VS2013 Preview ハブアプリ


#win8dev_jp

先月末に公開された、 Visual Studio 2013 Preview では新しい Windows 8.1 対応アプリケーションを作ることができる。そして、新しいハブコントロールを使った ハブアプリテンプレートも追加されている。

しかし、このハブアプリケーションのプロジェクトを作成して実行すると XamlParseException が起きてしまう。

image

実はこれ、日本語アプリケーションなのに、英語リソースしかないのが原因。String フォルダを見ると en-us フォルダしかない。そしてその中に入っているのは日本語のリソース。

image

なので、これをja-JP のフォルダ名に変えてやる。

image

これで、無事ハブアプリケーションが作成されて、実行される。ということでどう見てもテンプレートのバグだよね。

image

ハブアプリケーションは、各データのまとまりとしてハブセクション子要素を持つコンテナ。1ページめは、コンテンツとして表紙画像を2ページ目には画像とTextBlock をGridで並べ、ページ目にはリストにデータテンプレートで装飾したものを置いている。画面にあるだけで3ページある。このようにレイアウトをそれぞれ設定できるのがメリット。スクロール+ページの概念があるので、Windows Phone のパノラマのイメージに近いかもしれない。

今までであれば、ScrollViewer にStackPanel を配置して、そこにパネルで構成された各ページを置いていた。

ただ、ハブコントロールなら各ページにヘッダがあるなど、ある程度統一デザインにできるメリットがある。ぜひこれを生かしたページを作ってほしいです。

Comments (0)

Skip to main content