Remix に 700w が MTeoRが

Microsoft 主催の次世代Web体験のイベント Remix 06 が本日2/26 に開催されます。 こちらで、Windows Mobile の展示を行っていますが、W-ZERO3 はもちろん HTC Universal, HTC MTeoR, HTC StarTreck, MotoQ などの展示も行っています。ってじつはデバイス選定が私だったので好きに選ばせてもらっちゃいました。    触ることもできますので、一度実物を触ってみたい方は行ってみるのも面白いかもしれませんね。場所は東京国際フォーラムでB棟の5階で展示を行っています。展示ブースは無料です。 とうじつはブースあたりをうろうろしているかもしれません。なにかあればお声掛けしてくださいね。

0

日記アプリケーションの入力画面に機能を追加する

Willcom FAN でソフトウェアコンテストの連動記事を書いています。 先日は、第10回 日記アプリケーションを作る ―その6 入力機能の実装 ( Trackback )が公開されました。さて、エントリー部門としてはこれをベースに(しなくてもいいですが)オリジナルな部分をぜひ追加して参加してほしいところです。 では、どういった機能をどのようにつけたらいいのでしょう? たとえば、この日記に天気の記録をつけるような機能はどうでしょうか?天気といっても毎回入力するのはちょっと煩雑です。そこでなじみにドロップダウンから選べるように機能を追加してみましょう。 コントロールの追加と設定 まずは入力欄をちょっと小さくして ComboBox コントロールを追加します。 まずは、プロパティから(name) を cmbWether と変更します。さて肝心のデータもここで入力しちゃいましょう。Itemsプロパティの(コレクション)横のボタンをクリックして以下の内容を入力します。 晴れ晴れのち曇り曇り曇りのち晴れ曇りのち雨雨雨のち雪雪台風覚えていない もちろん、晴れ、曇り、雨、雪だけでもいいですけどね。さて、入力が終わったらOKを押して元の画面に戻ります。 テスト実行  – ここで一度F5を押して実行して見ましょう。編集をクリックすると確かにComboBoxが追加されています。きちんと中身も入っています。しかし起動時に空欄というのはちょっと嫌ですね。 では Shift + F5 を追加し、実際にコードを追記してみます。 起動時の処理の追加   まずは、コントロールとコントロールの間の隙間をダブルクリックしてeditForm_Load イベントを表示します。ここに以下のコードを追記します。     Private Sub editForm_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) _ Handles MyBase.Load            Me.cmbWether.SelectedIndex = 0    End Sub 起動したら、comboBox の1つめのアイテム(=晴れ)を選択・表示しろってことですよね。 ファイルの読み書き処理の追加  あとは読み書きの部分の訂正です。 まずはファイルの書き込みから。…

0

REMIX Tokyo 10/26 開催!

Microsoft 主催の次世代Web体験のイベント Remix 06 が2/26 に開催されます。 有償のカンファレンスでは、マイクロソフトが考える次世代Webソリューションについて、そしてヤフー、楽天、ビッグローブ、アマゾンと在のWebの中心を構成するリーダーによるセッションが用意されています。(こちらのカンファレンスのほうは2/13までに登録いただくと参加費が半額の先行優待となっています。) また、参加無料のクリエイたーズスクエアでは各社の展示ブースとオープンステージも用意されています。 ご興味があればまずは登録してはいかがですか? 私も技術担当として当日は参加する予定です。もしかしたら展示ブースでお会いできるかもしれませんね♪  

0

Vista でISOイメージをマウントしたい

ISOイメージの仮想CDドライブへのマウントもだいぶ定着していて、MSDNサブスクリプションで落としてきたイメージも、メディアに焼かずに利用することができます。 これまで、便利に使ってきた仮想CDといえば、Daemon Tools でしょう。 ただ、Daemon Tools は 4.0になってからいろいろ問題があり、さらにWindows Vistaのセキュリティと、いわば相性が悪く、UACを常時OFFにして3.33という古いバージョンが使えるという状態。(最新版が対応している、とサイトでうたわれていたがうちではだめだった) で、最近使いだしたのが、SlySoft の Virtual CloneDrive。 Vista RC1 で試してみましたが、とてもいい感じです。 すんなりインストールされて、再起動もなくきっちり仮想ドライブが作られます 仮想ドライブには仮想ドライブアイコンが設定されるので一目瞭然(はずすこともできます) コンテキストメニューからマウント、アンマウントできるのでもちろん通常のドライブと同じように扱えます Vista で仮想ドライブを悩まれている方は一度試してみては?

