App Studio と端末アンロック


#wpdev_jp

Web から Windows Phone アプリケーションが作れる Windows Phone App Studio が公開されています。これに伴い、開発端末登録の仕様が変更されました。

App Studio

サイトに行くと、からのアプリケーションを作成するか、いくつかのテンプレート(下記サイトのタイル1つ1つがそれぞれテンプレートとなっています)をベースにアプリケーションを作ることができます。

http://apps.windowsstore.com/default.htm

image

テンプレートを選ぶとこのようにアプリケーションのプレビューを見ることができます。基本的にはパノラマベースの情報集約アプリケーションですね。

clip_image001

後は、コンテンツを追加して、スタイルを設定して完成という感じです。最終的には、Visual Studio の開発プロジェクトが作られ、ダウンロードして使うことができます。勿論これを Windows Phone Store に出すことも可能でしょう。

完成したアプリケーションはVisual Studio のApplication Deployment ツールを使って端末にアプリケーションをインストールすることができます。

誰でも開発端末登録が可能に

そして、これに伴い端末の開発端末登録、いわゆる端末のアンロックのルールが変わっています。

  • 誰でも1台の端末に限りアンロックできる
  • アンロックされた端末には最大2つのアプリをサイドローディング(PCからのXAPインストール)できる

勿論これまで通り、開発者登録された方は 3台の端末をアンロックでき、各端末ごとに最大で10個のアプリケーションをサイドローディングすることができます。

 

関連リンク

Everyone can build an app – introducing Windows Phone App Studio beta

Making it easier to get started with Windows Phone App Studio beta, simplified phone registration, support options & more payout markets

Microsoft debuts Windows Phone App Studio so anyone can make apps, simplified phone registration, and chat support

Comments (0)

Skip to main content