PowerPoint で画像を切り抜く


これも図形の合成の応用ですね。こんなかんじ

image

作り方

さて、いつもの画像です。#SurfaceJP の部分だけ切り抜きましょう。

image

まずは切り抜くところに合わせて図形を作ります。

image

そして図形の塗りつぶしを「なし」にして透明にします。ここポイントね。(注意:わかりやすいように輪郭の色と太さを変更しています)

 

image image

そして、枠線になった図形を画像の背面に移動します。

 

image

あとは、図形の結合から今回は「重なり抽出」を選べば切り抜きが完成です。

 

image image

画像を切り抜けば、ドロップシャドウを入れてみたり、極太輪郭を入れてみることだってできます。

 

image image

元画像を、グレースケールにして、明るさを暗くしたものを作って(これは全部PowerPoint 2013の機能)重ねれば、みごとクラウディア Surface だけが浮かび上がります。

image image

元画像と比べると、だいぶメッセージが明確になってることがわかります。

これはプレゼンテーションにおいて重要なポイント。ただ写真を持ってくるだけではなく明確にそこにメッセージを込める方法として使ってみてください。

Comments (0)

Skip to main content