1

書籍の修正ページ

Windows Mobile 5.0 アプリケーション開発 Beginner Book での修正追加です。  ■p.169 drawbitmap 関数は追加入力しなくてはいけないのでは? 10/12 追記 【誤記】drawbitmap関数がすべてグレーアウトしていますが、本当はすべて変更対象行(白文字)でですね。        Private Sub drawbitmap()         Dim g As Graphics = CreateGraphics()         g.DrawImage(bmp, 0, 0)         g.Dispose()     End Sub さて、今後も出てきそうなので修正ページを作りました。(情けない) Windows Mobile 5.0 アプリケーション開発 Beginner’s Book 修正 もしお気づきの点がございましたら、お気軽にご連絡ください。 …それにしてもやっぱりC#のコードも必要ですかね?

0

Windows Mobile 5.0 アプリケーション開発 Beginner’s Book 修正

出版社にも本の中での誤記等について問い合わせが来ているようです。(申し訳ない!) ■P.147に「Pingファイルを簡単に…」との記述がありますが、PNGファイルの誤りですよね。   【誤記】間違いですね。PNGです。  ■p.169 drawbitmap 関数は追加入力しなくてはいけないのでは? 10/12 追記 【誤記】drawbitmap関数がすべてグレーアウトしていますが、本当はすべて変更対象行(白文字)でですね。        Private Sub drawbitmap()         Dim g As Graphics = CreateGraphics()         g.DrawImage(bmp, 0, 0)         g.Dispose()     End Sub  ■P.168の Form1_MouseMove プロシージャ内の   Dim pen As New Pen(Color.Blue, 6) の記述が、P.171では、   Dim pen As New Pen(col, r) になっていますが、その説明がありません。   【誤記】P171 の Dim pen As…

1

WPF の使い方

Vista / .NET Framework 3.0 の新しいテクノロジでやっぱり注目されているのが WPF (Windows Presentation Foundation) です。 Windows Form のテクノロジに、DirectX の表現力が備わり、さらにそれらを実装するためのXAMLが追加されており、非常に高い表現力をもったプレゼンテーションテクノロジです。私も仕事がらあちこちでいろいろデモをご紹介していますが、(今日も行ってきました。楽しいディスカッションができて満足)WPFの使い方で迷われるケースも結構あります。  基本的にはプレゼンテーションのテクノロジなので、どう表現するかという部分につきます。となると クリエイターのための作りやすい環境を提供 大量のデータを表示するために利用 といった使い方に絞れてきます。前者の使い方は様々なレイアウトや半透明の機能を使って、ウィンドウエリアを自由に調整する方法、後者はオブジェクトを3Dで表現したり、アニメーションさせたり、はたまたデータテンプレートを使って限られたコントロールの情報表現力を強化するることで大量の情報を一度に表現するアプローチです。 なので、これからは画面設計は重要になりますし、また絵コンテなんてのも開発の現場で必要になってくるかもしれません。(Webの世界では使われれていることもありますが) OSとしてのVistaも面白いですが、これから各社からリリースされてくる WPFアプリケーションにもぜひ目を向けてみてください。OSだけでなく何かが変わってきたな、ということが体験できることでしょう。

0

WM5 開発本 おかしいところのご指摘修正

出版社にも本の中での誤記等について問い合わせが来ているようです。(申し訳ない!) ■P.147に「Pingファイルを簡単に…」との記述がありますが、PNGファイルの誤りですよね。   【誤記】間違いですね。PNGです。   ■P.168の Form1_MouseMove プロシージャ内の   Dim pen As New Pen(Color.Blue, 6) の記述が、P.171では、   Dim pen As New Pen(col, r) になっていますが、その説明がありません。   【誤記】P171 の Dim pen As New Pen(col, r) の行がグレーアウトしていますが、本当は変更対象行(白文字)でですね。   Dim pen As New Pen(Color.Blue, 6)  Dim pen As New Pen(col, r)   ■P.175~176の複数コントロールのイベントを1つの関数に集約する方法についての説明が、分かり辛いです。  実際には他5色の場合は、プロパティウィンドウのイベントで、MenuColor_Click を選択しました。   【誤記】P175のソースコードは1行目がグレーアウトしていますが、本来は下記のようにMenuBlack.Click以降が変更行になります。 Private Sub MenuColor_Click(ByVal…

0