test

0

まさか Visual Studio で Android や iPhone のアプリを作れるなんて!

Visual Studio を知っている人も、昔使っていた人も、全然使ったことがない人もこんにちは。日本マイクロソフトの高橋 忍です。 ひねりもなく、前回と同じパターンのタイトルで始めてみました。 眉唾でしょ?いやいや本当にそうではないんです。Visual Studio 2015 なら Android のアプリや iPhone のアプリを本当に作ることが出来るんです。Web でしょ? いやいや ちゃんとネイティブアプリなんですよ。 では、ちゃんとお見せしましょう。 Visual Studio 2015 で開発できるもの Visual Studio といえばもちろん、Windows 用のアプリケーションやWebアプリを作るための開発環境です。これは皆さんも納得ですよね。とくにネイティブアプリで言えば、デスクトップ用のアプリや、Windows 8 のストア用のアプリケーションを作ることができます。 しかし Visual Studio 2015 では、開発できるアプリケーションが大きく進化しました。得に進化したのが Windows 以外のアプリケーションの開発で、iOSやAndroid 用のアプリを作る、いわゆるクロスプラットフォーム開発ができる環境となりました。 これが Visual Stuido で開発できるアプリの種類(の一部)です。とくに新しく増えたものが3つあります。この図の右側から HTML /JS の言語で Cordova を使った iOS/Android/Window 用のアプリケーション C# の言語で Xamarin を使った iOS/Android/Windows 用のアプリケーション C++ を使った Android…

0

まさか iOS / Android アプリを Windows10 アプリに変換できるなんて!

Visual Studio を知っている人も、昔使っていた人も、全然使ったことがない人もこんにちは。日本マイクロソフトの高橋 忍です。 若干衝撃的なタイトルで始めてみました。 まさか、うそでしょ?そんな風に思いますよね? いや、これ本当なんです。(まだ開発中ではありますが)これだけではなく、Windows 10では、様々なアプリをWindwos10のアプリに変換できる「プラットフォーム ブリッジ」という仕組みを用意しています。 4つのブリッジ 今回、Windows 10に向けてマイクロソフトは4つのアプリの架け橋「ブリッジ」を用意しました。その4つとは Web アプリ Win32/.NET アプリ Android アプリ iOS アプリ Android アプリも驚きですが、Webアプリを Windows 10 のアプリに、というのも驚きです。   Webアプリを Windows 10 アプリに:Project WestMinister Web アプリを作られている人だと、いわゆるネイティブアプリは敷居が高いところです。やはり開発言語などの問題が大きいですからね。もちろんWebViewなどを使ってネイティブアプリ化するケースも多く見られます。ネイティブアプリ化してストアに挙げれば、露出も多くなりますし、例えば課金も出るなども利用できるようになります。 こういった仕組みをより簡単にできるようにするのが、Project WestMinisterです。 Webアプリ のURLから、そのまま Windows 10 のアプリパッケージを作ってくれるようなイメージです。   今までのWindows アプリを Windows 10 アプリに : Project Centennial 今まで使ってきた、Windows アプリは Windows 8 から登場したストアに登録するタイプのアプリケーションとは全く異なったバイナリー形式をしています。ですから、Windows にストアが登場しても今までのアプリを登録することはできないのです(一部登録だけはできます購入サイトへのリンクのみ)…

0

もうWindows だけのツールでも、開発だけのツールでもない!進化したVisual Studio

Visual Studio を知っている人も、昔使っていた人も、全然使ったことがない人もこんにちは。今回は 「今の」Visual Studio がどんなツールなのかちょっと紹介してみたいと思います。 「え?Visual Studio ってWindows のアプリを作る開発ツールでしょ?」 確かにそうです。が、もう今のVisual Studio はそれだけでは済まなくなってしまっているんです。   様々な言語、アプリに対応した統合開発環境 まずは本丸である(特にWindows関連の)開発環境のとしての Visual Studio のお話です。ご存知のように Visual Studio では開発者の好みで数多くの言語の中から開発言語を選んで開発することができます。Visual Basic, C#, C++, Java Script や TypeScript, Python や F#なんてマニアックなものもあります。 勿論作れるアプリも様々。Windows のデスクトップアプリからストアアプリ、そしてWebアプリから、Webのサービス、Cloud サービスやシステム用のワークフロー、ハイエンドなグラフィックを使ってゲーム開発や、テスト用のアプリも開発することだってできちゃいます。   強力な開発環境 VIsual Studio の魅力といえば強力な開発環境でしょう。ただ単にコードを書いてデバッグするだけじゃない、コードを描きながらケアレスミスを事前にしてき、リファクタリングを使ってコードを最適化、コードの全体を構造解析し、それを俯瞰しながら依存関係を確認しながら無駄のないシーケンスを作る、こういった作業がコーディングとデバッグをしながら簡単にそして自然に行うことが出来る環境です。 こうやって作られたコードは、最適化され、また可読性がたかくメンテナンスもしやすくなり、勿論バグや不具合の発生率を大きく引き下げることができます。   開発者だけではない設計、テストから運用にいたるまでのサイクルもサポート コードを描きながら構造解析ができるVIsual Studio ですから、その力は開発だけにとどまりません。クラス設計から、単体テスト、結合テスト、UIテストにいたるまでツールとして補完します。さらには、開発プロジェクト全体の管理、ソースコード管理だけでなく、バグや進捗の管理とその対応状況の確認に至るまで、開発から運用に至るまでのプロセスをサーバーと連携しながらサポートします。     Visual Studio でiPhoneやAndroid のアプリを作れちゃう? そして、最新バージョンである Visual Studio…

0