Windows 8.1 の IE11で対応されないサイトがある場合


ご存かとは思いますが、Windows 8 ではブラウザが新しく Internet Explorer 10になり、Windows 8.1 でも、また新しく Internet Explorer 11になってます。つまり、Windows 7のころから見ても2バージョン新しくなってます。

Windows Windwos 7 Windows 8 Windows 8.1
Internet Explorer  IE8 IE9 IE10 IE11

ブラウザの乱立によるサイトの個別対応。その結果…

そして、世の中的にはスマフォの台頭によりよりさまざまなブラウザでよりリッチな表示が求められ、結果的にブラウザ(場合によってはそのバージョン)ごとに表示を変えているところも少なくありません。

その結果、IE11で接続した場合、IEとしてみてくれればいいのですが、バージョンまで含めてみている場合などは、残念ながら「未知のブラウザ」と判定されてしまう場合もあります。その場合「お使いのブラウザは対応していません」として、機能が使えないなど、サイトによっては問題が出る場合もあるかもしれません。

まずはF12でチェック

もし「お使いのブラウザは対応していません」的なメニューが出た場合、はこちらのツールで設定を変更して試してみてください。

  • ツール名:F12 開発者ツール
  • 起動方法:F12キーを押す

F12開発者ツールは画面下に出てきます。開発者ツールといっても簡単にブラウザ設定が変更できる追加メニューだと思ってください。

image

ちなみに、名前の由来を説明したかったのでキーでの起動をご紹介しましたが、右上の歯車のメニューから呼び出すことも勿論できます。

  • ツール名:F12 開発者ツール
  • 起動方法:歯車のメニュー(Alt-X) + F12 開発者ツール(Alt-L)

image

動作確認の方法

確認は、うまく表示されないサイトを開いた状態で、以下のように設定します。

  • 左のアイコンは一番下のエミュレーションを選んで(たぶんはじめはこれになってます)
  • 「ドキュメントモード」を (IE)10などにして試してみる(下の図で言うところの青い部分)
  • ダメならもう少しバージョンを変えてみる。

ですね。もしドキュメントモードの設定変更でダメだったら こちらも試してみてください。

  • 2つ下の「ユーザーエージェント文字列」を (IE) 10などにしてみる

サイトによってどちらの情報をもとに動作を変えているのかわからないので、どちらになるかはやってみないと難しいです。

image

ちゃんと表示されましたか?

継続利用するなら互換性設定

さすがにこれ、毎回やるのも大変ですよね?

何とかうまく表示できるようになって、 継続的にそのサイトを使う場合は互換性設定をしておきましょう。互換性設定は右上の歯車アイコン(Alt+x)を押して互換表示設定(Alt+B)で表示します。  

image

互換性設定が表示されたら、今表示されているサイトのドメインが表示されているので、「追加」ボタンを押してやれば追加されます。

このように追加されれば、次回からは設定した互換性モードで表示されるようになります。サイトがIE11に対応したならば子の設定は削除すればいいですね。

image

 

ストアアプリタイプのIE11は?

ご存知のように Windows 8には2つの IEが用意されています。これまでのデスクトップで使っていたデスクトップIEとストアアプリケーションタイプのIEです。デスクトップ側の設定は上記のように設定すればよいのですが、ではストアアプリタイプのIEについてはどう設定したらよいいのか?

じつは、基本的に設定は共通です。ですから上記のようにデスクトップIEで設定するだけでOKです。

ですので、Surface 2などタブレットメインでストアアプリタイプのIEをメインに使っている方も、設定の時にはデスクトップ側のIEで設定をしてください。

やってみた例

このサイトの、初めての方へのページ

http://shinsei.e-gov.go.jp/menu/setup/index.html

このような画面が出てしまいました。なので、一番バージョンが近い IE9 の互換性を調べてみましょう。

image

⓪ 事前準備

他のサイトでは必要ないと思いますが、このサイトのセットアップのために2つの手順をして始めます。

  • ポップアップブロックの設定 :このページの一番下にある方法で登録しておいてください
  • Internet Explorer 11 を管理者で起動する(CtrlとShiftを押しながらIEをクリック)

① 互換性モードを適応する

まずは該当のページを開いて、 F12をおして左のメニューの一番下を選びます。

image

このサイトの場合は、ドキュメントモードではなくユーザーエージェント文字列を Internet Explorer 9 に変更してみると、無事セットアップを進める画面が表示されました。 (もしカスタムしか選べない場合は、Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0)  を入力してください)

image

② Javaのインストール

ボタンを押してJavaのインストールに進みます。(「Windows 7をご利用の場合」のほうを選んで、枠内の初めのほうにある Java最新ダウンロードのリンクをクリックします)

別画面(タブ)が立ち上がりインストールを進めます。(「同意してダウンロードを開始」ボタン後画面下に表示されるポップアップで「実行」を押さないと進まないので要注意!)続けてダイアログに従ってダウンロードと、インストールを進めます。

③ e-Govプログラムのインストール

インストールが終わったら、元の画面の一番下に行って「e-Govプログラムのインストール」ボタンを押します。

image

画面に従って進めると、プログラムのダウンロード画面に進みます。で、このような表示になります。(ここでエラーが出ている場合は、Javaのインストールが出来てないのでもう一度やり直してみてください)

image

こんな感じで進みます。ダウンロードを押すと「インストールフォルダの指定」が出るのでそのまま了解を押して進めましょう。(最初にエラーが出るかもしませんが、その時はもう一度ダウンロードを押してみてください)

④ 実行してみる

実行するときは普通にIE11を起動して実行すればOKです。

試しに申請画面を表示してみましたが、以下のように、表示されてるのでたぶんうまく行けていると思います。尚、初めて申請(このシステムを使うときに)「ワークフォルダの指定」をするポップアップが出るかもしれませんが、その時はそのまま了解を押しやればOKです。

image

ただ、一応対応してないということで、完全な動作保証はできないのでご了承ください。

ポップアップブロックの設定

尚、このサイトの場合ポップアップブロックに引っかかって問題になることもあるようなので、ポップアップブロックも回避しておいたほうがいいでしょう。

IEの右上の歯車マークから「インターネットオプション」を選んで、表示された画面の「プライバシー」タブを選びます。

image

画面下のポップアップブロックの欄の「設定」ボタンを押して設定画面を表示します。

上の欄に「*.e-gov.go.jp」と入力して、右の「追加」ボタンを押します。下の欄につかされていればOK。あとは閉じます。

image

Comments (2)

  1. takai より:

    IE11なのに、fc2サイトのfacebookのいいねボタンが画面に出ていない。それ以外のニュースサイトも同じ現象です。なぜなのでしょうか?対処方法を教えてほしい。

  2. IEを使うのやめようぜ より:

    Googleのクロームをお薦めします。お気に入りの移行も簡単です。

    不具合もほとんどありません。IEは新旧全部にバグがある上、セキュリティーの問題も抱えています。

    最悪のブラウザです。使い続ける意味がわからない。今すぐクロームにしよう。

Skip to main content