誰も作らないだろうけど、USBペンフォルダーのつくり方


#SurfaceJP

誰も作らないだろうけど、USBペンフォルダーのつくり方

道具

万力はあれば便利、革用の針と糸。糸はロウ付けといってロウが塗ってあります。菱目打ちで糸を通す穴をあけます。ペンチのようになっているタイプもあり。金ノコは小型で使いやすいのがいろいろ出ています。あとはニッパーやカッター、ラジオペンチなど。

材料は1mm厚程度の皮といらなくなったUSBコネクタ。

 

WP_20130609_022

カット

革をカットして菱目打ちで穴をあけます。

image

USBコネクタを切ります。斬ったら開きます。

WP_20130609_012

縫います

内側からとおして、一度外を巻いて再び革を通します。両方から糸をしっかり引っ張る。

WP_20130609_007 WP_20130609_008

隣に穴に通して、今度が逆側の外を糸で回ります。

WP_20130609_009 WP_20130609_010

初めの穴に戻ってきたら、もう一度来た道を引き返して、外→内側 と来れば完了。糸は根元でカットします。

スタンプ

スタンプは革を切ったときか、縫ってからスタンプする場合は、ペンを通してやるとやりやすい。革対応のインクで。

WP_20130609_011

詰める

革をコネクタに詰める前に万力でつぶしておくとやりやすいです。

WP_20130609_016 WP_20130609_018

入りにくい時は、革の端をつぶしながら押し込みます。革が傷つかないように注意。ゆるみの調整はここでペンを通して緩すぎない状態に。

WP_20130609_019 WP_20130609_021

後はカシメめます。開いたコネクタの皮側の角をまげてストッパーにします。

WP_20130609_013 WP_20130609_014

余分な皮をカットして完了。

WP_20130609_015

大体30分くらい。慣れると10-15分くらいで作れます。ってか、だれか商品化してください。

Comments (0)

Skip to main content