【WPF】名前なしスタイル


WPFでスタイルとテンプレートがあります。

どちらもコントロールのデザインを変更するための大事な機能です。基本的な機能としては、

スタイルはプロパティをまとめて管理することが出来る機能、テンプレートはコントロールなどの概観を変更すことが出来る機能です。

image ただ、スタイルがさす「プロパティ」というのがキモで、ほとんどのWPFコントロールはテンプレート設定も、アニメーションも含めてかなりの機能がプロパティで設定できる用になっています。つまり、スタイルはコントロールカスタマイズを一手にまとめることが出来ます。

更にスタイルの固有の点は適応範囲を自由に選べることかもしれません。スタイルは上位で設定することでその下位のオブジェクトにも影響を与えます。そのためグループ化をして設定することも出来ます。更にスタイルに名前をつけて個々のコントロールからスタイルを選んで設定することも可能です。

名前なしスタイルは個別の設定をしなくても、配下のコントロールに適応できる、かなりの荒業ですが、この昨日のおかげで統一されたデザインやシンプルなソースコードが実現できています。

Skip to main content