もうWindows だけのツールでも、開発だけのツールでもない!進化したVisual Studio


Visual Studio を知っている人も、昔使っていた人も、全然使ったことがない人もこんにちは。今回は 「今の」Visual Studio がどんなツールなのかちょっと紹介してみたいと思います。

「え?Visual Studio ってWindows のアプリを作る開発ツールでしょ?」

確かにそうです。が、もう今のVisual Studio はそれだけでは済まなくなってしまっているんです。

 

様々な言語、アプリに対応した統合開発環境

まずは本丸である(特にWindows関連の)開発環境のとしての Visual Studio のお話です。ご存知のように Visual Studio では開発者の好みで数多くの言語の中から開発言語を選んで開発することができます。Visual Basic, C#, C++, Java Script や TypeScript, Python や F#なんてマニアックなものもあります。

image

勿論作れるアプリも様々。Windows のデスクトップアプリからストアアプリ、そしてWebアプリから、Webのサービス、Cloud サービスやシステム用のワークフロー、ハイエンドなグラフィックを使ってゲーム開発や、テスト用のアプリも開発することだってできちゃいます。

 

強力な開発環境

VIsual Studio の魅力といえば強力な開発環境でしょう。ただ単にコードを書いてデバッグするだけじゃない、コードを描きながらケアレスミスを事前にしてき、リファクタリングを使ってコードを最適化、コードの全体を構造解析し、それを俯瞰しながら依存関係を確認しながら無駄のないシーケンスを作る、こういった作業がコーディングとデバッグをしながら簡単にそして自然に行うことが出来る環境です。

image

こうやって作られたコードは、最適化され、また可読性がたかくメンテナンスもしやすくなり、勿論バグや不具合の発生率を大きく引き下げることができます。

 

開発者だけではない設計、テストから運用にいたるまでのサイクルもサポート

コードを描きながら構造解析ができるVIsual Studio ですから、その力は開発だけにとどまりません。クラス設計から、単体テスト、結合テスト、UIテストにいたるまでツールとして補完します。さらには、開発プロジェクト全体の管理、ソースコード管理だけでなく、バグや進捗の管理とその対応状況の確認に至るまで、開発から運用に至るまでのプロセスをサーバーと連携しながらサポートします。

image

 

 

Visual Studio でiPhoneやAndroid のアプリを作れちゃう?

そして、最新バージョンである Visual Studio 2015(現在は RC版)では、Windows 用のアプリケーションにとどまらず、iPhone や Android のアプリケーションもいくつかの方法で実現しています。

image

実際の開発には実デバイスを使ってデバッグをするほか、Visual Studio 2015にはAndroid のエミュレーターも搭載されているので、デバイスなしでもアプリケーション開発を行うことも可能です。もちろん最後はデバイスを使ってちゃんとテストはしてくださいね。

image

このあたりは、また別途詳しくご紹介しちゃいます。

 

Mac OS や Linux 上でも動く、コードエディタ Visual Studio Codeが登場!

もちろん、Visual Studio 2015は Windows 上で動作する開発環境で、残念ながらMacやLinux では利用することができません。そこで満を持して登場したのが コードエディタ Visual Studio Codeです。Windows だけでなく、Mac OSやLinux上でも動きます。

image

Visual Studio のサブセット的なこの Visual Studio Code はもちろん Visual Studio 2015と同じ開発環境というわけではありませんが、Webアプリやクラウド開発のためのコードエディタとして活用することができます。もちろんVisual Studio の名前を冠している以上はその強力な開発支援機能は顕在。快適に開発を進めることができることは保証します!

Mac OS 環境でまだ試していない方はぜひ試してみてください。

 

すべての機能を解説したら多分百科事典ができると思う

Visual Studio の機能をすべて解説したら、多分百科事典が出来上がると思います。ここで紹介したのはホントさわりにすぎません。これから何回かに分けで、より魅力的なVisual Studio の開発環境の機能をご紹介します。

Comments (0)

Skip to main content