明日のUX-TV は 徹底的にExpression Blendです。

#wp7dev_jp 明日(12/2)放送の UX-TV は「徹底的にExpression Blend」 です。 予定している内容はこちら。 なぜBlendが難しいのか? Blendでやると便利なこと 必須の基本操作 Blendでやるべきこと : そもそも、使いやすそうな Expression Blend はなぜ難しいのか? をズバッと回答してから、Expression Blend の正しい使い方、正しい使われ方についてご紹介します。 細かい使い方もそうですが、 どういう時に使えばいいのか? 何から覚えればいいのか どこを使えばいいのか? Blend で **** をやるうえでの極意 そんな疑問にお答えするようなセッションです。 Expression Blend を使いこなしている人から怒られてしまうセッションになるかもしれませんが、そこはご勘弁。 お楽しみに、30分で終わらなかったらごめんなさい! ということで、UX-TV 12月の番組表 はこちら。

0

Windows Phone Emulator Skin 修正

#wp7dev_jp 昨日公開した、Emulator と Visual Studio 用の IS12T スキンですが、一部ファイルに不備があり、戻るボタンの長押しができませんでした。その他英語環境に対するセットアップの修正希望もございましたのでこちらも追加しました。(noneさん、tezawalyさん、ご指摘ありがとうございます) なお、利用については自己責任でお願いします。一部ファイルが追加されておりますが気にしないでください。再頒布、二次加工棟はご遠慮ください。 WindowsPhoneEmulatorSkin.zip

0

Emulator と Visual Studio 用の IS12T スキン

#wp7dev_jp 最近セミナー等でたまに紹介している、IS12T用のスキンです。 追記 11/29 ファイルに不備があり、戻るボタンの長押しができませんでした。修正版をご利用ください。→ WindowsPhoneEmulatorSkin.zip ・ セットアップを実行すると、エミュレーターとVisual Studio の開発画面のいずれのスキンも書き換えることができます。 ・ マゼンタ、シトラス、ブラック、そして オリジナルの4種類のスキンを用意。いつでも戻せます。 ・ Visual Studio の再セットアップなど不要 ・ ボタンを押すとちゃんとと光ります    こちらはVisual Studioの開発画面。より実機に近いイメージで開発が出来そうです。 インストールはファイルを回答して、使用したいスキンのセットアップファイルを管理者権限で実行します。 使用するときには自己責任でお願いします。 WindowsPhoneEmulatorSkin.zip

1

Dictionary と ListBox のデータバインド

#wp7dev_jp Dictionary はkeyとValueの簡単なデータソース。リストとバインドするとお手軽に利用できます。 public partial class MainPage : PhoneApplicationPage {     Dictionary<string, string> dStudent = new Dictionary<string, string>();     ListBox myListbox = new ListBox();     // コンストラクター     public MainPage()     {         InitializeComponent();         dStudent.Add("先鋒", "高橋");         dStudent.Add("次鋒", "大西");         dStudent.Add("中堅", "太田");         dStudent.Add("副将", "川西");         dStudent.Add("少将", "田中");         dStudent.Add("大将", "安納");         dStudent.Add("総大将", "杉田");…

0

各国のUIフォントに対するためのより簡単な対応方法

#wp7dev_jp Windows Phone アプリケーション開発時の対応策を前回紹介しましたが、より簡単な方法をご提案いただきました。感謝! 綾野ちい さん、Shintaro Wakayama さんありがとうございました。 もっとも簡単なマルチランゲージに対応したエレガントなやり方 ようは、ページごとに設定するのではなくその上位のFrameで設定すればいいという話。WPFやSilverlightは上位の設定を引き継ぎますからね。 やり方は(紹介してくれた方法とちょっと違いますが)App.xaml.cs のなかの App のクラスのコンストラクタにこちらを入れるだけ。 using System.Globalization; using System.Windows.Markup; public partial class App : Application {         :     public App()     {             :         RootFrame.Language = XmlLanguage.GetLanguage(CultureInfo.CurrentUICulture.Name);     } } もしくは、1行だけで対応したい場合はこちらですね。 public partial class App : Application {     :     public App()    …

