オリジナル デザイン Wedge マウス


Surface の背面を保護する って記事を以前書きました。次はマウスです。Microsoft の Wedge Touch Mouse。その魅力はやっぱり平面で構成されていることでしょう。

ということで、今回も型紙です。今回使ったシートは エーワン(A-one) インクジェットプリンタラベル ピッタリ貼れるのびるラベル 白フィルムタイプ はがきサイズ ノーカット 4シート 29298。伸びなくてもいいのですが、まぁ手元にあったので。

さて、PowerPoint でこんな型紙を作りました。

image

2枚分取れるようになります。下のほうにガイドラインが仕込んであります。手前はマスク用の画像ですね。左側にあるのはマウスの位置をイメージするための写真です。

まずはここに好きな画想を貼ります。そうしたら、最背面に移動して、そして大きさと位置を合わせます。上下の部分はグレーに見えますが半透明の白があるせいで、実際は黒です。

image

他の画像を入れてもいいですし好きに調整。

最後に、表面のマスクをずらすか削除するなりします。これで印刷できる状態です。

image

後はそのまま印刷します。必ず等倍で、縁なし印刷はしないようにします(縁なしは勝手に拡大するので)

フィルムタイプは少し乾くのに時間がかかるものもあるので注意です。

印刷出来たらカッターで線に沿って四角く切ります。力を入れて1回で切ろうとすると曲がるので、薄く3回から5回ぐらいで切るイメージで力を入れずに切ります。

WP_20130515_001

カットしたら貼るだけ、マウス先端の裏のところを慎重に併せたら表に向かって貼っていきます。もし長すぎたら端は切るか、ってしまいましょう。

空気が入らないように注意!そして張った後でいいですが、Microsoft ロゴがあった部分の下のあたりはカッターで切って分断しておきます。こうしないとマウスのボタンが押しづらくなります。

WP_20130515_002

何でどちらも楽器かというと別に意味はないんです。

ちなみに、私は2代のPCで2台のWedge Touch Mouse を使っていたのですが、どちらをペアリングしてたかわからなくなってしまうことがあったんですね。でも、こうやって区別すれば大丈夫。まぁ、マルチペアリングもできなくはないんですが。

MousePrintTemplate.zip

Comments (0)

Skip to main content