FD → CD → USB


image 昔はOSのインストールと言えばFDブートでした。98のブートCDは常に会社や自宅に置いていました。

そして気がつけば、FDはドライブも確保できずCDブートがメジャーになりました。ただ、ブート可能なCDを作るのはちょっと面倒だったりします。できなかったりすることも。小型のPCではCDドライブがないものもあり、USB CD ブートができるか動画がきわどいケースもあります。

そしていまやUSBブートがメジャーになってきました。USBメモリやUSB接続のHDDなどからブートができるようになってきました。ブート可能なドライブにするには特に特別なツールなどはいらず、XPやVistaで設定してブート可能にすることができます。もちろんPC側の対応が必要です。

先日は Windows7 のインストールを USBメモリからやってみました。セットアップが終わりさえすれば、USBメモリをさしてPCを起動するとインストールが始まるため大変便利。4GB程度のUSBメモリはもう1000円以下で購入できるので、OSごとにインストール用のUSBメモリを用意しておきたいですね。

USBブート環境の作り方はまた今度♪