Visual Studio 2008 でのモバイル開発(残念)


Visual Studio 2008 Professional Edition アップグレードVisual Studio 2008 でのモバイル開発(スマートデバイスアプリケーション)ですが、対応しているのはProfessional 以上になっています。

Visual Studio 2005 では Standard でも開発ができましたが、2008 では、Professional 以上が必要となります。これは WCF 対応など開発のためにはProfessional 以上の環境が必要だろうという解釈からのようです(半分想像です)

ちなみに、Standard の環境には、もちろんスマートデバイス開発のテンプレートはありませんし、SDKを入れようとすると、「Visual Studio 2005 もしくはそれ以降の開発環境を入れてください」と、歯牙にもかけられませんでした。

まぁ、企業での開発についはProfessional でもほとんどの方は問題ないかと思います。一方ホビープログラマーについては、しばらく Visual Studio 2005 でいくか、余裕があれば、Professional (アップグレードで6万円台)をご購入いただくのがいいかと思います。最悪は評価版という手もありますね。

実際に、2008 & Compact Framework 3.5 の環境で開発した場合、デバイス側に Compact Framework 3.5 をインストールする必要があります。せっかく Windows Mobile 6 になって、Compact Framework 2.0 をインストールする必要がなくなったのに。そして3.5の新機能でホビープログラマーにとってうれしいのは、Sound関連のAPIくらいなものでしょう。

2008 の開発環境は確実に進歩しており、2005に戻りたくなくなりますが、自分にとって何が必要かを考えてうまく選択できるといいですね。

Comments (4)

  1. やはりProfessional 以上が必要らしい。残念。 せっかく盛り上がってき…

  2. shino-blog より:

    Visual Studio 2008 では Professional 以上

  3. Visual Studio 2008 でのモバイル開発(残念) で紹介したとおり、Visual Studio 2008 ではProfessional 以上でしかモバイル開発ができません。standard

  4. Rey. より:

    忙しさにかまけて、最近全然開発らしい活動ができていないのですが、 それでも何かのデバイスを買う際に、開発環境のことを 気にしてしまうのは一つのビョーキでしょうか。 iPhone 向けソフトを開発するのに Intel Mac が必要と知って やや意気消沈しているのですが、ふと思い立って 他のデバイスでは幾らくらい掛かるのかを調べてみました。 既に持っている環境によって大幅に変動しますが、 とりあえず自由にできる Windows XP マシンがあるという前提で。 (1) iPhone 3G Intel

Skip to main content