2

フォント遊び

#wp7dev_jp Windows Phone はOSとしてフォントを拡張することはできません。しかしSilverlightアプリケーションはアプリケーションの中にフォントを含めて利用することはできます。効率は悪いですが、自分のアプリでぜひ試したいというのであれば、選択肢として考えてみるのもいいでしょう。 ただ、ライセンス上で問題がある場合があるのでそこは注意です。今回はフリーのライセンスフォント Migu 1Cを試してみました。埋め込んで配布の際には、IPAフォントライセンスに従い、例えばIPAフォントライセンスAgreementなどをアプリの中で表示できるようにする必要があります(ヘルプなど)フォントサイズは約3.2MB。大きな画像ファイルと思えば気になるサイズでもない。32GBのIS12Tにはどうって事ないサイズ。 ちなみに、英語フォントなら種類も山ほどあるので、うまく使えるかも。 さて、本題。 フォントはプロジェクトに追加して、コンパイルオプションをResourceとします。コードからの利用方法はこんな感じ。(本ではp397の19.12)             <ListBox Name="listBox1" FontSize="28" FontFamily="/PhoneApp36;component/fonts/migu-1c-regular.ttf#Migu 1C"/> Yu Gothic を使うならこう変えればいい。 <ListBox Name="listBox1" FontSize="28" FontFamily="Yu Gothic"/> コードから動的に変える場合も同じ。FontFamily で指定する。             listBox1.FontFamily = new FontFamily("/PhoneApp36;component/fonts/migu-1c-regular.ttf#Migu 1C"); もしくは、             listBox1.FontFamily = new FontFamily("Yu Gothic"); 見た感じはこうだ。左が、Migu 1C。右が YuGothic。 下が黒。前も言ったことがあるが、文字を読むなら白背景のほうが見やすいと思う。 デザインによるアプローチもあるがこういった、フォントによるアプローチというのもありかと。Yu Gothic, Meiryo UI、そして追加したフォントの切り替えはそれほど難しくはないので、ユーザーの選択肢として機能を付けてみるのもいいかもしれない。

0

アプリ案 備忘録

ゆるい家計簿 支出だけの入力 カードか、現金か 月単位で支出のチェック 過去1週間、1か月単位で支出のチェック 生活費、食費、娯楽、その他 万、5千、千、5百、百 かな。簡単入力と軽快さ重視。

0

Panorama フォント遊び

#wp7dev_jp Panorama Template Jp との複合技。結構かわいい。 試してみたのは IPA明朝。   <controls:Panorama Style="{StaticResource PanoramaTemplateJP}" >     <controls:Panorama.Title>         <TextBlock Text="ちゃんねる" FontSize="113" FontFamily="/PanoramaApp4;component/fonts/ipamp.ttf#IPAPMincho"/>     </controls:Panorama.Title> フォントはリソースとして登録。 5MB 位は、まぁ、気にしないでいいでしょう。まぁ本文で使わないのであれば、画像でも十分ですけどね。

1

Set application language setting to support correct UI font

Problem Windows Phone OS use Chinese font to show double byte letters for English application now. So, some Japanese letters were shown by this Chinese font.We have many claims from Japanese user. It looks like use Greek font for show English. Sample This application name use 4 Kanji Letters. 忍化花直 But, Windows Phone application use…

0

各国のUIフォントに対するための対応方法

#wp7dev_jp より簡単な方法ができましたのでこちらをご参照ください。→ 各国のUIフォントに対するためのより簡単な対応方法 Windows Phone アプリケーション開発時の対応策。とりあえずということでPhoneApplicationPage に Language=”jaーJP” をハードコーディングする方法をご紹介していましたが…. マルチランゲージに対応したエレガントなやり方 Language=”jaーJP” をハードコーディングするのではなく、コンストラクターで地域を取得して設定する方法を @ChiiAyano さんがご提案してくれました。ナイス!やり方は、PhoneApplicationPage のクラスのコンストラクタにこちらを入れるだけ。 using System.Globalization; using System.Windows.Markup; public partial class MainPage : PhoneApplicationPage {     // コンストラクター     public MainPage()     {         InitializeComponent();         this.Language = XmlLanguage.GetLanguage(CultureInfo.CurrentUICulture.Name);     } } もしくは、1行だけで対応したい場合はこちらですね。 public partial class MainPage : PhoneApplicationPage {     // コンストラクター    …

1