windows 7 マルチタッチ 対応アプリケーション 開発者会議 ありがとうございました


本日(昨日)windows 7 マルチタッチ 対応アプリケーション 開発者会議 にご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

中には日本各地から今回のイベントの為にお越しいただいた方もいらっしゃったので大変感謝しております。

これまでタッチアプリケーションについての開発者向けのセミナー等も行ってきましたが、今回は様々なタッチアプリケーションの開発プロジェクトを見てきたり、じぶんでも開発してみたりした中でのUXの観点で、「タッチアプリケーション開発の勘所」をまとめさせていただきました。項目にしては6項目、内容は見てみれば「あたりまえ」というものですが、それらの一つでも納得してそしてアプリケーションの中で形にしていたければうれしい限りです。

皆様からの声は今回の事務局を通じてもうかがっています。もし何かございましたら開発者事務局までご連絡下さい。

p.s.1

タブレットのイベントでアップダウンが同時発生する問題ですが、TouchDown イベントが発生する正確なタイミングは、指がタッチした際ではなく、タッチして移動を開始したときになります。ただし、Stylus.IsPressAndHoldEnabled 添付プロパティを False にすれば、この機能を解除できます。

p.s.2

ちなみに配布したSlatePCですが、ちょっと使ってみたらUSBメモリや、SDカードなどを使ってReady Boost も試してみてください。もしかすると Ready Boost の恩恵を体感できるかもしれません♪

Comments (2)

  1. TechBee より:

    昨日 windows 7 マルチタッチ 対応アプリケーション 開発者会議 に参加させていただいた TechBee と申します。

    いくつもの質問をさせていただいたことに対して丁寧にご回答いただきましてありがとうございました。

    とても有意義な時間を過ごさせていただきました。

    取り急ぎ今週中にスレートPC用のカスタムコントロールをベクターにアップさせていただこうと考えています。

    よろしくお願いいたします。

  2. 須永定治 より:

    遅ればせながら、

    windows 7 マルチタッチ 対応アプリケーション 開発者会議

    に参加させていただきました。

    ご提供いただいたスレートPCを使わせていただいています。

    参加前は、

    「役人的・政治家的な内容で自画自賛の内容になるのかなぁ」

    と思っていたのですが、自分の言葉で相手にわかってもらえるような説明で

    「マイクロソフトさんの人はソフトを作るのが好きなんだ!」

    ということを実感でき、今までのマイクロソフトさんに対するイメージが一変しました。

    タッチ機能を使ったユニークなアイデアがいくつか浮かびました。

    もう少したったら作り始めようと思っています。

Skip to main content