合字回避定義を4クリックでプロジェクトに入れる方法


#win8dev_jp

■ シリーズになっちゃいました。

■ さて本題

Windows ストアアプリで合字処理が出た場合Windows ストアアプリで合字処理回避を美しく処理する で、フォントを変更した際の合字の対応方法を書きました。

で、毎回それを思い出してコピペするのも面倒です。その都度、ほかのプロジェクトを探すのも面倒です。

幸い内容は固定なのでここは Visual Studio に覚えてもらいましょうコードスニペットです。

■ 設定方法

設定が入ったスニペットファイルはこのページの一番下からダウンロードできます

ドキュメントライブラリ → Visual Studio  2013 → Code Snippets → XAML → My XAML Snippets のフォルダに、添付の TextBlockStyle.snippet を張り付ける。面倒なら Explorer で %HomePath%\Documents\Visual Studio 2013\Code Snippets\XAML\My XAML Snippets と指定して、開いたフォルダにTextBlockStyle.snippet を張り付ければOK。

これだけです。

使い方

App.xaml を開いて、Application タグの間で右クリックし、「スニペットの挿入」を選ぶ。(2クリック)

image

My XAML Snippets を選んで、 (1クリック)

image

TextBlockStyler を選択します。(1クリック)

image

完了です。(計4クリック)

■ 応用はあるけれど

リソースディクショナリを作ってみて使いまわすなどがありますが、その都度探すのも面倒です。(ほかのさまざまなリソースがある場合は、1リソースディクショナリにまとめるのもよい方法です)

また、不要なリソースを作るのはアプリケーションの肥大化になり、ローディング時間の延長も発生しるので、このように必要なものだけど、App.xaml に入れるのが一番良い方法かと思います。

TextBlockStyle.snippet

Comments (0)

Skip to main content