Windows ストアアプリのプレーンなテンプレート WinApp 1.0


#win8dev_jp

Windows 8 には3つのテンプレートがあります。が、個人的に言うと、どれも帯に短したすきに長し。Windows Phone の開発環境周りが良くできてるので余計そう見えてしまいますね。

Win8ってちょうどいいテンプレートがない

Windows ストアアプリケーションのテンプレートはどうもしっくりこない。

clip_image002

新しいアプリケーションは、何も入っていなさすぎ。 といってグリッドや分割アプリケーションはいろいろ入っていすぎ。

自分で作る時は、こんな感じでスターっとプロジェクトを作ってます。

  • 分割アプリケーション + 基本ページ(起動画面に設定)ー 既存2ページ ーサンプルデータ

WinApp テンプレート

そんなわけで面倒なので、その状態のテンプレート WinApp テンプレートを作りました。って言っても、上の操作をしたうえでテンプレート化しただけですけどね。中身的には、新しいアプリケーションと同様、MainPage があるだけです。余計なものはありませんが、Common は参照済みなので、基本ページ等を追加するのは便利。

使うときは、回答せずにそのまま ドキュメントフォルダ内の VisualStudio2012> Templates> ProjectTemplates> VisualC# においてください。新しいプロジェクト作成ダイアログで、左のペインから VisualC# を選ぶと WinApp があるはずです(Windows ストアを選ばないように)

image

スワイプ ナビゲーション 機能を実装

そのままでは面白くないので、1つ機能をつけてます。(実はこれが目的だったりして)

画面の左右スワイプでページ遷移を行えます。ちょうどWindows Phone のPivotみたいな操作方法 (ループはしませんが)。画面をちょっと左右に引っ張ることができてある程度引っ張ると画面遷移が起きます。

clip_image003

移動先のページは、nextPage プロパティで指定します。ひとまずプロジェクト作って、起動してコンパイルしたら nextPage の設定をすれば動きはすぐに確認できると思います。(MainPage のインスタンス内にサンプルコードがあります)

ただ、画面のパーツが増えてきて、それぞれがイベント拾い始めたらうまくいかなくなるかもしれないですけどね。それはまぁ仕方がない。

注意

内容については一切責任を取りません。

WinApp1.0.zip

Comments (0)

Skip to main content