F1100 での開発上の注意


Windows Mobile Standard のデバイスとしてリリースされてたF1100ですが、セキュリティ上の理由から気をつけなければなりません。

MSDN の Windows Mobile 開発フォーラムで上がった話題ですが、Windwos Mobile 6 のセキュリティ設定の都合上、Visual Studio でアプリケーション開発をして、デバイス使って直接実行&デバッグという形態を使うことができません。 デバッグやリモートツールが使えない状況にあります。また、開発用の証明署のインストールもできない状況です。

富士通のサポートデスクの回答は以下のとおり。

-----

F1100では、VS2005の配置機能を利用して、ActiveSync経由でアプリケーションを配置することはできません。

以下のいずれかの手順でアプリケーションを配置する事になります。

1.作成したアプリケーションをActiveSync内のエクスプローラを
利用してF1100にコピーする。

2.作成したアプリケーションをmicroSDを利用してF1100にコピーする。

-----

ということで、実際に実行ファイルをコピーしてのテストとなります。ぎりぎりまでエミュレータで行って最終的にデバイスで確認する方法を使わざるを得ませんね。

Comments (0)

Skip to main content