendar 2013 の投稿一覧

Windows Phone Advent Calendar 2013 の投稿一覧です。 参加された皆様ありがとうございました。 【使い方】意外とカスタマイズされてたIS12T ―高度な設定って何に使うねん― | od_10z 【開発】WindowsPhone8 広告収益の選択肢に関して | CryEarth_Sasaki 【使い方】なぜWindowsPhoneなのか: WMから | Clover4_EN07 【使い方】WPでWPに関する記事をWPアプリを使ってWPに投稿してみる | Pandora_Ovis 【使い方】Windows Phone でもストアギフトカード | kazuakix 【使い方】Surfaceの進むべき方向を指し示す光:Lumia 520 – Viva! マイタブ  | rtsurface 【使い方】Windows Phone 音楽プレイヤーアプリ 徹底比較 | FIWWA 【開発】Windows Phoneでmarkdownで書いたテキストをhtmlに変換して表示する | ch3cooh 【開発】Socket通信でWindows Phoneの呪縛を解く | mitsubayu 【開発】BluetoothによるWindows Phoneとデバイスの連携 | kumar0001 【開発】Windows Phone 8からbluetooth経由でデバイスと接続する…

0

9:16 x 3 ≒ 15:9 ≒ 16:9

#win8dev_jp 基本的に最近の Windows 8 の画面の縦横比は 16:9 が多い。 1366×768 しかり、1600×900 はもちろん、1920x1080もそう。Windows 8 というよりも、タブレットやPC,スマフォが基本この比率が多くなっている。 横方向1画面を縦で表示した場合 さて、Windows 8 は基本横で使うことが多いのでこうなる。 ではこれをそのま縦で使った時はどうなるか? たいていの場合、縦が画面に合わせられて横が長くなることになる。 縦方向1画面を横方向に表示した場合 逆に縦前提で考えてみるとこうなるわけですが、 これを横画面で表示するとこうなります。 縦方向に縮尺されて並べるとだいたい3枚分くらいになるんですよね。 けいさんするとこういう感じ 9:16 x 3 ≒ 15:9。 そんなわけで、初めからこんなイメージで画面設計をして、縦でも横でもうまく最適な表示を検討するのもありですね。 なので実はハブが便利だったりする そんなわけで横長の画面に縦長のページ的な概念にすると、縦横両対応の画面が作りやすいわけでそういう意味で Windows 8.1 から登場したハブコントロールはうまく使うと便利なパネルとなる。 悩みは尽きない とはいえ、Windows 8.1 だとこんなことも考えないといけないわけですがw これもハブパネルだったらひとまず大丈夫だったりする。

0