Windows 7 好みの液晶


Windows 7 になってからデスクトップの使い方が変わってきている気がします。

どこにでもおけるガジェットは常時データを入手できる情報源として以前よりも有効になった気がします。そして常に大きいパネルを広げていることが多いです。端に並べて置かなくても、ウィンドウの陰に隠れていてもWindowの透明化ですぐに確認できるのがいいですね。マウスならタスクバーの右端にマウスを移動、キーボードならWindows+スペースでOKなので便利です。

アイコンはなぜか少なくなりました。ジャンプリストやタスクバーの高機能化によって、アプリケーションの起動アイコンはデスクトップから完全に消えました。タスクバーのアイテムを Windows + Tで動かす方法はなかなか快適です。その分アイコンは巨大に表示しています。

ということで、デスクトップがストレージというよりも情報パネル化しつつあり、そうなると液晶は高解像度でかつワイドがほしいという結論になります。そのもっとも最たるものはVAIO Type Pですね。

capture


Skip to main content